葬儀

葬儀を執り行う場所には自宅や葬儀社、お寺、ホールなど様々な種類があります。こうした葬儀式場には、費用や設備などに違いがありますのでそれぞれの特徴を踏まえ自身の状況や故人の希望に合わせて選んでいかなければなりません。
今回の記事では、葬儀式場の選び方について詳しくご紹介致します。

葬儀式場の種類

自社

葬儀を行う場所は主に以下の種類に分けることができます。どの式場がご自身や故人様に向いているか知っておきましょう。まず始めに葬儀式場の種類やそれぞれの施設について詳しくご紹介していきます。

葬儀式場の種類や特徴
自宅
自宅で葬儀を行う場合には、祭壇を飾り棺を安置し参列できる広さの部屋があることや棺の出入り、霊柩車など必要な車両を止めるスペースがあるといった最低限の条件をクリアしていれば可能です。自宅での葬儀は式場利用料が発生しない為安価に葬儀を執り行うことができます。
自社斎場
葬儀社が運営する斎場を自社斎場と言います。自社斎場を利用する際にはその葬儀社に依頼するのが基本で、エリア内に複数自社斎場がある場合もあります。
寺院・教会
寺院や教会でも葬儀を行うことができます。しかし基本的には寺院の場合は檀家のみ、教会であれば信者の方でなければ利用できません。寺院葬によっては祭壇が必要なく、葬儀料金が抑えられる場合もあります。寺院・教会ならではの荘厳な雰囲気で葬儀ができるのが特徴ですが元来、葬儀を執り行うための施設ではないため、葬儀用の設備が整っていない場合があります。
公営斎場
公営斎場とは市区町村などの自治体やいくつかの自治体が共同で運営する施設のことで、運営元の自治体名がついている斎場が多いです。喪主か故人様が運営市区町村の住民であれば民営斎場に比べ料金が安いのが特徴です。利用希望者が多く予約が取りにくいという場合もあります。公営斎場には火葬場が併設されていますので、通夜・告別式・火葬までを一か所で終えられます。なお東京は公営の斎場に火葬場が併設されていなかったり、複数の区で共同運営している斎場があったり、23区内の民営火葬場には斎場も併設されているなど特殊性があります。
民営斎場
民営斎場とは主に企業宗教団体などが運営する斎場で、公営斎場より斎場数も多く予約が取りやすい傾向にあります。公営斎場に比べ葬儀料金は割高になります。斎場名は「○○セレモニーホール・○○会館」など多岐に渡り、自社斎場の場合は統一された斎場名であることが多いです。民営斎場はスペースとしての貸し出しのみを行っている貸し斎場と、葬儀社が自ら保有する斎場の二種類に分けられます。
ホテル
ホテルも選択肢のひとつとして挙げられますが、ホテルには遺体を運び込めないことが多く火葬後に告別式の代わりとしてお別れ会や偲ぶ会を行う場所として取り扱われるのが一般的です。
集会所・公共施設
集会所や公共施設などでも葬儀を行うことが可能です。設備の利便性に欠ける傾向があります。

それぞれの施設の利点と欠点

寺院

先にお伝えした葬儀式場の種類にはそれぞれ料金や設備面などに違いがあります。それぞれの利点と欠点を把握して適した葬儀式場を検討しましょう。

葬儀式場の利点と欠点
自宅
利点:利用料金がかからない・時間的制約を受けない・慣れ親しんだ場所で故人を偲ぶことができる
欠点:葬儀を執り行う環境を整える必要がある・近隣の方々への配慮が必要・プライベート空間を参列者の方にさらすことになる
自社斎場
利点:お葬式でよくある要望をおさえた設備が整っている・費用を抑えることが可能・柔軟な対応が可能な傾向にある
欠点:所有している葬儀社に葬儀を依頼する必要があり、葬儀社の選択肢が限られる
寺院・教会
利点:寺院や教会ならではの荘厳な雰囲気で葬儀ができる・寺院や教会との関係性が維持できる
欠点:利用できる人に制限がある・設備面での利便性は低い・お布施を含めた使用料が高額になる場合がある
公営斎場
利点:民営斎場に比べて料金が安価・火葬場併設の場合は霊柩車の手配が不要・宗教宗派が不問
欠点:利用希望者が多く予約が取りづらい・演出の制限がある
民営斎場
利点:公営斎場と比べると設備が充実している・演出に柔軟に対応してもらえる
欠点:公営斎場より料金が高い・設備環境は斎場により差がある・所有している葬儀社に葬儀を依頼する必要があり、葬儀社の選択肢が限られる
ホテル
利点:宿泊設備やサービスの充実・交通アクセスが良く参列者が来場しやすい
欠点:火葬後でないと利用できない・線香を炊いたり焼香ができない場合が多い
集会所・公共施設
利点:使用料金が安価・自宅よりも機能的に葬儀を行うことが可能
欠点:準備に労力がかかる・地域や近隣住民への配慮が必要・設備が不十分

また、当社では自社施設をご利用いただきコロナ禍の中でもお客様が安心して最愛の方のお見送りとご葬儀を執り行える施設設備を整えています。施設を丸ごと貸し切りでご利用いただく事でお身内だけのお式が可能です。

葬儀式場の選び方

選ぶ

それでは、葬儀式場を選ぶ際のポイントについて説明していきます。あらかじめ事前相談や内見に行くのも有効的な手段と言えますから、わからないことは葬儀場のスタッフに質問してくださいね。葬儀場を選ぶ際のポイントとして「利用料金・設備の充実度・斎場と葬儀の規模・交通アクセス・宿泊」が挙げられます。それではそれぞれ詳しくみていきましょう。

まずは皆さんが一番気になる利用料金ですが、いくつかの葬儀場を比較し、葬儀の規模や内容にあった料金の葬儀場を選びましょう。葬儀場の利用料金は公営斎場か民営斎場かで大きく異なります。葬儀の規模やスタイルによって、家族葬・一日葬・一般葬などと呼び方が変わり料金も異なります。希望内容によってはオプションにより料金が前後する場合もあります。葬儀社のスタッフと相談しいくつかの葬儀場を比較して希望にあった葬儀場を選びましょう。次に設備の充実度ですが、設備を確認し遺族の方・参列者の方どちらも利用しやすい葬儀場が理想です。設備の充実度は斎場によって差がありますので葬儀場を選ぶ際に確認しておきたいポイントのひとつです。それぞれの葬儀場の特徴を把握した上で希望の葬儀ができるか検討しましょう。また、葬儀中は何かと身体的・精神的負担が大きいですから葬儀中に過ごす控室はできるだけ快適そうな部屋があると良いでしょう。斎場と葬儀の規模については想定する参列人数に適した葬儀場を選びましょう。葬儀を行う場合はまず参列者の人数を検討し参列人数に対応できる葬儀場を選択します。広すぎる会場は寂しい印象を与えてしまいますし、思ったより葬儀場が狭かったという場合もあるようです。葬儀規模に合わせた葬儀式場かどうか確認することも大切です。交通アクセスについては、最寄り駅やバス停からの距離や駐車場の有無も重要です。また、民営斎場の場合は火葬場までの距離も検討したほうが良いでしょう。地域によっては自家用車の所有率や交通利便性も異なりますから車を多く使用する地域では駐車場の有無も確認します。宿泊が可能かどうかについては宿泊を検討している場合は葬儀式場で宿泊できるかを確認します。また、近隣の宿泊施設も併せて確認しておくと良いでしょう。

最後に葬儀社と斎場はどちらを先に選ぶと良いのかという点をお伝え致します。結論からお伝えしますと、まずは葬儀社を選んだ方がよいです。自社斎場を含め、その斎場に精通している葬儀社を選ぶということが最も重要です。 斎場の場所は日程などの諸事情によって、別の場所に変更せざるを得なくなることが起こりえます。そのような場合地域の事情に精通しどのような斎場があるか把握している葬儀社であれば混乱なく対応することが可能です。希望の斎場が確定している場合もしくは特定の地域のみで葬儀を行いたい場合は、斎場を決めた上でその斎場で葬儀を行なっている葬儀社を選択するというのも良いでしょう。また、いくつかの葬儀場を比較したい場合はひとつの葬儀場での話を鵜呑みにするのではなく、葬儀場を利用した人から話を聞いたりインターネットの口コミを見るなど客観的な意見を参考にすると良いでしょう。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。