toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-08-29

供花についての知識やマナー

合掌のマナー供花はお悔やみの気持ちを込めた弔意として祭壇などに添える花の事を指し「きょうか」「くげ」と読みます。訃報を受けた際に故人との間柄によっては供花を贈ります。
しかしながら近年では贈り方や習慣が変化してきていますので、この記事では供花を送る際の注意点などを詳しくご紹介致します。

供花の意味や注意点

合掌について供花とは、故人へのご冥福を祈る弔意を込めて生花を供える事で霊を慰めるという意味を持っています。その昔に釈尊が亡くなられた時に天から宝花を降らせ釈尊の供養をしたという説を元に、親族を始め故人と親交のあった人が送る最後の送り物とされています。特別な決まりは無い為、気持ち次第で誰でも送る事が可能です。寄せられた供花は祭壇の周りや斎場の入り口を飾り、故人とのお別れの儀式を荘厳な雰囲気で執り行うのには欠かせないものです。以前は対(二基)で贈るのが慣習でしたが、最近では一基のみ贈ることも増えているようです。送り方には地域や宗教によってもマナーがあるだけでなく、故人の意思を尊重して供花を辞退するという場合もありますので行き違いがないように、事前の確認は必須となり遺族への気遣いが大切です。
故人の訃報が届いたら可能な限り早く手配を行うことが大切となります。しかしながら早すぎる依頼はかえって失礼にあたるので程よいタイミングを図る必要がありますが、遅すぎる事も失礼にあたりますのでお通夜が始まる前には設置完了が出来る様に手配しましょう。供花で使用される花は生花が多く季節によっては取り扱う花の種類には違いがあるので相場価格も変動するという事は頭に入れておきましょう。

供花の贈り方や手配の仕方

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作供花には遺族や親族による物と、故人の友人や知人や関係者などによる物とで種類があります。遺族や親族による供花は故人が寂しい想いをしない様に祭壇の周りを飾る為の物となります。親族には喪主・喪家側から事前に供花を出して欲しいという旨の相談がある事が多いでしょう。喪家側の方で葬儀社に取り纏め依頼をし、お葬式後に精算する方式が一般的です。故人の友人・知人等による供花にはお通夜・お葬式に会葬する人が出す場合と、お通夜・お葬式ともに会葬できないので供花を出す場合の二通りがあります。いずれの場合も贈り方は、訃報の知らせを聞いたら葬儀会場に連絡をし葬儀社を確認します。葬儀社に連絡をとったら供花を贈る事を依頼します。
この際に、喪家側はお葬式の準備などで多忙を極めていますので問い合わせるのは控えましょう。葬儀会場に連絡をした際に葬儀社ではなく生花店を教えられた場合にはその生花店から供花を贈る事が可能です。葬儀場によっては指定生花店からの生花しか受け付けないところがあるので葬儀社を通すか葬儀場推薦の生花店で依頼するようにしましょう。葬儀場や生花店に供花を依頼すると、贈り主の名前を聞かれますので供花に添える木札も用意してくれます。会社など法人として送る場合には、法人名と代表者名などを木札に明記するのが一般的となります。

供花を贈るタイミングや相場について

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作供花を贈るタイミングは、お通夜の場合はその日の午前中までに、お葬式の場合は前日までに供花が供えられている必要があり生花の準備と届ける時間が必要ですから、早めに(前日までに)注文するのが良いでしょう。供花の相場は、1基辺り約15,000円~約20,000円と言われていますが5,000円程度からもある場合もありますし、高い物で50,000円を超える物もあるといった様に多種多様になります。故人との関係性を考えたおおよその目安は次の表を参考にして下さい。

  • 遺族や親族 1基 約20,000円~程度
  • 故人と縁ある会社 1基 約15,000~30,000円程度
  • 故人の友人や知人 1基 約5,000円~20,000円程度

なお、供花を贈った場合にはお香典は包まないといった考え方が一部にはあるようですが、お香典と供花は意味合いが異なりますので供花を贈ったからといってお香典を包まないというのはお勧め出来ません。お葬式に会葬できない場合に限りお香典の代わりとして供花を贈ることは認められている事もありますが、お通夜やお葬式に会葬する場合は特に供花を贈ったとしてもお香典を包んだ方が良いでしょう。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事