toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-09-10

お葬式における写真撮影のマナー

合掌のマナー近年ではスマートフォンの普及により手軽に写真撮影ができるようになってきましたが、それに伴いSNS全盛期の現代ではお葬式という場で写真を撮ったり、撮った写真をSNSにアップしたりする人がいるようですがその是非が問われています。
この様な時代背景もあり、葬儀で写真を撮るという行為に対する倫理観も少しずつ変化が出てきているようです。今回の記事ではお葬式における写真撮影のマナーについて詳しくお伝え致します。

お葬式における基本的な写真撮影

合掌についてお葬式の場では、遺族の意向によって集合写真を撮る場合もあります。昔から祭壇を背にして行われる写真撮影はあり、葬儀後や出棺前など祭壇を背にして撮影されます。この際には故人の遺影が中心に写るように撮られます。この際に葬儀社に撮影を依頼せずに自分たちの中から撮影する人を選んでも問題ありません。葬儀社によっては葬儀の風景を撮影してくれるところもあるようです。お焼香をしている場面や故人と別れを告げている場面など、思い出として残すために撮られるものです。
これらの写真撮影は、遺族の了解や希望の元に行われるもので勝手に撮影されるものではないのでマナー違反にはなりません。

参列者が行う写真撮影

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作最初に述べた遺族の了承のもと行われる写真撮影ではなく、参列者がスマートフォンを使用して勝手に撮影してしまう事が近年ではよく見受けられます。しかし、どれほど時代が変わってきたとは言っても遺族に断りもなく勝手にお葬式の風景を撮影するのはマナー違反になります。親しかった故人の顔や葬儀の様子を思い出として残しておきたいという気持ちがあったとしても大変失礼な行為ですので絶対に行わないようにしましょう。
スマートフォンの普及と共にSNSも全盛期を迎えた現代では、写真撮影だけではなく葬儀の風景をSNSにアップしてしまう人もいるようです。葬儀の風景をSNSにアップする行為は勝手に写真撮影するよりも重大なマナー違反ですので、どんなに故人と親しかったとしても、遺族に無断で写真を撮ったりSNSにアップするような行為はやめましょう。

写真撮影する際の注意点

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作葬儀での写真撮影が遺族の方に許可された際には、節度を持って撮影を行いましょう。撮影の際にはカメラ音が出たりしてしまいますので、読経中や誰かが追悼の辞を読んでいる時などは避けるようにしなければいけません。故人の周りに花が飾られる出棺直前の時間はつい写真におさめたくなる方が多いようですが、遺族と故人が最後にお別れをする大切な場なのでどうしても撮りたい場合には一言伝え了承して頂けた場合には多くの人が最後の別れをした後にさっと撮影すると良いでしょう。
撮影する際には、遺族の方のみでなく参列者の方への配慮を忘れずにしましょう。思い出を写真として残したいという感覚は世代によって違うものです。若い世代の方からすれば思い出を写真におさめて残しておきたい思うのでしょうが、世代が上の方からするとなんでも写真にしたがる世代の感覚に違和感を持つのも事実です。周りの人が映りこんでしまう可能性も高くSNSなどに投稿するとなるとお葬式だけのマナーの問題ではなくなってきます。大切な人の最期のひととき、最大限に周りへの配慮や思いやり、マナーを守って参列しましょう。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事