toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-09-15

お葬式での髪型のマナー

合掌のマナー葬儀に参列する際は服装は勿論のこと、髪型や髪色にも気を配ることが大切です。近年では性別や年齢を問わず様々なヘアスタイルの方が増えていますが、葬儀に参列する際はその様髪型であればマナー違反にならないのでしょうか。
今回の記事では、お葬式での髪型のマナーについてご紹介致しますので参考にして下さい。

女性の髪形のマナー

合掌について女性の方ですと、髪が短い場合と長い場合があると思いますので両方のマナーをご紹介致します。意外に悩みやすいのがボブくらいの長さです。ショートヘアならそこまで悩まずに済みますが、ボブくらいの場合は後ろでひとつに縛ることができません。縛る事が出来ても短い部分の毛が出て逆に崩れて見えてしまったり、かといって耳にかけてすっきりとした髪型をしたつもりでも動いた拍子に顔にかかってしまう事もあります。このような髪型の場合には無理に縛ろうとせずに、黒いピンを使ってまとめると良いでしょう。念のためにピンも余分に持参していくと安心ですね。
髪が長い場合であれは、低い位置でひとつにまとめるようにしましょう。全体にパーマがかかっている場合は毛先が広がってしまうのを防ぐ為に編み込みやお団子などにして全体的にボリュームを落とす様にすると良いでしょう。なお、喪服を着た場合はフケが肩に落ちるとかなり目立ちますので清潔にするように心掛けましょう。また、お葬式では会釈やおじぎ、お焼香などをする機会が多いため、髪が顔にかからないようまとめておくことも大切です。

男性の髪形のマナー

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作男性の髪型も清潔感を感じられるものが理想ですが、過度なアレンジをせず清潔感を出す為には、ワックスやジェルを使いすぎない事が大切です。普段であればワックスを使う際は毛先を立てたりするかと思いますが葬儀の際には髪のはねや膨らみを抑えるために多少使用する程度にしましょう。また、短髪の髪型でも髪がテカテカするほどワックスやジェルを塗るのはマナー違反ですので注意が必要です。お葬式の場では前髪が顔にかかりすぎる髪型はマナー違反ですので、目にかかるほどの長さであれば少しカットするかワックスなどで上手くまとめるようにしましょう。
近年では、男性でも長髪の方がいらっしゃいます。顔にかかるような場合には後ろでひとつに結ぶ等しておくと良いです。もしもサイドの髪がゴムでまとめられない場合には耳の後ろで黒いピンなどで止めるなどして、清潔感のある髪型を保ちましょう。また、パーマをかけている場合にはゴムで後ろにまとめるか、短い場合はジェルなどで可能な限りストレートに近づけると良いでしょう。この際にもジェルのつけすぎには注意が必要です。

髪色のマナー

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作最後に、全ての人に共通して言えるのが髪色のマナーについてです。近年では様々なヘアカラーが流行していますが、葬儀の際には全体的に落ち着いた雰囲気と色合いの場なので、髪が明るすぎると悪目立ちしてしまいますので気を付けましょう。髪の毛の色も落ち着いた色にするのがマナーですので、髪を染めている場合暗めの茶色であれば許容範囲ですが、明るい茶色や金髪、派手な髪色などにしている場合には、スプレーなどで一時的にでも黒髪にしましょう。スプレーなどはドラックストアやバラエティーショップでも取り扱っていますので、可能な限り用意しましょう。また、派手な髪色をしている方は訃報に限らずいざという時に備えて日頃からスプレーを常備しておくと良いかもしれませんね。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事