家族葬を執り行う方が増加している近年では訃報連絡の際に香典を辞退する場合も少なくはありません。遺族からの申し出であれば優先したいと考えに至るものの、弔意の表し方はどうすれば良いのか迷う方もいらっしゃることでしょう。
今回の記事では、香典辞退された場合の弔意の表し方について詳しくご紹介致します。

香典を辞退する理由について

小さい葬儀

遺族が香典を辞退する要因としては様々な理由が挙げられます。参列者として、遺族の意思も考慮できるよう知識を深めておきましょう。ここからは三つの項目に分け、香典を辞退する主な理由を詳しくご紹介致します。

参列者への金銭的負担をなくしたい
まず参列者に対しの心遣いとして考えられる「金銭的な負担をかけたくない」という理由です。
香典で渡す金額は関係性や年齢により変動しますが、どんなに少なくとも数千円は必要となるのが香典です。場合によっては3万円から5万円といった金額を包む場合も考えられます。参列者が遠方に住んでいる場合には葬儀場所までの移動にも費用を要することもあるでしょう。そういった金銭的負担に配慮した辞退というケースがあります。
香典返しの手間をなくしたい
参列者から香典を受け取った際には、遺族から香典返しを渡すのが一般的なマナーです。香典返しの時期に厳密なルールはありませんが、一ヶ月程度が適切といわれるタイミングです。葬儀直後に準備を始める方も多いため返礼品の選定に負担を感じる可能性も考えられます。
原則参列者全員分を用意する事になる為、人数が多いほど時間・体力・金銭面の負担を増しやすいといえるでしょう。このような結果を避ける目的で香典の辞退を選ぶケースもあります。
小さい葬儀にしたい
「家族のみで葬儀を執り行いたい・火葬のみしたい」といった目的で、規模の小さい葬儀を選ぶこともあるでしょう。かつては大規模な葬儀も多く見られましたが、近年では家族葬を実施する方も増加傾向にあります。
知人など参列者を招待しない場合は香典も辞退するケースがほとんどです。葬儀自体の費用を抑えているため施主や遺族の金銭的負担を軽減しやすい点も理由といえます。

上記でお伝えした内容はあくまで代表的な香典を辞退する主な理由ですので、ご家族によってその意図は異なるものです。どのような背景があろうと、届いた案内に「御香典は辞退させていただきます」という表記がある場合は遺族の意思を尊重しましょう。

香典を辞退された場合の対応

香典

まず前提として遺族が香典を辞退された場合には香典を用意する必要はありません。遺族が香典を辞退する理由は先にもお伝えした通り様々ですが、遺族の意思を尊重するのがマナーです。無理に用意すると予定外の香典返しが必要となり、遺族の負担になってしまうことも考えられます。それでも何か弔意を表したいという場合には香典以外の方法で弔意を示すと良いでしょう。

香典以外に弔問客が弔意を示す方法として「供物や供花を贈る」という方法があります。供物や供花は故人に供えるものですので十分に弔意を示すことが可能です。仏教の場合、供物には線香やロウソク・お菓子などがよく利用されます。葬儀社に依頼すれば5,000円から15,000円程度の籠盛を手配することも可能です。香典と一緒にこれらを送ると、費用をかけすぎてかえって負担になるという意見もありますが、香典を辞退されている場合であれば問題はありません。また、仏教の供花には菊や百合といった花が多く用いられます。この他、カーネーションや胡蝶蘭が利用されることもあり、スタンドやアレンジメント・籠など送り方は予算や故人との関係性によって選択しますが、会場によっては指定の花屋でないと受け入れがされない場合もありますので必ず事前に葬儀社に相談してから選ぶようにしましょう。
しかし香典と共に供花や供物も辞退されている場合、できることは限られます。このような場合には何もしないことが一番ともいえます。供物や供花は弔意を示すために有効な手段ですが、これらがないからといって弔意が示せないという訳ではありません。遺族側からすると、参列しきちんと手を合わせ焼香をあげてもらえるだけでも十分なだという気持ちの現れなのです。そのため香典も供物も供花も断られた場合には、心を込めて故人を送り出すことが最善といえるでしょう。

香典辞退に加えて参列出来なかった場合

供物

香典辞退に加え家族だけで葬儀を執り行われ参列出来なかった場合にはどうすれば良いのでしょうか。近年家族葬といった小規模な葬儀を執り行う方が増えている事もあり、参列自体も出来ない場合も考えられます。故人との関係が深いほど何かしたいと思うことでしょう。そんな場合には、葬儀が終わった後に弔問に伺うという選択肢があります。弔問に伺う前には、必ず事前に遺族に連絡を取り弔問の許可を得ましょう。伺うタイミングに関しては葬儀からあまり間を空けると遺族の負担となるため、四十九日までに伺うのが良いです。弔問する際には花やお菓子などを持ち伺うといいでしょう。供物や供花を辞退されたとはいえ、それは葬儀の場での話ですので個人的に訪問する場合にはこれらを持参しても問題はありません。花やお菓子の他には線香なども喜ばれます。もし遠方で持参することができない場合は送るだけでも良いでしょう。

香典辞退と言われても、遺族のために何かしたいと思う場合には供物や供花を送ることで弔意を示すことができます。しかし、香典を辞退するには何かしらの理由がありますので、他の物を送っても却って迷惑になることもあります。香典なしでと言われた場合には遺族の気持ちや状況をよく考え、今回ご紹介してきた方法で弔意を示すようにしましょう。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。