白木位牌葬儀を執り行った後にも、遺族の方には行わなければならないことが多く残されています。その中のひとつ、自宅に飾られている後飾り祭壇や白木位牌は葬儀後にどのように処分すればよいのかはご存じでしょうか?
今回の記事では、後飾りや白木位牌の処分方法について詳しくお伝え致します。

後飾りや白木位牌について

後飾りまず初めに、簡潔に後飾りや白木位牌についてお伝えいたします。後飾りとは骨上げをしたご遺骨を安置する祭壇のことを指し、葬儀後に自宅に弔問に来た方にお参りをして頂く為に必要なものです。別名「自宅飾り」「中陰壇」とも呼ばれています。後飾りには「花立て・ロウソク台・香炉・線香立て・おりん等の具足」が飾られているのが一般的です。祭壇には忌明けの四十九日まで毎日線香をたいて故人の冥福を祈ります。忌明けの四十九日法要を済ませると後飾りは必要がなくなります。ご遺骨の埋葬の日、もしくは四十九日法要後に処分をしましょう。自宅に仏壇をお持ちでない場合には、後飾りを撤去したタイミングで購入されることをお勧めします。近年ではスペースの少ない自宅でも場所を取らずに設置できるコンパクトな仏壇やお部屋の雰囲気を損ねないモダンなデザインの仏壇も販売されていますので、こういった機会に検討されてはいかかでしょうか。
白木位牌とは、後飾りと一緒に飾られる祭壇に安置する為の仮の位牌です。埋葬場所まで棺を運ぶ野辺送りの際に遺族が持って葬列した歴史があり、故人の魂が宿ったものとされ忌明け後の四十九日法要には魂の入れ替えを行い、本位牌を仏壇に安置します。

後飾りや白木位牌の処分方法

難しいここからは後飾りや白木位牌の処分方法についてお伝えいたします。まず後飾りの処分方法についてですが、後飾りはお住まいの自治体のルールに合わせご自身で処分をしましょう。ロウソク立てなど陶器製の仏具も処分しても問題はありません。気持ち的に処分が難しいと感じる場合には、葬儀を依頼した葬儀社に連絡して相談をすると引き取ってくれる場合があります。後飾りを貸し出しにしている葬儀社もありますのでその場合は処分ではなく返却の依頼をしましょう。
白木位牌の処分にはいくつか注意が必要です。まず、白木位牌は四十九日法要の時期に本位牌に置き替える必要があります。最も良い方法は、葬儀や四十九日法要のお勤めを頼んだご僧侶にお焚き上げの供養をお願いすることです。四十九日は忌明けの日で、四十九日法要の際に故人の魂が入っている白木位牌から本位牌に魂入れをしてもらいます。これを位牌開眼といい、魂を抜いた白木位牌はご僧侶に引き取っていただきお焚き上げをしてもらいます。その為、四十九日法要までに本位牌を準備しておく必要があります。本位牌は葬儀社、もしくは仏具屋に作成を依頼できます。本位牌を依頼してから手元に届くまでには時間がかかりますので、四十九日法要に間に合うように余裕を持って注文しておきましょう。

本位牌とは

本位牌本位牌は、故人の霊を祀るため仏壇に安置します。表には戒名・没年月日、裏には生前の名前・享年等を彫り込みます。儒教から由来しているもので、鎌倉時代に儒教の影響を受けた禅宗が、座禅やお茶とともに位牌の儀礼を伝えたとされます。先にお伝えした仮の位牌である白木位牌は故人ごとに作りますが、本位牌は夫婦で一つとして連名で作成することが可能です。先祖代々数名分を一つの位牌にまとめる場合もあります。また、繰出位牌と呼ばれる、ひとつの位牌の中に先祖の戒名を書いた板を入れる合同位牌もあります。本位牌については後日改めて、別記事にて詳しくお伝え致します。

コメントは利用できません。