toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-06-06

葬儀の服装と会葬のマナー

会葬とは、ご葬儀に列席することで、正しくに言うと「弔問」や「参列」とは違います。
今回は、会葬に望むに当たっての服装や準備する物や、マナーなど基礎的な作法をご紹介します。

会葬のマナー

会葬のマナーとは

通夜の場合、弔問するという表現が用いられます。会葬する際は、服装や焼香の作法などに様々なマナーがあり、ご葬儀に参列するのは頻繁ではないため分からないことが多いものです。

突然の訃報。お葬式にどんな服装がいいの?

突然の訃報の場合、会社帰りに弔問する場合も多く、通夜の弔問に駆けつけるときは平服のままでも問題はありません。それでも可能な限り、男性の場合はネクタイと靴下は黒地のものに替えた方が良いでしょう。
葬儀や告別式に参列する際は、原則として喪服を着用。男性はダークスーツに黒ネクタイ、黒靴。ワイシャツは白無地を着用するのがマナーです。ネクタイピンはつけないのが通例ですが、カフスボタンは良しとされます。
女性の場合は、黒または地味な色のスーツかワンピースと靴、ストッキングは黒または肌色のものを選びます。
アクセサリーは光らないものをつけるのがマナーです。但し、パールのアクセサリーはつけても構いません。いずれにしても、礼服や数珠などは普段から用意しておきましょう。

焼香のやり方って決まっているの?

焼香の回数は宗教・宗派によって1~3回と違いがあります。順番がきたら、親族や僧侶、正面に向かって一礼し、ゆっくりと丁寧に焼香します。数珠は左手にかけ、右手の親指、人差し指、中指で抹香をつまむようにしましょう。合掌したあと、霊前に向かって深く一礼、親族や僧侶に再び黙礼して終わりです。
線香で焼香するときは1本ずつ立てるようにし、必ず手で払って火を消すこと。息を吹きかけるのはマナー違反です。
キリスト教の葬儀の場合は焼香の代わりに献花を、神式では玉串または榊を奉奠するのが通例です。それぞれ決められた方法やマナーがありますが、あまり堅苦しく考えずに、心を込めて故人を見送る気持ちを大切にしたいものです。
詳細は「焼香」をご覧ください。

どうしても通夜や告別式に参列出来ないのですが…

葬儀にはできるだけ出席するようにしたいものですが、どうしても無理な場合は、弔電を打ち、代理人に名刺を持たせて参列させるか、後日お悔やみ状に香典を添えて現金書留で送るようにします。先方も準備などに追われているはずですから、電話でのお悔やみはなるべく避けたほうが無難でしょう。
郵送の場合、宛先は喪主か自分の知り合いの親族名にすること。間違っても故人宛にしてはいけません。また、お金は必ず香典袋に入れるようにします。
後日に弔問するつもりなら、遺骨が自宅に安置されている可能性が高い四十九日前までに伺いましょう。故人に対する哀悼の気持ちを誠実に伝えたいものですね。

喪中の法要って、いろいろあって難しそうだけれど…

昔は、家族のだれかが亡くなると遺された人も穢(けが)されると考えられました。その死の穢れが去らない期間を「忌中」といい、穢れが去った時点を「忌明け」といいます。仏式では、故人が亡くなってから49日間を忌中、1年間を喪中の期間としており、慶事への出席や神社への参拝などを慎むのが通例です。
喪中の法要にはさまざまな種類がありますが、最近では簡素化されることも多くなり、初七日(命日から7日目)の法要と、忌明けに当たる五七日(35日目)か七七日(49日)のどちらか一方の法要を営むことが多くなっています。
いずれにしても、喪中は在りし日の故人を偲び、気持ちに区切りをつける期間。
法要の有無に関わらず、一人ひとりの弔意を大切にしたいものですね。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事