toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-09-12

お葬式でのネイルのマナー

合掌のマナー葬儀に参列する際は服装は勿論のこと、ネイルにも気を配ることが大切です。近年ではサロンで施術してもらうネイルだけでなく自身で施術するセルフネイルも流行しているので、いざ訃報を受けた際にお洒落なネイルをしている場合にどうしたら良いのか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では適切な爪先や、普段のネイルにどう対処したら良いのか等を詳しくご紹介いたします。

マナー違反にならないネイル

合掌について爪先は自分が思っている以上に目立つ場所です。では、実際に葬儀に参列する際にマナー違反にならないネイルの色はどのような色なのでしょうか。基本的に葬儀では、頭から足先まで控えめにまとめるのが無難である事を踏まえると透明かベージュ、淡いピンクなどの目立たない色がおすすめです。逆に、華美な色は勿論のこと、ラメ入りやラインストーンなどのパーツがちりばめられキラキラと華美な印象を与えやすいネイルなどは、お洒落ですがお葬式向きではありませんのでやめましょう。
またネイルの種類だけでなく、あまりにも長い爪はどうしても華美な印象を与えがちですので爪の長さにも注意が必要です。ネイルの色を気にかけるのと同時に、長すぎない適度な長さに整えると安心です。

既にネイルをしている場合の対処法

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作訃報を受けてからネイルを施術する場合であれば、色やラインストーンなど上記で述べたように気を付ける事は可能ですが既にネイルをしていた場合には対策を考えなければいけません。近年では、マニキュアよりも長持ちするジェルネイルが人気です。ジェルネイルはマニキュアのようにアルコールでふき取るだけでネイルを落とせる訳ではありませんので、どうすれば良いのか困ってしまうと思います。
具体的な対処法として、ジェルネイルを落としたくない場合にはジェルネイルの上からマニキュアを塗るという方法があります。ジェルネイルの色が濃い場合はなるべく透明度の低いマットな物を選ぶと比較的簡単にジェルネイルを隠せます。ジェルネイルとマニキュアの素材は混ざることがないので、お葬式に参列した後にマニキュアを落とすだけで済みます。この際にリムーバーは、アセトンはジェルネイルを溶かしてしまう可能性がありますのでアセトンが含まれていないリムーバーを選択しましょう。
近年ではバラエティーショップやドラックストアなどで、剥がせるネイルやネイルコンシーラーなどいろいろな形状のネイル隠しが販売されていますので時間に余裕があればそういったアイテムを入手するのもおすすめです。

その他の対処法

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作先に述べた対処法が難しい場合には、手首まで位の短い黒い手袋を付けるという方法もあります。レースタイプのものや指先が開き手袋をつけたままお焼香できるような種類もあります。手袋を選ぶ際も光沢のある物やレースの場合なら柄の目立ちにくいものを選ぶようにしましょう。
最終手段として、自分でジェルネイルを落とす方法もありますが、ジェルネイルを落とす事に慣れている方であれば問題はありませんが、慣れていない方が自身で落とすには時間が掛かるだけでなく爪を傷付けてしまったりとトラブルが多いので、可能な限りサロンで落とすか、他の対処法をお勧め致します。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事