プラン

以前、葬儀の豆知識内で「葬儀の事前相談について」で利点やその内容についてお伝えいたしました。葬儀の準備をしていないとどこになにを相談して良いのかわからず、流れに身を任せて葬儀を行ってしまう可能性もあります。満足できるお見送りをする為にも、今一度葬儀の事前相談について理解を深めましょう。
今回の記事では、葬儀事前相談についてご紹介致します。

葬儀事前相談について

相談

過去に喪主、または喪主に近い立場で葬儀を経験した方の中でも、故人がお亡くなりになる前から葬儀社を決めていたという方に葬儀社を選び始めた時期について調査した統計では、生前から葬儀社を決めていた方の3割以上が、お亡くなりになる1年以上も前から葬儀社を探していたという結果が出ています。次いで半年から1年未満という回答をした方も3割ほどという結果が出ており、実に合わせて6割以上の方が半年以上は前から葬儀社を決めていたということです。

大切な方が亡くなられた際に葬儀業者に依頼するごく一般的なタイミングは、臨終を迎えた際に直面する遺体の搬送のタイミングです。病院で亡くなられた場合には、医師による死亡診断やスタッフによるご遺体処理の後、病院内に設置されている霊安室に運ばれます。ですが、病院内の霊安室に安置できる時間は概ね3時間程度と限られています。ですから、この限られた短時間の間に、故人を病院から自宅または安置施設などに移す必要があります。この時の搬送は葬儀業者に依頼をするのが一般的です。病院には提携している葬儀社のスタッフが居ることが多く、ご臨終後に病院側から「葬儀社を紹介することも可能」という旨の説明を受けることが通例です。また、自宅で亡くなった場合もその後の葬儀の準備のため葬祭業者に連絡します。かかりつけ医などがある場合には医師によって死亡診断書を書いてもらいますが、死因を確定するために検死が必要となる場合もあります。検死が済んだ遺体の搬送は遺族に任されますがこの際も葬儀業者に依頼するのが一般的です。いずれの場合も、大切な方の逝去という辛い状況下で短時間のうちに安置場所を決めて速やかに搬送する必要がある為、何もわからないまま流れるように葬儀の準備に奔走したと語る方も少なくはありません。そんな時に、遺族の気持ちに寄り添って故人に礼を尽くし故人を送る仕度を調えるのが葬儀業者です。いざというときに慌てずより理想に近い最期のお見送りをする為にも、信頼できる葬儀業者をあらかじめ決めておくことで安心して葬儀の準備をすることができるでしょう。
ここからは事前準備・事前相談のメリットについて再度お伝えいたします。

金銭面のメリット
ご存知の通り葬儀にはある程度の費用がかかります。ですが実際に「どの様な葬儀でいくらかかる」という点までは知っている方はそう多くはありません。
大切な方を失ったショックの最中では、冷静な判断や審議ができないまま葬儀の形式を選んでしまうことも起こり得ます。後日、請求書を見て「こんなにかかるとは」「こうしていれば良かった」と後悔する方も実際にいらっしゃるようです。事前に葬儀の準備をしておけば、冷静な状態で各社の各プランを比較検討し、葬儀費用の相場感や「どの様な葬儀でいくらかかる」のかをある程度見極められるようになります。
葬儀や人の死にまつわるお金のことを把握しておけば、あらかじめ必要なお金を確保しておくことも可能です。反対に、予算に合わせて葬儀の内容を決めていくことも可能です。
お金に関する不安がなくなれば、精神的なゆとりも生まれます。ゆとりが生まれた分だけ、心を込めてしっかりと故人を見送ることができるでしょう。
希望にあった葬儀
葬儀に際して「なんとなく・おすすめしてくれたから」と流されるように葬儀の内容を選ぶ方がいらっしゃいます。しかし、それぞれの希望や思いを反映させた方がより高い満足感を得られる葬儀になるはずです。
流れに任せて葬儀の内容を決めてしまった場合、後悔が残る可能性が高くなります。現実的に誰かが亡くなった後は精神的にも動揺していることが通常ですし、故人も意見をいうことが出来ません。故人や遺族の思いを最大限に反映させた内容を考えるのは難しいことです。ですから、亡くなる前に葬儀の事前準備をしておけば、満足できるように葬儀の内容を決めることができます。遺族は故人の希望を叶えるために具体的な行動をとることもできます。
相談相手の確保
葬儀社のスタッフは勿論のこと、僧侶や神職などの宗教家、経験が豊富な親族、土地の世話役など、様々な方と話をする機会が出来るはずです。多くの方と話していく中で、信用できる方・安心して相談できる方の基準ができます。事前準備の段階であればより相性が合う方を探すことも可能ですからストレスの緩和につながります。
これは相手方にも同じことが言え、突然来た方に相談をされるよりも、関係性を築いた方と接する方がより親身になることができます。葬儀の事前準備は、葬儀に関わる人との人間関係を構築するという意味でも有用です。

事前相談の内容

費用

それでは事前相談では具体的にはどの様な内容を相談するのかという点ですが、事前相談ではどの様な事でも良いので自分が抱いている葬儀への疑問を尋ねることが大切です。そうは言われても具体的に何が分からないかというのも分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、事前相談で葬儀の流れやプランなどを説明されれば何らかの疑問は出てくるものです。葬儀のプロである葬儀社はこれまでも様々なケースに対応してきていますから、様々な疑問や希望に合わせた解答ができるはずです。また、葬儀の流れは分かっている場合であっても、具体的どのようなことを決めるのかは多くの方が知らないかと思います。よくわからないまま葬儀の準備を進めていても本当にこれで良いのか不安になってしまうかもしれませんが、葬儀の事前相談をするということは実際の葬儀の際にどんな準備が必要になるかを理解し、その時の不安を軽減するきっかけにもなるのです。また、事前に希望する葬儀形式を選ぶことも大切です。葬儀には一般葬の他に家族葬や一日葬など様々な形式があります。最期の儀式として「どのような葬儀にしたいか」という点もこの事前相談によって決めます。近年ではインターネットが普及している背景もあり、以前よりも葬儀の形式についても多くの記事があり自ら調べられるようになりましたが、実際に話を聞いた方が分かりやすかったりします。それぞれの葬儀形式の利点や欠点をきちんと理解できると対策をとることも可能です。その為、事前相談であらかじめ葬儀の形式について理解し決めることがとても重要なことなのです。また、葬儀形式によって費用も大きく異なる為その点も踏まえながら決めることができます。葬儀社では葬儀の形や規模によって様々なプランを設定していることが殆どです。もちろん会社や葬儀形式によって費用は異なりますが、プランを決めておくことで費用を準備しておくことも可能になります。葬儀にかけられる予算が決まっているのであれば、あらかじめ葬儀社に金額を知らせておけばその予算に合わせたプランを提示してくれますから予算内で葬儀を執り行いたいという希望を叶えることも可能です。また葬儀費用は内訳がよく分からない上、予想外に高額な請求がくることを不安視する方もいらっしゃいます。実際にチラシやホームページに書かれた見た目だけの安さを提示している葬儀社もありますから、そのようなリスクや不安を取り除く為にもあらかじめ葬儀費用の見積もりを取ることをおすすめ致します。

事前相談で決めておきたい事柄

準備

葬儀の事前準備をする際に決めておきたいことは数多くあります。ここでは最も重要な点を絞ってご紹介していきます。

葬儀社選び
故人が亡くなってから葬儀社を選定すると、その葬儀社が自分たちに合った業者なのか・希望に沿った葬儀を執り行える業者なのかを判断する時間がありません。しかし、葬儀の事前準備をするのであれば、自分たちに合う葬儀社を前もって探す時間があります。
葬儀社を決める際には複数の葬儀社に話を聞き見積りをもらいながら比較検討することが大切です。その際に見積りに記載された金額だけでなく、提供される設備やサービス、担当者の対応なども検討材料に含めましょう。
担当者の人柄や相性は、納得のいく葬儀を行うためにとても重要な点です。性格的に合わない・違和感を感じる担当者と共に葬儀の準備をするのは意外にストレスの原因のひとつとなります。
葬儀形式の決定
葬儀の事前相談と聞いて一番最初に浮かぶのが「どのような葬儀にしたいか」という点ではないでしょうか。
宗教色が強いものにするのか無宗教に近いものにするのか、一般葬にするのか家族葬にするのか、一日葬にするのか直葬にするのかなど様々な葬儀形式から自分の希望に近い形式を決めます。
会場の規模に影響しますから、親族や親しい人限定の葬儀にするのか、一般の人も受け入れるのかも決めておきましょう。
葬儀社の方でも様々なプランを用意していますが、あらかじめ自分の希望となるビジョンをある程度決めてから葬儀社に行くとよりスムーズに対応を受けられます。
喪主の決定
葬儀には喪主が必要ですが、喪主を決めるのに法的な決まりはありません。
通常は遺族間で相談し、喪主となる方を決める事になるのですが一般的または慣習的な優先順位というものがあります。優先順位が1番高いのは「故人の配偶者」です。もし故人に配偶者がいればその人が喪主の第1候補者となります。
しかし配偶者が何らかの事情で喪主となることが難しい場合は、別の人が喪主をすることになります。2番目の喪主候補者は「故人の長男」であることが多いです。長男の上に長女がいる場合であっても従来は男性の方が喪主を務めることが多かったようですが、近年では年齢順に長女が喪主を務めるケースも多く見受けられます。
次女や次男が故人と生活を共にしていた場合などは次女や次男が喪主になることもあります。
また、長女の夫(故人にとっての義理の息子)が喪主を務めるケースもあるようです。
また、故人に配偶者も子どももいない場合は故人の父親で、父親がいない場合は母親が喪主になります。
故人に配偶者も子どもも親もいない場合、故人の兄弟姉妹が喪主を務めます。
以上の人がすべていない場合、親族で話し合って決めることになります。故人の親族などが務めるケースが考えられます。
そういった人がいない場合、故人と生前関わりが深かった人が喪主を務めます。
ただしこれらは一般的な例であり、実際には家庭の事情や家族の考え方、地域の習わしなどで決定されます。
訃報連絡先のリスト
故人が親しい人は、案外遺族にはわからないものです。そこで、万が一のことがあったときの為に訃報を伝える人を一覧にしたリストを作っておくことをおすすめします。
顔を知っていても連絡先がわからなかったり、存在自体が知らなかったということは珍しくありません。
また「訃報の連絡のみする人」と「葬儀に参列してくれるよう頼む人」にわけておくのも一案です。
遺影の選定
遺影写真の選定には予想外に時間と手間がかかります。遺影はできるだけ故人の人柄が分かる表情のもので、最近のものであることが望ましいです。できれば希望の写真を選んでおくか、遺影用の写真を撮りに行くことをおすすめします。

いかがでしょうか。上記に挙げた内容はごく一般的かつ代表的な事柄のみです。実際に葬儀を執り行うとなると上記の内容に加え、お別れの時間に流す音楽・花祭壇の種類・返礼品の選定・葬儀の日程や場所の連絡・各種手続きなどなど…遺族の方が行わなければならないことが次々と迫ってきます。

大切な方が亡くなってから葬儀のことを決めるよりも、事前準備で様々なことを具体的に決めておくことで残された家族の方の負担が大幅に少なくまります。また、それだけでなくご本人様やご家族の希望に沿った「その人らしい葬儀」を執り行う事も可能になります。
アクセル社では24時間深夜早朝を問わず経験豊富なベテラン担当者が、右側や記事内最下部に出ている電話番号にて電話対応致しております。アクセル社ではお客様に寄り添い安心してご満足を頂ける内容の葬儀を執り行います。お客様の満足を最優先にした各種プラン料金を考え、チラシやホームページに書かれた見た目だけの安さではなく、本質的に安価で質の高い葬儀プランをご提供する事に努力しております。事前相談はもちろん、葬儀の相談・資料請求やお見積りも致しておりますので、ぜひお気軽にご連絡くださいね。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。