toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-08-22

お通夜と告別式の服装について

合掌のマナーお通夜や告別式に参列する際の服装は実は平服でも問題無い事があることはご存知でしょうか。近年ではお通夜や告別式でも喪服を着用する方が増えてきていますが、知っておいて損はないお通夜や告別式の服装マナーについてお伝え致します。

必ず喪服で参列しなければならないのか?

合掌についてお通夜と告別式に参列する際の服装を選ぶ時、「故人への哀悼の意を表す」という点を大切にしなければいけません。遺族でない場合は、お通夜も告別式も地味な平服で参列しても問題はありませんが、平服であっても地味なものであれば良い、というのは原則です。本来の意味で喪服とは遺族と近親者が喪に服していることを示す物で、喪章も同様に遺族側が着用するものと考えられています。一般の参列者は喪服があれば着用すべきですが服装よりも、「故人への哀悼の意を表す」という気持ちを優先させて平服でも構わないのです。

平服を着用する際の注意点

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作平服を着用する際には、 男性は地味なスーツと黒のネクタイ、黒の靴、女性の場合も 地味なスーツかワンピースに黒の靴を選びましょう。アクセサリーは、弔事には着けないのが一般的ですが、パールのネックレスやブローチなどは用いても良いとされています。
お通夜の際に喪服姿だと、故人の不幸を待っていたかのような印象を与える為、中には嫌がる方もがいらっしゃいます。その点を配慮すると地味な平服の方が無難かもしれませんが、お通夜だけに出席するケースが多く見られますがその場合には喪服で出席した方が良いでしょう。近年ではお通夜や告別式に参列する際も喪服を着用する方が増えてきていますので、周囲の方に確認ができる場合は確認してから着用する服装を選ぶと安心です。

服装を選ぶ時の心掛け

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作どのような服装にするかについてはこうでなければならない、という決まりはありませんのでご遺族の気持ちを第一に考え、その上で自分のお悔やみの気持ちをどう表現するかという事を判断の基準にして下さい。その時の状況や場面に合わせながらその場の雰囲気に合った服装を心掛けることが重要になります。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事