toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-09-28

後飾りの知識

合掌のマナー後飾りとは、火葬を終えて家へ戻ったご遺骨を一時的に安置する為の祭壇の事を指します。後飾りを作る目的は安置だけではなく、故人の冥福を祈る場所であると同時に、葬儀に参列できなかった方々が弔問してくださる際に故人へお参りする為の大切な場でもあります。
今回の記事では、後飾りについて詳しくご紹介致します。

後飾りの知識と置き場所

合掌について後飾りとは、先に述べた様に、葬儀が終了してご遺骨を自宅に一時的に安置する為の祭壇のことで、目的は安置だけではなく故人の冥福を祈る場所を作るという目的もあります。また、葬儀に参列できなかった方々が弔問してくださる際にお参りする場でもあります。
安置する期間は宗教によっても異なり具体的には、仏式では四十九日まで、神式では五十日祭まで、キリスト教では追悼ミサや昇天記念日までです。後飾りを置く場所は家に仏壇がある場合では仏壇の前に後飾りを作り、仏壇がない場合には部屋の北側または西側に飾ります。
後飾りとそこへ飾る道具などをどのように手配したら良いのか分からない方もいらっしゃると思いますが、後飾りは葬儀社が用意してくれる事が多いです。しかし、お葬式プランに含まれているかオプションとして追加するかは葬儀社によって異なりますので確認が必要な点になります。
アクセル社では後飾りもプランに含まれていますのでご安心くださいね。

各宗派の後飾り

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作仏式の後飾りは通常2~3段あり、白木で作られている物が多くあります。また、白木で作られていない場合は檀に白布をかけます。遺影・位牌・遺骨・一輪挿し・香炉・鐘・蝋燭台・線香立て、お供え物などが一緒に飾られ、並べ方は特に定められていませんが、基本的には遺影・位牌・遺骨は上段、それ以外は下段に飾ります。この他に蓮華や屏風、あかりなどを一緒に飾る場合もあります。
神式では主に白木で作られた八足の祭壇が使用されます。ご遺骨がお葬式から家へ戻る際に無事に葬儀を終えたことを神へ報告する帰家祭が行われますので、後飾りで八足を使用する場合には帰家祭を行う為の仮霊舎の檀を設ける必要があります。神式で飾る物は、遺影・霊璽・洗米・水やお神酒・塩・榊・灯明などです。神式の後飾りには仏式と同じものが使用される事もありますが飾る物は異なる事を予め把握しておくと良いでしょう。
キリスト教式の後飾りには特に決まりは無いですが、小さなテーブルに白布を被せた形式が多く見受けられます。後飾りの上には、遺影・十字架・花・燭台・お供え物・聖書などが飾られます。

後飾りのその後

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作後飾りは、納骨が済んだら役目を終えますので処分する際には、一輪挿し・香炉・蝋燭台・線香立て等は割ってから各自治体の方法に従って処分しましょう。鐘は処分しても仏壇にある物と取り換えても問題はありません。後飾りや飾り物は、仮の物であるので捨てる前にお清め等の儀式は不要です。けれど、処分すると言っても祭壇として故人を奉っていた物なので捨てるのは気が引ける方もいらしゃるかと思います。その場合は後飾りの回収をお願いすれば引き受けてくれる葬儀社もありますので事前に処分の方法を確認するか、連絡してみると良いでしょう。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事