供養

一般的に納骨は喪に服していた遺族が日常生活に戻るタイミングでもある四十九日に行うことが多いようです。しかし、納骨時期に決まりはない為、故人様との本当のお別れになる納骨は一周忌を目途にと考える方も多くいらっしゃいます。
今回の記事では、納骨について詳しくご紹介致します。

納骨に適した時期

遺骨

納骨とは、故人の遺骨をお墓や納骨堂に納めることで、一般的には納骨式は四十九日・百箇日・一周忌・三回忌などの大きな法要を目安に行われることが多いです。お墓などに納めるには「埋葬許可証」と墓地や霊園に納骨する場合は管理者に発行して貰う「墓地使用許可証」・改葬で樹木葬や納骨堂に納める場合には管理者に発行して貰う「受入証明書」が必要となりますので頭に入れておきましょう。※この許可証は自治体によって名称が変わることがあります。※
納骨については、最初にお伝えした通り宗教的にも法律的にもいつまでにしなくてはいけないといった決まりはありません。葬儀の当日に埋葬という地域やご家庭もあれば、別れが辛く埋葬をまだしたくない・墓地が決まっていないといったような理由でしばらくの間は埋葬に踏み切れない方もいらっしゃいます。しかし故人様に安心して眠りについて頂くには納骨は欠かせない行事と言えますから、ご家族のタイミングで納骨を行い納得したうえで本当のお別れを出来ると良いですね。

ここからは納骨に適したタイミングを意味も含めて詳しくお伝え致します。意味を踏まえたうえで「いつ納骨をするのか」検討できると心持も違います。

四十九日
●時期
命日から数えて49日目
●意味
四十九日は故人が現世から離れ、成仏し極楽浄土へ旅立つことを願う法要です。すでに墓地の手配や墓石の準備ができている場合・納骨堂を利用する方は、それまで喪に服していた遺族が日常生活に戻るタイミングでもある四十九日に納骨する場合が多いようです。
●注意点
命日から49日というと期間が実質2ヵ月もありませんから、新たにお墓を建てる場合であると準備が間に合わず四十九日に納骨ができない場合もあります。その際は四十九日後の法要と共に納骨を行いましょう。
百箇日
●時期
四十九日の忌明け後初めて行われる法要で、命日から数えて100日目
●意味
百箇日は「卒哭忌」とも言い「悲しんで泣くことから卒業する」という意味を持ちます。悲しみからの卒業というタイミングで故人様を自宅からお墓へ移し本当のお別れをするという方も少なくありません。
●注意点
100日経ったからと言っても大切な家族を失った悲しみは癒えませんね。しかし、葬儀後にお墓を建てる場合は四十九日には納骨が間に合わず百箇日に納骨を行う場合も多く、偲ぶ会やお別れ会なども百箇日に合わせて行われることが多い傾向にあります。
一周忌
●時期
亡くなってから満1年の命日(もしくはその付近)の法要
●意味
四十九日にはお墓の準備が間に合わないので百箇日で納骨を執り行う場合もあると先にお伝えしましたが、近年では百箇日には馴染みがない方も少なくはありません。百箇日をしない、百箇日にお墓が間に合わない場合には喪が明ける区切りである一周忌に納骨を行う方も多いようです。
●注意点
先祖代々のお墓がない方などお墓の場所や費用・供養の方法などについて時間をかけて考えることができますので、一周忌法要を目安に納骨されると納得のいく供養を行うことが出来ます。

納骨式と納骨事情

墓石

納骨式を円滑に進めるためには事前に当日の流れを把握しておくと良いですね。ここからは簡潔にはなりますが納骨式の流れについてお伝え致します。
まずは、納骨式前に準備するべきことですが一般的に納骨式は先で挙げた大きな法要を目安に行われることが多いです。曜日や参列者・僧侶の都合などで法要当日に行うことができない場合は、先送りにはせずに前倒しします。希望する日程で行うためには早めに納骨式を行う日を決めておくことが大切です。続いて納骨式までの準備と流れですが、まず考えなくてはならないことは「どこに納骨をするのか」という点です。先祖代々のお墓がある場合にはそのお墓に納骨をするという方が多いですが、お墓がない場合には、新たにお墓を建てたり納骨堂を利用したりと様々な選択肢があります。どこに納骨をするのかによって、納骨式までの流れや必要な準備が変わってきますが、以下はお墓に納骨する場合の準備と流れを簡単にまとめました。

納骨する場合の準備と流れ
納骨式の日取りを決める
石材店にお墓の字彫りを依頼する
遺骨を納める場所の開閉のお願いをする
埋葬許可証を用意して納骨に備える
納骨する日を親族に連絡する
お供え物や返礼品などの準備をする

納骨式当日の流れについては、当日は早めに会場へ向かい参列者を出迎えます。僧侶へのお布施・お供え物や供花・位牌・遺影・返礼品も忘れずに持参しましょう。納骨式の流れは以下の通りです。

納骨式当日の流れ
施主より挨拶(遺骨は故人と血縁の深い方が持つ)
遺骨を納める場所のふたを開け納骨
僧侶による読経
遺族から順に焼香

納骨式にかかる時間については、宗派や出席者の人数にもよりますが概ね30分から1時間ほどです。納骨式が終わったら会食の席へ移動します。施主からの挨拶で会食の始まりと終わりを告げます。会食終了後、参列者へ準備しておいた返礼品を渡しましょう。

納骨式は法要と同時に執り行うことが多いため、服装マナーは法要のものに準じます。僧侶の立ち会いのもとで進められる納骨式では、準喪服と呼ばれる葬儀と同様の服装での参列がよいでしょう。家族のみで納骨を行う場合の服装についても、一周忌までは喪服が望ましいといわれています。家族のみの場合でも、僧侶に失礼のないよう事前に服装の準備を怠らないようにしましょう。

多様化する納骨事情についてですが、後継者の問題や金銭面の問題などの様々な理由で近年では従来のようなお墓は避けたいという意見を耳にする機会が多いです。実際に従来のようなお墓は避けたい場合には手元にある遺骨はどうしたらよいのでしょうか。お墓がない場合の納骨は、新しいお墓を建てる以外にもさまざまな供養の方法があります。それぞれについては別記事にて詳しくお伝えしていますので、今回は簡潔にお伝え致します。

手元供養
墓地以外の場所に遺骨を埋葬することは法律違反ですが、そうでない限りはいつまでも骨壺のまま遺骨を持ち続けても問題はありません。実際に自宅や仏壇に遺骨を保管しているという方もいます。手元供養は遺骨の全てを自宅で保管する、もしくは遺骨の一部を手元で保管するという二つの方法が挙げられるでしょう。手元供養は費用を抑えられることに加え故人様を身近に感じられるなどが利点として挙げられますが、ご遺骨のその後の管理などについてご家族の理解を得る必要があります。
永代供養墓
墓地が存在する限り、管理者が供養を続けてくれるお墓が永代供養墓です。お墓が欲しいけれど当面の費用に不安がある、後継者がいないという方も永代供養墓なら比較的安価で管理者がいるので安心ですが、永代供養墓の中には合祀といって遺骨を骨壺から取り出し他のご遺骨と一緒に埋葬をする形もあり、遺骨を取り戻すことができなくなりますので注意が必要です。
共同墓
お墓には家族・親族単位で入るものという考えが根強くありますが、血縁関係のない他人同士で同じお墓に入るのが共同墓です。共同墓はNPO法人や企業などが一緒のお墓に入りたい仲間を集め、お墓を建て管理します。独り身の方など亡くなったあとの不安を解消できますが、共同墓を管理している団体や企業がなくなればお墓もなくなってしまうという注意点がありますので、共同墓を検討する際には信頼できる団体や企業を見つけることが重要です。
納骨堂
夫婦や個人などで遺骨を預ける場所を納骨堂と言い、その名の通り納骨堂に遺骨を納めるのは法律上は収蔵ということになりますからお墓に入れるような埋蔵とはまた異なります。納骨堂は元来お墓を建てるまで一時的に遺骨を預かるための施設でしたが、近年では都市部の代替墓としての利用も増加しています。比較的安価で掃除や草取りといったメンテナンスが不要ですが、個別管理の期限後は合祀される場合が多いので注意が必要です。
散骨
遺骨を粉骨し海や山など自然にまいて供養することを散骨といいます。地権者に無断で敷地に散骨することはできませんし、遺骨やお墓がない為お参りに行く場所に困るという点で注意が必要です。散骨について、法律による規制はありませんが、地域や場所によっては条例によって散骨を禁止している場合もあります。
樹木葬
墓石の代わりに樹木を墓標とし遺骨を埋葬する方法が樹木葬です。樹木葬には遺骨を埋葬してそこに樹木の苗を植える方法と、一本のシンボル樹の周辺に遺骨を埋葬するという方法があり、個別の納骨期限が決まっている場合には期限後に合祀されるということもありますので注意が必要です。

上記以外にも、まだ少ないですが「レンタル墓」というものも出てきているように納骨の仕様は様々です。当HP内でも「樹木葬・納骨堂・散骨」それぞれを詳しく解説した記事がありますので併せて参考にしてくださいね。

納骨をしないという選択肢

供養

故人様との別れが辛く悲しみが消えないため納骨に踏み切れない…そういった心理的な問題だけでなく、金銭面の問題や後継者の問題などやむを得ない事情があり納骨を躊躇してしまうなど自宅で遺骨を保管している方も少なくはありません。しかし、お墓とは故人様やご先祖様の冥福を祈り、感謝をするための場所であり、残された方々の拠り所にもなるところです。お墓があることで家族が集まる機会も増える場合もありますし、そういった機会に故人様の思い出話に花を咲かせることも供養のひとつにもなります。手元供養として自宅で遺骨を管理する方法もありますが、管理をしている方が亡くなったら、その後の後継者の方が亡くなったら…現実的にいつかは必ず誰かが処分をしなくてはならないタイミングが出てきてしまいます。手元供養よりも、多様化したお墓の中から自分にふさわしい形で納骨するほうが安心なのは間違いありません。お墓は故人様にとってのお家でもありますから、お墓のあり方をじっくり考えた上で決められる一周忌などに納骨をすることをおすすめ致します。少子化や都市集中型が進む中、従来のお墓が本当に必要かと問われれば、そうではない場合もあるかもしれません。しかし、納骨するということは故人様、そして残されたご家族の皆様にとっても大切なことです。納骨するにあたり、どのような供養方法を選ぶか生前にご家族や親族の皆様と話し合いをしておくと良いでしょう。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。