近年人気を集めている家族葬。葬儀形式の名称のひとつですが、意外とその詳しい内容についてはご存知ではない方も多いのではないでしょうか。家族葬を執り行う・参列する場合に備えて知識を蓄えておきましょう。
今回の記事では、家族葬について詳しくお伝え致します。

家族葬とその流れ

葬儀

家族葬にははっきりとした定義はありませんが、家族や親族を始め親しい友人や知人を中心とし参列人数は1~30名程度で「小規模に行う葬儀形式のこと」を指します。故人と生前に深い関わりのあった方々と別れを共有することで、充実した時間を過ごすことができるということも人気の理由の一つです。基本的に必要なことや式の流れは一般的な葬儀とほぼ同じと言え宗教者をお呼びすることも多いですが、先にもお伝えした通り少人数で執り行う葬儀形式のため、一人ひとりの想いが反映しやすいという特長があります。

家族葬の流れについては先にもお伝えした通り基本的には一般的な葬儀と同様で、通夜の翌日に告別式を行った後に火葬をします。参列人数が少ないため、所要時間はお通夜であれば40分程度、告別式は40~50分程度と一般的な葬儀より短くなるのが特徴です。ただし、火葬については工程が同じの為、一般的な葬儀と同様に1時間~1時間半程度が目安となります。

一般的な家族葬の流れ
ご逝去後、葬儀社へ依頼し搬送からご安置
葬儀社との打合せ
納棺、通夜
葬儀・告別式後に出棺
火葬場にて火葬、精進落とし

家族葬が広まった背景と家族葬が向いているケース

慎重

家族葬が広まった背景として、まずは地域のコミュニティーの変化が挙げられます。昔は地域の縁が非常に強固なものでした。それに対し、現代では地域の縁も希薄になっており、葬儀に大勢の人を呼ぶことの意味も薄くなってきているのです。また、少子高齢化も葬儀形式に多大な影響を与えていると言えます。少子化で兄弟の少ない家庭が増えれば葬儀を行うにあたって一人あたりの負担が増えます。経済的な理由で従来の様な葬儀を執り行うことが難しい場合も出てくることでしょう。また長生きすればするほど、知人の高齢化や疎遠になっていくケースも多くなり、疎遠になった方や高齢者の方を葬儀に呼ぶことがはたして迷惑ではないのかという疑問が出てくるでしょう。また2020年には新型コロナウイルスが流行し、未だ予断を許さない状況下にあります。三密を防ぐためにソーシャルディスタンスが推奨され、人が集まる場所への制限や控える姿勢が世間並となってきました。この流れを汲み、葬儀を執り行う斎場でも状況に応じ人数制限を行ったり、参列者側は参列を控える・喪主側は参列者をごく少人数に選定するという流れが出てきています。
ここまでに挙げた背景以外にもさまざまな事情を踏まえると、家族葬は現代のニーズに沿った葬儀形式といえるでしょう。2017年3月に公正取引委員会より発表された葬儀の取引に関する実態調査報告書によると、葬儀の種類別の年間取扱件数及び年間売上高の増減傾向が「増加傾向にあるものとして『家族葬』との回答が年間取扱件数・年間売上高ともに50%を超えたほか、『直葬』及び『一日葬』が比較的高い割合を占めた一方、減少傾向にあるものとしては『一般葬』との回答が年間取扱件数・年間売上高ともに70%近くに上った。」としています。家族葬自体は1990年代半ばからあったとされる言葉ですが、広く知られるようになったのは2000年以降のことです。いかに短い期間で広まってきたかがわかります。

ここからは家族葬が向いているケースについてお伝えしていきます。
家族葬は、少人数だけで静かに故人を見送りたいという方のほか、知人にお声がけしてもあまり大人数にはならない方にも向いています。ただし、親族や友人・知人を含め、残された方々にとってどのような方法が納得できる家族葬になるのか慎重に考える必要があるとも言えます。

家族葬が向いているケース
身内や故人に近しい人だけで見送りたい場合
参列者が少ないことが見込まれ、葬儀の規模を小さくしたい場合
小さな葬儀でも心を込めて見送りたい場合
故人が生前に希望したかたちで無理なくお別れをしたい場合

家族葬は、このような考えをお持ちの方にとって特に適しやすい葬儀の形式です。時間がない中で熟考することは、悲しみの最中にあるご遺族にとって葛藤や苦痛に感じることがあるかもしれません。故人の生前の遺志を尊重しつつ、ご遺族の希望やその後のことを含めて家族葬を選択されるケースもよく見受けられます。

家族葬の利点と欠点

対応

従来の大規模に行うお葬式と比較しすると、家族葬は大幅に費用を抑えることができるなど様々な利点があります。ここからは家族葬の利点についてご紹介致します。
まず、第一に挙げられる利点は「故人様と落ち着いてお別れをすることが出来る」という点でしょう。一般的な葬儀では、多数の参列者に気を配りつつ、その都度対応しなければなりません。それに比較して、気心の知れた方のみで行う家族葬は遺族の負担を軽くすることも可能です。家族での時間をゆっくりと取ることで、思い出話などをしながら故人様との別れに向き合うことができるのです。また、家族葬は一般的に親しい方のみで行うため、世間体にこだわることなく自由な内容の葬送を執り行えるという特徴もあります。費用面のお話をすると、大勢の人を招く一般葬では料理や返礼品の準備を葬儀社に依頼するのが一般的です。しかし、家族葬であればおもてなしをする人数も少なくなります。そのため、参列者の人数が少なくなれば遺族の判断で臨機応変に対応できる事に加え費用も軽減できるのです。一般的に葬儀は参列者が少なくなるほどかかる費用が少なくなります。つまり、一般葬に比べて小規模な家族葬は、費用を抑えることができるのですが、葬儀自体は安く行えても、俗に言う赤字の割合はいただける香典の額によっても変わってきます。両方を踏まえた収支のバランスで、最終的な赤字の割合が決まることを念頭におきましょう。

ここまでは家族葬の利点についてお伝えしてきましたが、少人数での葬儀を望む方にとって家族葬は一見利点ばかりのように映るかと思います。しかしながら、利点があれば欠点もあるものです。ここからは、家族葬の欠点についてどのような点があるのかをお伝え致します。
家族葬で招かれる「親しい間柄の方だけ」「ごく少人数」という基準は非常に曖昧なものです。そもそも親しいというのは個人の感覚でしかありません。つまりお声がけする方の線引きが難しく、呼ばれなかった事に対し不満を訴える方が出るなど、トラブルに発展してしまう可能性があります。こういったことを防ぐため、故人の知人には葬儀前にひととおり連絡しておく必要があります。事前に連絡しておくと事情を理解していただける場合も多く、事後報告よりもトラブルには発展しにくいのです。多くの方は呼ばれなかったことではなく、知らされていなかったことに対して不満を持つということでしょう。
また、葬儀を身内だけで済ませるということは、それだけ故人との別れに立ち会えない人の数も増えるということです。こういった理由から、葬儀後に自宅に弔問に訪れる方も一般葬に比べて多くなる場合があります。一度に参列するのではなくバラバラに来客があるわけですから、その都度遺族が対応しなければならないということになり、実質的な負担は多くなります。葬儀後には相続関係の手続きなども並行して行わなければならず、その負担は決して小さいものではないでしょう。また、故人の知人ではあっても、面識の浅い人を自宅に招くのは気の進まない場合もあるでしょう。

葬儀において大切なことは故人様を偲び送り出すことですが、ご遺族や故人様と関係のある方々の気持ちや想いを汲み取る必要があります。葬儀後のことも考慮し、慎重にお知らせをする範囲を検討した上で家族葬を選択することをおすすめします。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。