神具

祖霊舎(神徒壇)とは日本固有の神道による祖先・亡き人の霊を祀るものです。神道に基づき神葬祭のご葬儀で行なわれた故人やご祖先をおまつりするもので、仏教における仏壇に当たるものとなり、御霊舎とも呼ばれます。
今回の記事では、祖霊舎・神徒壇について詳しくご紹介致します。

祖霊舎・神徒壇とは

神道

神道においては、人は亡くなると「肉体を司る神」と「心を司る神」の二つの神様になると考えられています。肉体を司る神は奥津城と呼ばれるお墓に祀られ、心を司る神は子孫を見守る祖霊・祖神となって家庭でお祀りすることにより故人や先祖はその家の守護神となり子孫を守るといわれています。故人や先祖の御霊を祀る祖霊舎は、御霊舎・神徒壇、祭壇宮ともいわれ仏式でいう仏壇に当たるものです。祖霊舎・神徒壇は、一家の祖先や故人の御霊を奉祭するものですので神棚で祀られる神々とは違いますのでまた別にお祀りします。
祖霊舎は五十日祭を終えた新しい御霊を祀るものであり、五十日祭までに用意して安置されることが多いです。新しい祖霊舎を購入された場合には五十日祭の際に神社の神職にお願いしてお祓いをして頂き、霊璽を祖霊舎の中に祀ります。祖霊舎には霊璽を祀る奥の内扉がついていますのでその中に霊璽を納めます。祖霊舎の外扉は常に開けておくのが一般的ですが、霊璽を祀る奥の内扉は閉めておきます。祖霊舎のお供えは神棚と同じように、お米・お塩・お水・お酒・榊などをお供えし、他にも季節の物や故人の好物などもお供えします。お参りの仕方も神棚と同じように、二回お辞儀をし、二回拍手(かしわで)を打ち、一回お辞儀をする二拝二拍手一拝の作法でお参りします。お参りの順番は神棚を先に、祖霊舎はそのあとに拝礼します。

祖霊舎・神徒壇の始まりは墓所や邸内などに小祠を設け先祖累代の霊を祀ったことからとされています。明治時代に入ると氏神の境内に祖霊舎が置かれるようになりましたが、一般の神社とは異なり私的なものであるところから明治19年には新たに祖霊舎をつくることが禁じられました。その為、神道の一般的なお祀りは自宅に霊璽を置くだけといった簡素なもので御札を収める神棚のように霊璽を収める専用の入れ物はありませんでした。一部の神道家の方は神棚で代用したり自分で作ったりしていたり工夫をこらしていたところ、昭和50年頃にそういった要望に応えるかたちで神道関係業者が初めて祖霊舎(神徒壇・御霊舎)を製作しました。現在では家庭用のものとして白木のものや一段式・二段式など形や大きさ、色目などにも幅が広がりをみせ自由に選ぶことができるようになりました。

祖霊舎の置き方や向き

神鏡

神棚の下や隣に安置することもありますが、祖霊舎の位置が神棚より低くなるよう安置します。南向きか東向きでお参りしやすい場所がよいとされています。

祖霊舎の基本的な祀り方は神棚とあまり変わりはありません。具体的には、神鏡を一つ・真榊を一対・榊立を一対・水玉(水器と水入)を一つ)・瓶子(平子と酒器)を一対・土器(白皿と平皿)を一対・篝火(火立)を一対お供えします。榊は毎月1日と15日に新しいものに取り替え、その他のお供えは毎日新しいものをお供えします。お水に関してはその日初めて汲んだ水が良いとされています。これに加え翠簾(御簾)を付けたり、三宝(三方)を用いお供え物を載せたり水玉・瓶子・土器を載せたりもします。祖霊舎には中に扉がありその内側に霊璽(御霊代)をお祀りします。

また、神道では仏教のお位牌にあたるものが霊璽と言われるもので、御霊代とも呼ばれます。仏教の仏壇には御本尊を中心に祀りますが、神道の祖霊舎では霊璽を中心の内扉の中に祀り、戸張と呼ばれる幕を前にかけることもあります。御霊を霊璽に移す儀式が神葬祭の葬儀で通夜祭の前に行われる遷霊祭です。これは神道では人は分霊として生き、死んだ後は霊御親のもとへ戻りそこから家族を守ってくれるという考え方によるものです。神道では仏教の戒名に当たるものはありませんが、神社の神職から霊号をつけていただきます。白木の覆いをはずした中の白木の表面には霊号を、裏面には亡くなった年月日、亡くなった年齢を記入します。霊璽は白木の素材が使われ、剣先型や仏式と同じの回出型などがあります。この回出型は複数の板札を収納でき、一枚一枚には霊号や没年月日を記すようになっています。一般的に最もよく使われる霊璽は、白木の角型の柱状のものに同じ白木の総被せ蓋の形をした覆いがついているもので、角型の本体が見えないようになっています。

神具について

榊

先に祖霊舎の基本的な祀り方をお伝えする中で神具の名称のみお伝え致しましたが、それぞれについてお伝え致します。神具は神前に供える道具等のことです。白木製品、白色の釉薬で仕上げられた陶器類を基本としますが、黒塗りや朱塗りやモダンな製品も近年では登場してきています。

神鏡
神の依代となる御神体としての鏡のことです。鏡が神の依代として考えられるようになったのは鏡に映った人の姿がすなわちその人の霊魂であると考えられたからです。お参りをする際に自分の姿を映し、自分の心を振り返るという意味もあります。祖霊舎の御神体として祀られる神鏡はほぼ円型です。神鏡を安置する台は神鏡台といい、置かれる場所は最上段の中央、霊璽の前に置きます。
真榊
眞坂樹・真賢樹と書く場合もあります。近年では真榊は主に玉串を指す場合と祖霊舎、神棚などで使われる榊に五色の絹と鏡・勾玉・剣をつけた社頭の装飾を指す場合の二通りがあります。祖霊舎などで使われる真榊は棒の先端に榊をつけ、青(または緑)・赤・黄・白・黒(または紫)の五色の絹を下げ、向かって右には鏡と勾玉を左には剣を付けます。五色の絹の色は陰陽五行説における天地万物を組成している五つの要素である木・火・土・金・水を表しており、鏡・勾玉・剣は三種の神器を表しています。神様の領域を表すものとして、不浄除けや平和の意味として祀ります。
榊立
神前に栄樹の意味を持つ榊を供えるための器で左右一対でお供えします。形は底が丸くなったものと四角の枠が付いたものがあります。榊立には一緒に使われる玉垣という神具があり榊立を中に入れて使用します。玉垣に榊立を入れることによって倒れるのを防ぐことが出来、水等による棚板への汚れや傷を防ぐこともできます。
水玉(水器・水入)
神前において水を供えるための器のことで、蓋は神前に供えた際に開け下げる際にまた閉めます。外した蓋は横に置いても問題ありません。神棚などにお供えする際には三方や折敷・長膳に乗せてお供えするのが一般的です。お水は必ずしも一杯まで入れる必要はありませんが入れる水は朝の一番水を上げます。
瓶子(へいし)
神前においてお酒を供える酒器(酒壺)のことを言い、平子と書く場合やへいじと読む場合もあります。蓋は水玉と同様に神前に供えた際に開け下げる際にまた閉めます。外した蓋は横に置いも問題はありません。お供えする際は一対で使用します。俗に御神酒徳利と呼ばれるのが瓶子です。
土器(かはらけ)
神前においてお米やお塩を供えるためのお皿のことです。
平皿(ひらさら・ひらか)
かわらけと読む場合もあります。お塩・お米(洗米)はうず高く円錐形に盛ります。
篝火(火立)
祖霊舎・神棚等で使われる場合、照明具の一種として使われるろうそくを立てる神具です。神具として用いる篝火は金属棒を三叉させそこに金属の籠をのせたものが多くあります。ろうそくはお参り前に付けお参りが終わったら消します。
翠簾(みす)
宮殿などで用いられるすだれのことで祖霊舎内の上部から掛けます。竹を細く削って編み緑を綾などでとったもので竹がまだ青いときを御簾といいます。本来は簾、尊敬語として御簾といいます。原材料は細割皮竹で、四方に緑をつけて、巻き上げ金具と丸結の総を下げます。巻き上げ方には二つの方法があり、内陣用は鉤を外に、外陣用他は内側につけます。縁の色や文様などは様々です。
三宝(三方)
神饌・お供えものを神前に供えるための木製の台・器です。折敷の下に台を付けたもので、台の三方に刳形があることからこの名が付きました。折敷は方型隅切型です。三宝という呼び名は仏法僧の三宝に由来するといわれています。三宝の置き方は折敷の継ぎ目の無い面を神前に向け、台は穴のない方を神前に向けます。首尾のある魚や鳥を供える場合には中央あるいは向かって左に供える際は左頭とし、向かって右に供える際は右頭とします。
灯篭(燈籠)
吊るすタイプと置くタイプの二種類があり、意味合いとしては内部を照らすというより神様の通り道を照らすという意味になります。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。