合掌のマナー葬儀に参列する場合には様々なマナーがあります。身だしなみにも気を遣うのも最低限のマナーですが、普段何気なく身に付けている腕時計も例外ではないことはご存知でしょうか。時計は冠婚葬祭、特に葬儀では外すべきだと聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、葬儀に参列する場合の腕時計のマナーについて詳しくご紹介致します。

葬儀で時計をつけても良いのか?

合掌について弔事には故人と関わりの深い方が数多く参列する場であることが多いです。面識がない方も参列していますし、他の参列者の方に不快な思いをさせないように身に付けるものな対する正しいマナーを知っておく必要があります。時計をつけることはマナー違反にあたるのかと気にする方もいらしゃるかと思いますが、結論からいうと「時計を付けてはいけない」という決まりはありませんから、時計は付けていても問題はありません。
ただし、参列する方の中には時計はアクセサリーという分類で判断している方もいらしゃるかもしれません。また、時計と一括りにいっても素材やデザインの仕様が多い腕時計から、近年ではスマートウォッチなどの普及も背景にあり様々です。少し前に葬儀にスマートウォッチを身に付けたことが物議を醸し話題になりましたが、デザインやサイズによっては葬儀に相応しくないためマナー違反になりますし、使い方によってはどのような時計でもマナー違反となります。どのような時計であればマナー違反にならないのかという点も踏まえながら、使い方のマナーについてもこの機会にお伝えしていきます。

時計の選び方

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作葬儀は大切な人を失った悲しみにくれている方が沢山いらっしゃる場所ですから、時計の選び方は慎重になることが大切です。手首につけた腕時計が人の視界に入るのは主に受付で記帳する際や焼香・献花の際などですのでそれほど目立たないのではと油断してしまいがちですが、葬儀に相応しくないデザインの時計を身に付けるのは失礼にあたることがあります。どのような時計であれば葬儀で付けても良いのか、選び方を見てマナーを身につけておきましょう。
まず第一条件としてはシンプルなデザインを選ぶことが大切になります。派手でカジュアルな時計…見るからに光沢感がある物や装飾でキラキラしている物、必要以上にゴツゴツしていたりする物を選ぶのは避けましょう。総合して目立つようなデザインはおしゃれ度が高くなる傾向にある為、不快感を覚える方も中にはいらっしゃいますから、そういったものは避けた方が無難でしょう。
デザインだけでなく時計のサイズに注意する必要もあります。全体的に太さがあるデジタルウォッチやスポーツ用の腕時計・クロノグラフ(ストップウオッチ機能を備えた時計)など文字盤が大きく整然として見えないデザインのものを選ぶと派手な印象やカジュアルな印象を相手に持たせてしまう可能性があります。文字盤が大きいデザインや全体的に太さがあるようなものは避け、スタンダードなサイズのものを選びましょう。
次に時計の色や素材についてのマナーですが、素材がゴールドの時計は葬儀の場に相応しくありません。煌びやかなイメージを与えるゴールドは光沢感も伴う場合が多く、葬儀の雰囲気を崩してしまうでしょう。シルバーの時計であれば身に付けて問題はありません。ほとんどの時計にシルバーが使用されていますし、落ち着いた色味であればつけても問題ないでしょう。また、ベルトは金属製か革製のシルバー・黒・落ち着いた茶のものを選ぶようにしましょう。金属製のシルバーのベルトであっても輝きが目立つステンレススチール製のベルトは避けたほうが良い素材です。革製のベルトについては、本来であれば黒が好ましいとされていますが、渋めで落ち着いた茶のベルトも選んでも良いとされています。しかし明るい茶や殺生をイメージさせるアニマル柄や型押しのものは避けましょう。文字盤の色は白か黒の物をつけていきましょう。男性は黒色のスーツに白のシャツという服装で通夜に参列するのがマナーですから、男性は白の文字盤の時計を選ぶのがおすすめです。女性も喪服を着ていることを考えると黒の文字盤の時計を選ぶのがおすすめです。
時計の色や派手さなどを総合的に見て厳粛な場に相応しいものであれば、葬儀に参列する際に付けて行って問題はないでしょう。ですが人にとっては不快に感じられることもありますから、葬儀が始まる前に時計を外すか、付けても良いか確認をとると安心ですね。また、うっかり外し忘れてしまったり進行の為に時間の確認が必要な方は、時計が見えないように袖の内側に付けるのもひとつの方法でしょう。
ここからは、懐中時計・スマートウォッチについてをお伝えしていきます。
まずは懐中時計についてですが、一般的に懐中時計も腕時計と同様の扱いとなり派手なものでなければ問題がないとされています。また、懐中時計は腕時計と違いポケットなどにしまえば傍からは見えなくなってしまう物ですから、どうしても時間を確認したいといった場合に場所や状況を選んで懐中時計を出して見ることができますから、人の目に触れず付ける事が可能です。しかし近年では懐中時計は腕時計との差別化を図るために装飾性が高いものが多くなってきている傾向にありますから、人の目には触れない様につける事が出来るといえど配慮が必要です。懐中時計の場合でも派手なものではなく装飾が過度に付いていないようなシックなものを選ぶことをおすすめ致します。
スマートウォッチについては、後程「時計の使い方や注意点」でも詳しくお伝え致しますが、通知をオフにして音が出ないようにしておけば問題がないとされています。しかし、注意が必要なのはスマートウォッチは見た目がカジュアルに見えてしまいますのでマナーに厳しい方や遺族の方の中には、スマートウォッチをおしゃれをする為のものと捉える方もいらっしゃるかもしれませんので、他の時計と同様に葬儀中は外すか、付けてこないほうが無難かもしれませんね。

時計の使い方や注意点

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作葬儀に参列する際に、黒ネクタイや喪服といったようなものとは違い、時計はマストアイテムという訳ではありません。必ずしもつけてはいけないという訳でなければ、必ずしもつけなければならないという物ではないのです。ですから、葬儀に参列する際にふさわしい時計を持っていない場合・必要性がない場合は付けないという選択肢もあります。ここからは、葬儀に参列する際に注意したい時計の使い方や注意点にはどのようなものがあるかお伝えしていきます。
先に葬儀に参列する際にふさわしい時計を持っていない場合・必要性がない場合は付けないという選択肢もあるとお伝え致しましたが、時計代わりに携帯電話を使う方が近年は増えてきました。スマートフォンを含めた携帯電話の電源は、葬儀に参列している間は切る・もしくはマナーモードにするのがマナーです。携帯電話で時間を簡単に確認できますが、葬儀で使用すると周りの方まで気が散ってしまいますし不快に感じます。葬儀の場では携帯電話を時計代わりとして使用するのみならず、基本的には取り出さないようにするのがマナーだと頭に入れておきましょう。時間が気になる場合もあるかと思いますが、葬儀は故人に哀悼の気持ちを表す場ですから、自然と時間が過ぎるのを待つのがマナーです。
先にもクロノグラフは着用しないという事をお伝え致しましたが、見た目の特徴のみならず機能性が高い腕時計はアラーム機能がついているタイプや文字盤が光る腕時計についても、誤作動や消し忘れで音が出てしまったり光ってしまったりして周囲に不快感を与えるリスクがありますので、出来るだけ避けた方が良いでしょう。
同様の理由で、スマートウォッチも避けた方が無難です。スマートウォッチは携帯電話と連動させて様々な機能が使えます。携帯電話にきた通知を見る事が出来たり、メッセージアプリを開くことも可能です。大変便利な機能ですが、葬儀の場では時計代わりだとしても携帯電話を使う行為はマナー違反ですから、スマートウォッチでもメッセージアプリを開いたりする事はマナー違反です。ディスプレイを光らせたりすることも周囲に不快感を与えるリスクがありますから、通知が来た際にディスプレイが光るスマートウォッチは避けた方が無難ですね。
時計は社会人にとってマストアイテムですし、スマートウォッチや携帯電話も今の時代では当たり前に普及しているものですし、葬儀は定められた時間に始まりますから会場に到着するまでは時間を確認する為に必然的に必要なアイテムになるでしょう。その為だけに新たに時計を用意するのは難しいことですから、会場に着いたら時計を外したり、携帯電話の電源を切ってしまうなどして、マナーを守れると良いですね。

コメントは利用できません。