葬儀には服装や持ち物に様々なマナーがあります。葬儀に持っていくハンカチにも基本的なマナーはあります。参列する際に周りの方の気分を害さないよう、ハンカチにまつわるマナーをしっかりと覚えておくと良いでしょう。
今回の記事では、葬儀におけるハンカチのマナーについて詳しくお伝え致します。

ハンカチのマナー

葬儀

葬儀の場面でのハンカチは手をふいたりするだけではなく涙をぬぐったりするための必需品とも言えるものです。喪服にマナーがあるように葬儀でのハンカチといった小物にもマナーがあります。基本的な葬儀のマナーとして、ハンカチの色は黒色または白色であれば問題はありません。昔から神事や弔事を白装束で行うというのが風習としてあり、故人があの世へ向かう際に着ていくのも白装束とされます。そこから葬儀や告別式といった葬儀に参列する際に白色のハンカチを使うことが正式といわれます。しかし近年では、喪服の色に合わせて黒色のハンカチも許容されるようになりました。特に女性の場合であれば座った時にハンカチを膝に乗せる場合もあるので、黒色のハンカチの方が喪服の色と同化して目立たないかもしれません。

ハンカチの持ち方は女性と男性で異なります。女性はポケットもしくはカバンの中に入れるようにしましょう。できればポケットに入れた方が出し入れする際に音が立ちにくいので良いかもしれません。男性はカバンを持たないのでズボンのポケットに入れるようにしておきましょう。ポケットチーフは海外ではお葬式の時も認められていますが、日本ではマナー違反とされていますので注意が必要です。

ハンカチの色やデザイン

ハンカチ

先にもお伝え致しましたが、葬儀の場にふさわしい色は黒や白が基本となります。また、袱紗でよく用いられる紫もマナー違反ではないとされています。ただし原色などの目立つ色は控えた方が良いでしょう。ハンカチのデザインについては、無地が基本です。ただし近年ではレースがあしらわれたものなど多少の装飾であれば許容されるようになってきました。とはいえ柄が入っていなくても、ラメが入ったハンカチは持っていかないようにしましょう。華美なものや装飾の派手なデザインのハンカチは故人を見送るお葬式の場にふさわしくありません。
おすすめのハンカチ素材についてですが「綿・麻・ポリエステル」の三つが挙げられます。これらの素材からできたハンカチはフォーマルな場でも失礼がなく吸水性も高いため快適に使えます。また、お葬式では避けておいた方がよい素材も存在します。タオル生地はフォーマルさを欠きくだけた印象を与えてしまいます。また、シルク生地はフォーマルな場に相応しいという意見もありますが、光沢があるので葬儀には避けたほうが無難でしょう。

また、先にタオル生地のハンカチはフォーマルさに欠けるので避けた方が良いということをお伝え致しましたが実際の葬儀の場面…特に夏場などで汗を拭くために、白色や黒色のタオルハンカチをお持ちの方はいらっしゃいます。気になるようであれば綿のハンカチとタオルハンカチの二枚持ちという方法がスマートでおすすめです。冠婚葬祭用のタオルハンカチというのもありますので絶対に使ってはいけないとは言い切れませんので、ご自身の需要にあわせて選ぶことが大切です。

子供や法事のハンカチ

法要

三回忌以降の法要といった法事のハンカチに明確なマナーというものはありませんが、ダークスーツなど略礼喪服で良いとされますのでハンカチも同様に考えて、黒や白・濃紺・グレーなど控えめな色であれば問題ないでしょう。もちろん柄もひかえめにしましょう。
葬儀に持っていくハンカチは、大人だけでなく子どもにも黒や白といった落ち着いた色合いのものを持たせるようにしましょう。ただし大人よりも若干マナーは緩いので、色柄が目立ちすぎないものであれば問題ありません。普段使いのようなキャラクターものやロングタオルは避けた方が良いでしょう。また子どもは男性と同様にカバンを持ち歩かないので、服のポケットにハンカチを入れるようにしましょう。ポケットが付いていないのであれば親のカバンやポケットに入れて必要に応じて手渡してあげましょう。

コメントは利用できません。