toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-08-19

葬儀における男性の靴のマナー

合掌のマナー葬儀用の靴は「黒の革靴」と分かってはいても、デザインは多岐に渡りますので具体的にどういう靴を選べば良いのか、手持ちの靴はマナー違反ではないのか気になると思います。
今回の記事では、参列するにあたって望ましい男性の靴についてお伝えします。

靴の色や素材の選び方

合掌について葬儀に履いていく靴の色は男女問わず「黒」が一般です。明るい色が厳禁なのは勿論、黒に近い色合いであっても茶色やグレーなども控えた方が良いです。靴の素材については、葬儀で履く靴の素材は天然あるいは合成の皮革や、布製のものが一般的です。エナメルは光沢感が出てしまうので避けた方が良いでしょう。スエード素材、クロコダイルやヘビ等の革製品や型押し素材は殺生をイメージさせるのでやめましょう。冠婚葬祭の場ではタブーとも言える「殺生」という点において本革も本来ならば避けた方が無難ですが、近年では靴の素材として本革はごく一般的なので必ずしもという訳ではありません。

靴の具体的な種類

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作フォーマルなシーンに最も適しているデザインはつま先に横一文字の切り替えが入った「ストレートチップ」です。それと、つま先にデザインのない「プレーントゥ」の靴でも問題ありません。葬儀などフォーマルな場では、カジュアルなデザインは避けた方が良いので、マナー違反となるデザインはカジュアル度が高い、穴飾りが施された「ウィングチップ」などが挙げられます。そして注意したい点として、ローファーやスリッポンなどひも靴でない靴や、金具のついている革靴はやめましょう。

靴の「羽根」の選び方

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作靴の「羽根」とは、靴紐を通す部分のことです。大きく分けると「内羽根式」と「外羽根式」の2種類があり、この違いによっても、フォーマル度が変わります。どちらが葬儀にふさわしい靴なのかここではお伝え致します。
葬儀にふさわしい靴はフォーマル度の高い仕様の内羽根式で、紐を通す羽根の部分が内側に縫い付けられたデザインの事を指します。反対に外羽根式は紐を通す羽根の部分が外側に縫い付けられたデザインでカジュアルな印象になります。こちらは羽根の部分が全開するので着脱がしやすく調節も容易に出来るので、普段使いやビジネスシーン適しています。
おしゃれは足元からといった言葉があるように、自分が思っている以上に靴は目線がいくところです。しっかりと正装していても、靴からカジュアルさが出てしまうと、マナー違反と思われかねませんので正装の際は足元から注意しましょう。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事