toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-07-28

お悔やみの言葉の正しい使い方

合掌のマナーお悔やみの言葉は故人を悼み、ご遺族に対して思いやりをもってかける言葉です。「この度はご愁傷さまでございます」「お悔やみ申しあげます」などのような言葉が代表的です。通夜や葬儀の場というのは非常に繊細ですのでお悔やみの言葉を述べる際は、故人や遺族の方々に失礼のない様に十分に配慮する必要があります。
故人の死を悼む気持ちをお伝えする際のマナーや失礼にならない様に避けたい言葉や代表的な言葉の「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」の意味と正しい使い分け方などを紹介いたします。

「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」の違いと使い方

合掌について「ご愁傷さまです」の意味と使い方
「愁傷」の「愁」とは憂いの気持ちを表し「傷」とは強い悲しみを表します。それが合わさった「愁傷」は、強い悲しみを憂えるという事であり、「ご愁傷さまです」は遺族に対して同情や慰めの気持ちを含んでいる為、通夜や葬儀の場で述べるお悔やみの言葉として代表的です。また、ご愁傷さまという言葉には「御」と「様」の最上の敬意を示す表現であり、敬語表現でもある為、ビジネスシーンや目上の方に対し使用されます。また時に日常で嫌味や煽る意味で使用される事もあり、その皮肉めいた意味合いに嫌悪感を示す方もいますので言葉をかける相手やその場の雰囲気やタイミングなどをよく考える必要があります。また「ご愁傷さまです」を使用する際に注意したい点として、口頭でのみ使用可能な言葉ですので、文面で使うのは不適切となるので注意してください。
「お悔やみ申し上げます」の意味と使い方
「お悔やみ」とは人の死を弔う言葉です。「お悔やみ申し上げます」は、「故人の死を悲しみ、弔いの言葉を申し上げます」という意味になります。遺族と話す際に使う場合は、「この度は心よりお悔やみ申し上げます」と言うのが代表的です。また「ご愁傷さまです」と併用して「この度はご愁傷さまです。心よりお悔やみ申し上げます」と伝えても良いでしょう。「お悔やみ申し上げます」は口頭でも文面のどちらにおいても使用可能な言葉です。文中では、「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」や「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」などの使い方が代表的です。

お悔やみの言葉をお伝えするタイミングや注意点

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作お悔やみの言葉をお伝えするタイミングや場所により添える言葉が変わりますので注意しましょう。葬儀の受付では基本的なお悔やみの言葉に続けて「お参りさせていただきます」や仏式なら「ご焼香をさせていただきます」といった言葉を添えます。通夜で通夜ぶるまいに呼ばれ退席する際には受付で「おもてなしに預かりました。今日はこれで失礼致します」と添えます。葬儀に参列できず後日、喪家を訪ねる場合はお悔やみの言葉の後に、参列できなかった事を詫びる言葉である「ご葬儀に伺えず、失礼をお許し下さい」を添えます。その上でお参りさせて頂きたい事を伝えます。
ご家族のご逝去に際し、ご遺族は深い悲しみを感じていらっしゃいます。お悔やみの言葉を述べる際は、悲しみにくれる遺族の気持ちに寄り添い、故人様を悼む気持ちを込めながら短めに伝えるようにします。故人と親交が深かった場合は想いが溢れ様々な事を伝えたくなるかもしれませんが、ご遺族の負担を増やさない様に配慮する事が大切です。声のトーンは抑え、小さめの声で挨拶するのが基本です。死因や故人の年齢によりお悔やみの言葉を変える場合もありますが、こちらから死因を尋ねるのは控えましょう。その場に適した正しい言葉を選択し、故人や遺族に対して嫌悪感や不快な想いをさせない様に振る舞う事が大切です。

その他の注意点

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作宗教面における注意点として宗教によって死に対する考え方が異なる為、お悔やみの言葉は信仰する宗教によって変わる場合がありますので参列する際に配慮しましょう。
忌み言葉という冠婚葬祭において使用を控えるべき言葉が存在します。お悔やみの場では、直接的に「死」を連想する言葉は使わないように「死亡」は「逝去・永眠・他界」、「急死」は「急逝・突然のご不幸」、「生きる」や「生存中」は「ご生前・お元気な頃」などに言い換えをしましょう。不幸が重なることを連想させる言葉である「重ね重ね」「たびたび」「ますます」「もう一度」「引き続き」「繰り返し」は使用しないようにしましょう。「再び・追って」も同様の理由で不適切な言葉になります。
また、励ましのつもりで「頑張って」や「元気を出して」などの言葉をかけがちですが、言われた側にとっては負担に感じるものです。余計な一言は遺族を傷つける恐れもあるのでやめましょう。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事