toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-08-10

宗派による数珠の違いや使い方

合掌のマナー当社HP内記事にて数珠の種類や選び方をご説明しましたが、今回の記事では宗派によって異なる数珠の持ち方や使い方について詳しく説明します。各宗派で決められている数珠は、「本式数珠」と言い、数珠の形や色、房などが異なります。また、宗派によっては、男性用と女性用で異なる事もありますので注意が必要です。
主な宗派の数珠の持ち方や使い方についても紹介致しますので参列される際の参考にしてください。

一般的な数珠の持ち方や使い方

合掌について宗派ごとに男性用と女性用で数珠が異なる事がありますが、一般的な数珠の持ち方としては男性も女性も共通とされています。また、仏壇での数珠の持ち方や弔事での数珠の持ち方、告別式の数珠の持ち方も基本的には同じとなります。数珠の持ち方は略式数珠を使用する際に多くの宗派で共通の持ち方があります。また、数珠の持ち方は線香を備える際も通夜の際、法事の際も基本的には同じとなります。数珠の種類によって数珠の扱い方が異なりますので、その点は注意が必要です。

片手数珠の場合
左手に輪を通して合掌をする。
合掌した両手に輪をかける。
振分数珠の場合
数珠を二重にし、左手に輪を通して合掌をする。
数珠を二重にして合掌した両手に輪をかける。

宗派による数珠の種類と使い方

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作日本の仏教には数多くの様々な宗派が存在します。宗派によってご本尊やお経、作法もそれぞれ違うように各宗派で決められている本式数珠は、数珠の形や色、房などだけでなく持ち方や使い方が異なりますので注意が必要です。

創価学会の場合
・創価学会の数珠は、珠の数は108個房で、房が白房であるのが特徴です。創価学会の数珠専門店で購入する事を勧められる事が多いそうなので事前に学会員の方にご相談された方が安心です。
・数珠の使い方は、数珠が長い際の持ち方は数珠を半分に畳み、三ツ房が右側に二ツ房が左側に来る様に手に掛け合掌をします。
真言宗(しんごんしゅう)の場合
・真言宗の数珠は、他の宗派に比べてお念珠を大切にするという傾向があり、重要視しています。主玉108個の他、親玉、四天玉(四菩薩)からなる二重の形状で、房は菊房で表と裏があります。真言宗の数珠の持ち方は長い一連の数珠を二重にして使用する形状なので「振分数珠」とも言われています。男性用と女性用は同じ形ですが、大きさだけが異なります。
・数珠の使い方は、持ち歩く際や座っている際の数珠の持ち方は左手で親玉を上にし、二重にしてかけ、房を握るようにして持ちます。合掌の際の数珠の持ち方は、両方の中指に数珠をかけ、そのまま手を合わせて合掌をします。その際、自分の為の行の時は房を手の平の内側に入れ、そのまま房を包むように合掌し、合掌した手を擦り合わせ、音を立てて使います。
浄土宗(浄土専念宗)の場合
・浄土宗の数珠は、本式数珠でも珠の数は108玉ではなく、2つの輪を交差させ一つに繋いだような独自の形が特徴です。「日課数珠」「百八数珠」「荘厳数珠」の3種類があり、一般の檀家・信徒は「日課数珠」を使います。念仏の数を数えられるような形になっています。また、男性用と女性用は玉数と大きさが異なるので注意が必要です。念仏を唱えるとき、決められた形式で数珠の玉数に沿って数えていくと男性は3万2千4百回、女性は6万4千8百回唱えられる為、男性用は「三万浄土」、女性用は、「六万浄土」とも言われています。
・数珠の使い方は、念仏を唱える際は副玉が入っていない方の輪を左手の親指と人差し指の間に掛け、副玉が入っている方の輪を左手の人差し指と中指に挟みながら握り、念仏を唱えます。副玉の入っていない方の玉を念仏の度に親指で手前に手繰り寄せます。合掌をする際の数珠の持ち方は両手の親指に2つの輪を揃えて掛け、房を手前へと垂らしたら親指を揃えた数珠を押さえます。
浄土真宗(本願寺派)の場合
・浄土真宗の数珠は、煩脳具足そのままで救われる教えで数珠を操ることで煩悩の火を消す必要がない為、数取りができない様に房が「蓮如結び」になっています。数珠の選び方には、形や数に対する決まりはありません。
・数珠の使い方は、浄土真宗では「本願寺派(西本願寺)」と「真宗大谷派(東本願寺)」で持ち方が異なるので注意が必要です。
〇西本願寺の数珠の持ち方
房を下に垂らす様に二重に巻き、両手を合わせます。数珠を持つ際は、左手で持ち房を下に垂らします。
〇東本願寺の数珠の持ち方
両方の親玉部分が上にくるように二重に巻き、両手に掛け左手側に房を垂らします。双方、合掌の際は数珠を両手にかけ、親指で軽く上から押さえ、指の間を閉じます。合掌した手は胸の前、指は斜め45度程上に来るように構えます。
真宗大谷派の場合
・真宗大谷派の数珠は、浄土真宗と同じ様に数取りができないように房が「蓮如結び」になっています。数珠の選び方には、形や数に対するこだわりはありません。
・数珠の使い方は、数珠を二重に巻き親玉が上に来るようにして、房を上にし合掌した両手に掛けます。房は左手の甲の方へ垂らします。
日蓮宗の場合
・日蓮宗の数珠は、玉一つ一つに「珠数曼陀羅」があり、多くの種類がありますが大きく分けると「勤行数珠」と「装束数珠」の二つになります。一般の檀家・信徒は「勤行数珠」を使います。僧侶は普段は「勤行数珠」、法要などの儀式の際には「装束数珠」を使います。日蓮宗の数珠は、108玉で出来ています。
・数珠の使い方は、お唱えをするときや回向をする際は、輪を8の字に捻じり、2本の房が出ている方を右手の中指にかけ、3本の房が出ている方を左手の中指にかけ、房は手の甲側に垂らして手を合わせます。特に念を込める際には、両手に掛けることもあり、手に持って移動等する際は二重にして左手に持ちます。
曹洞宗の場合
・曹洞宗の数珠は、主珠が108玉で数珠に金属の輪が通っているのが特徴です。なお、曹洞宗は禅宗の為、お念仏やお題目を唱えず座禅を重んじていますので数珠に対しての厳しい規定はありません。
・数珠の使い方は、合掌の際の数珠の持ち方は右手を添える様に合わせ、房を下に垂らす様に輪を二重にし親玉が左手の人差し指の上になる様に掛け両手を合わせて合掌します。なお、先に述べた様に座禅を重んじているので記載した事柄以外の数珠に対する作法や規定は存在しません。
臨済宗の場合
・臨済宗の数珠は、曹洞宗と作りや房は同じですが輪がありません。男性用の数珠には紐房、女性用の数珠には頭付房が付いています。禅宗の為、座禅を重んじていますので数珠に対しての厳しい規定はありません。※同じ禅宗である黄檗宗と真如苑の数珠の持ち方も同様です。※
・数珠の使い方は、合掌の際は輪を二重にし左手に掛け右手を添えるように合わせ、房を下に垂らして両手を合わせて合掌します。なお、先に述べた様に座禅を重んじているので記載した事柄以外の数珠に対する作法や規定は存在しません。
天台宗の場合
・天台宗の数珠は、主珠108個で主玉は平珠が特徴で房には20個の平珠と10個の丸珠が付いています。天台宗の数珠には大きく分けて「9寸サイズ」「8寸サイズ」「大平天台」の3種類があり、男性は「9寸サイズ」女性は「8寸サイズ」僧侶は「大平天台」を持ちます。
・数珠の使い方は、お参りの際は房を下に垂らして両手の人差し指と中指の間にお数珠を掛けて手を合わせます。移動する際や座っている際には二重にして左手で持ちます。その際は小指側に房は寄せておきます。合掌の際は輪を張った状態で両手の人差し指と中指の間に数珠を挟み手を合わせます。
なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事