キリスト教の葬儀において葬儀の流れ自体も、参列する機会が多い仏教や神道などと異なる点も多いため、キリスト教の葬儀の参列を控えた際には不安に感じる方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、キリスト教の葬儀について詳しくお伝え致します。

キリスト教の葬儀の流れ

教会

仏教の中に多くの宗派があるように、キリスト教にも多くの「教派」が存在します。日本で最も多くの方に知られている教派は「プロテスタント」と「カトリック」でしょう。余談となりますが、日本ではあまり知られていませんが「正教会」という大きな教派もあります。
プロテスタントとカトリックの違いについて簡潔にお伝えすると、プロテスタントでは教会のトップはローマ教皇であり特別な存在であると扱いますが、プロテスタントでは「人間は神様以外みんな平等」と考えるのでローマ教皇を特別な存在として扱うことはありません。これはイエスの母マリアについても同じ考えが見られ、プロテスタントでは「マリアはイエス様を産んだとはいえ、一人の人間でしかない」と捉えるのに対し、カトリックでは「聖母マリア」という特別な存在として捉えます。その為、教会にマリア像があればカトリックの教会・なければプロテスタントの教会と判断することも可能です。このように、プロテスタントとカトリックで考え方が異なるように、葬儀の流れについても使用は異なります。

プロテスタントの考えでは、故人は神のもとで安らかになるという思想があるので祈りは神のために行われます。葬儀も神への感謝と遺族を慰めるという意味合いがあり、葬儀と告別式は分けずに行われます。

プロテスタント式・葬儀と告別式の流れ
入場
オルガン演奏の中、牧師を筆頭にして棺・喪主・遺族が入場します。参列者はそれを起立で出迎えます。
聖書朗読・祈祷
牧師が聖書を朗読して祈祷を捧げるので参列者は黙祷します。その後、賛美歌を斉唱します。
牧師による説教
牧師が故人の略歴や人柄などを紹介した後、説教が行われます。
弔辞・弔電紹介
弔辞・弔電は故人の弔いよりも、思い出を語るような内容が一般的。
祈祷・オルガン奏楽
オルガンの演奏を聞きながら黙祷します。
告別の祈り
牧師が祈りを捧げ、全員で賛美歌を斉唱します。
献花
牧師・喪主・遺族・親族・一般会葬者の順番で献花を行います。
遺族挨拶
遺族あいさつは献花前に行われる場合もあります。

カトリックでは「故人は神に委ねられ、キリストの再臨と死者の復活が願われる」という考えを持ちます。葬儀は故人が所属していた教会で行われることがほとんどで葬儀と告別式を別で行います。

カトリック式・葬儀の流れ
入堂聖歌
聖歌と共に神父が入堂します。この際参列者は起立で迎えます。棺は一旦入り口で安置され、神父によって聖水と祈りが捧げられます。その後神父に続き、棺と遺族が入場となります。
開式の辞
神父が棺に聖水を注ぎ献香します。その後、開式の辞を述べ、葬儀の開祭を告げます。

葬儀のミサ
葬儀のミサでは言葉の典礼と感謝の典礼が行われます。言葉の典礼では、神父による聖書の朗読と説教が行われ参列者全員で祈りを捧げます。感謝の典礼では、遺族が祭壇にパンとぶどう酒を捧げ信徒が神父から聖体(パン)を受け取る儀式です。これは聖体拝領というもので、故人が復活の神秘にあずかり永遠の命を得るように祈るという意味があります。

カトリック式・告別式の流れ
入堂聖歌
葬儀の場合と同じ。
聖歌斉唱
参列者全員で聖歌を歌い、告別式の開式となります。
弔辞・弔電紹介
故人の略歴及び弔辞・弔電が紹介されます。
献花
献花を行う順番は、喪主・遺族・親族・一般会葬者となります。
遺族挨拶
喪主が感謝の挨拶を行います。参列者が多い場合には献花の前に行う場合もあります。

御花料とは

御花料

キリスト教の葬儀では香典ではなく、御花料を用意します。葬儀の際にキリスト教(プロテスタント)ではお香を炊くことはありません。そのため、香典と全く一緒の意味を持つわけではないのですが、葬儀に参列する際に持参するお金という意味合いでは同じです。厳密には香典という概念がキリスト教にはありませんが、呼び名として御花料を御香典と呼んでもそれほど問題になりません。
包む金額は、故人との関係性や自身の年齢によっても変わる点に注意しましょう。

御花料を包む封筒は、白色でユリの花や十字架が描いてあるキリスト教仕様のものを選びましょう。品ぞろえが充実している文具店などに行けば手に入ります。買いに行けない場合は、白色の熨斗袋または郵便番号欄がない白色の封筒を代用して問題ありません。表書きは筆ペンでも薄墨のもので「御花料」と、封筒袋の上半分の真ん中に書きます。筆ペンがない場合は、黒のボールペンやサインペンを使用しましょう。表書きを「御花料」にしておけば、宗派に関係なく使用できます。
名前は袋の下半分にフルネームで書きましょう。2名までであれば連名で、3名以上の場合は「一同」と記載するのがマナーです。
キリスト教での葬儀は教会が会場となりますので、持参した御花料は教会の入り口にある受付で渡しましょう。場合によってはお返しが異なる関係で「故人とどのような関係だったか」によって受付の窓口は異なります。該当する受付窓口に辿り着いたら御花料を渡しましょう。

献花と供花・その他の注意点

供花

仏教と同じように、キリスト教の葬儀でも故人に向けて花を贈る習慣があるのをご存知でしょうか。献花と供花の二種類がありますが、それぞれ全く違うものとなります。ここからは、献花と供花の違いやマナーをお伝え致します。
献花は仏教でいう焼香、神道でいう玉串奉奠のようなもので、祭壇に白い菊やカーネーションを捧げます。

献花の手順
両手で花を受け取った後、遺族に一礼して献花台に進む
茎を祭壇に向け献花台に捧げる
右手で花側を持ち、左手で茎を持つ
一礼して黙祷する
前を向いたまま数歩下がり、遺族に一礼して戻る

供花は、故人への弔意を表す意味合いで贈る花です。キリスト教ではバスケットフラワーを贈るのが一般的となっています。訃報を受けたら通夜や葬儀が始まる前までに贈りましょう。供花の受け取りを辞退する遺族もいるため手配する前には必ず先方の意思を確認しましょう。また、キリスト教の場合には供花には名前を書きません。遺族によって名前を書いてほしいと要望する場合もあるようなので、その場合には指示に従いましょう。教会が花屋さんを指定する場合もありますので事前に確認しましょう。

キリスト教葬儀に参列する際の注意点ですが、葬儀の場で着用するのに適した服装については、仏式の場合と同じもので問題ありません。男性であれば喪服、あるいはダークスーツ・女性は黒のスーツやアンサンブル、ワンピースなどです。靴やバッグといった小物類も黒を使い、派手な時計やアクセサリーなどは避けるのが無難です。ただし、キリスト教の葬儀に参列する際は数珠を持参する必要はありません。数珠は仏具のひとつであり、仏や菩薩を礼拝する際に使用します。キリスト教の場合は宗教が異なるため、葬儀の最中に使用することもありません。それ以外に持参する物は他の宗教の葬儀と特に変わらない点を覚えておきましょう。
キリスト教式の特徴である聖歌・賛美歌ですが、これは参加しなくても問題ありません。聞いているだけでも「咎められることはない」ようです。ですが、事前に歌や祈りの一節が書かれた紙が配られるため、できるだけ参加すると良いでしょう。

また、キリスト教は死に対する考え方が仏教や神道とは違い、永遠の命の始まりだとされています。そのため、亡くなったことは悲しいことですが不幸なことではないという意識が根底にあるようです。その為故人の安寧を祈る形が一般的だといえるでしょう。弔電を送る場合、宛先は喪主とした上で、送り先は葬儀を行う教会を指定しましょう。また、弔電の文面はお決まりのお声掛けの言葉だけでなく、遺族に寄り添った言葉を加えると良いでしょう。その場合は表記の仕方に注意します。

キリスト教には不適切な仏教用語
冥福を祈る
ご愁傷様
供養
成仏
往生
冥途

キリスト教では、故人が神や仏になるという考え方はなく、プロテスタントの場合は「召天」、カトリックの場合は「昇天・帰天」と表記し、死者は神に召されるという考え方が基本にあるので、拝礼をするのも故人に対してではなく神に向かって捧げています。その為実際に遺族にお声がけする際にも「お悔やみ」など一般的な仏教の葬儀で使う言葉は避けた方が良いでしょう。キリスト教の葬儀では「安らかなお眠りをお祈りします。」や「〇〇様の平安をお祈りいたします。」などの表現が良いとされています。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。