夏

訃報は季節を問わず突然やってくるものです。近年では七月下旬から八月頃には気温が40℃近く…更には40℃を超える時まであり猛暑とされる事が通例です。そして夏の時期はお盆などで喪服を着る機会がある場合もありますし、服装に悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回の記事では、夏季の葬儀の服装マナーについて詳しくご紹介致します。

男性の服装

男性

男性の服装については夏場であっても上下黒のダークスーツに、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い靴という喪服の一般的なマナーは変わりません。しかし、暑さが厳しい時期に生地が厚く裏地があるスリーシーズンものの喪服を無理に着用すると体調を崩してしまう恐れもあります。ですから、表の生地が薄く裏地がない夏用喪服を着用するケースが多いです。また、中に着るワイシャツについては、半袖にしてはいけないという訳ではありませんが、本来は長袖シャツが正装とされていますから可能な限りは長袖のシャツを着用したほうが無難と言えます。

他にも、夏用の薄くて軽い弔事用ネクタイもあります。また真夏の屋外でも出棺を待つ際には男性はジャケットを着用します。その為、熱中症にならないように気を付ける必要があり、具体的な予防策としては、適度な水分補給と共に保冷剤をハンカチで包んで身に着けておくなどの工夫をすると良いでしょう。

女性やお子様の服装

女性

女性の服装については極力肌を見せないことが基本的なマナーになりますが、夏場の葬儀では半袖のワンピースの喪服を着用してもマナー違反にはなりません。しかし、肌の露出が多くなるノースリーブタイプの喪服は避けましょう。また、上からジャケットを羽織りましょう。足元は黒色の薄手のストッキングに黒のデザインがシンプルなパンプスを選ぶようにします。素足やサンダルなどで参列するのはマナー違反になりますので注意が必要です。加えて、女性の場合は夏季になるとフットネイルを施している方も多いかと思いますが、派手な色であればあるほどストッキングから透けて見える可能性があり、華美な印象を与えかねませんのでご自身で落とせる場合には落とす、落とせない場合にはネイル隠しをするかつま先が厚手になっているタイプのストッキングを着用するなど、靴を脱いだ際に目立たないようにする工夫をしましょう。
また、葬儀会場は基本的にエアコンが効いていますから冷えに弱い方はジャケットの他にもひざ掛けなどを用意するのも良いかもしれません。

お子様の服装については、幼稚園や学校の制服がある場合には夏用の制服を着用し葬儀に参列しても問題ありません。制服がない場合には、黒や紺・グレーなど落ち着いた色の服装で葬儀に参列させるようにしましょう。小さなお子さんの場合は、地面からの熱の影響を受けやすく大人よりも熱中症のリスクが高い傾向にありますので通気性のよい服装を心掛けて選ぶようにすると良いでしょう。

注意点など

上着

体調不良など特別な理由がない限り葬儀中は上着を脱がないのが一般的です。ですから夏場であっても葬儀中は上着の着用は必須です。しかし、近年の夏は気温も従来以上に高くなりがちな傾向にある為、熱中症対策の一環として上着の脱衣を認めるアナウンスがされる場合もあるようです。また近年では家族葬など小規模での葬儀が増えているため、屋外にテントを張って参列するといったケースは社葬など特別な場合以外はあまり見かけなくなりました。この様な背景もあり、屋内の会場で行われる葬儀がほとんどですから、葬儀会館の中では冷房が効いていることが多いです。ですから上着がないとかえって冷えすぎてしまう可能性もあります。特に女性の場合、礼服のワンピースが半袖だと冷えてしまう可能性もあります。そういったことも考慮して、夏場の葬儀でも上着は必要だと思った方が良いといえるでしょう。

葬儀において軽装はマナー違反です。しかし汗をかいた状態で葬儀に参列するのは本人が苦しいだけでなく周囲にとっても見苦しいものとなりかねません。少しでも涼しく過ごせる工夫をいくつかお伝え致しますので参考にしてください。黒の礼服は、夏の太陽の光を吸収して熱がこもりやすくなります。熱を吸収しにくい特殊な生地や冷感素材で作られた礼服もありますのでそちらを検討してみるのもひとつの案です。また、ジャケットの中に着るのは半袖シャツでも問題はありません。式場に向かうときはジャケットを脱いで持ち運び、式場の近くでジャケットを着用するというのもひとつの案です。

喪服には夏用と冬用があります。大切な弔事の場ですので、季節に応じてしっかりした礼装を用意しておくことは大切ですが、近年では夏でも会場の冷房が効いていることも多いため、冬用との兼用で一年中着られるオールシーズンタイプの喪服を選ぶ方が増えているのが実状です。葬儀は故人様との最期の別れを行う大切な場ですから、しっかりとマナーを踏まえた上で参列したいものです。特に服装は一番最初に人の目につく重要なマナーですから、必要なものを準備するために事前に確認しておきましょう。
当HP内でも葬儀の参列マナーのみならず服装のマナーについて詳しくお伝えしていますので併せて参考にしてくださいね。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。