toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-09-19

日本における葬儀が「火葬」の理由と流れ

合掌のマナー近年の日本での葬儀はほとんどが火葬で行われています。火葬式は実に99%を上回る割合の事ですので不思議に思う人は現在ではそれほどいない程に主流となっています。実は地域や宗教・宗派によって葬儀方法は異なってくるのが埋葬方法ですので、欧米では現在でも土葬によって埋葬するのが主流です。
かつて日本でも海外と同じように、埋葬方法は土葬が主流だったのです。時代の流れと共に埋葬方法がどのように変化してきたのかと共に火葬の流れについてもお伝えしていきます。

埋葬方法の変化

合掌について日本の埋葬方法は、先に述べたように近年では火葬が主流となっていますが、実は明治時代初期までは土葬するのが一般的でした。ご遺体を傷つけることは罪とされる思想が強かった上に、火葬する為には手間と時間がかかってしまうというのが主な理由とされています。しかし、縄文時代や古墳時代後期の遺跡から火葬をした遺骨が発見されたり、古墳の中にはかまど塚などと呼ばれる火葬様式のものが存在していたようですが飛鳥時代に日本に仏教が伝わり、仏教の開祖と言われる釈迦が火葬されたことがに因んで火葬の割合が増えるようになっていったという説が有力というように遺体を傷つけるのを罪とする価値観があった時代でも、火葬によって魂を天へ送るという思想を持つ人も居たようです。
明治初期には、火葬を行う仏教の思想を否とする神道の反発によって火葬禁止令が出されしたが、戦後の高度経済成長による都市化が進んだ為にスペース不足に陥った為に発令2年後には禁止令が解除され、火葬が普及する様になりました。

日本での火葬と火葬の流れ

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作現在の日本の埋葬方法は火葬が主流ですが、法律によって火葬しなければならないという厳格な決まりはありません。しかし、衛生面や場所の確保などの理由によって、自治体で制限がかかっている場所が多くあります。特に場所の確保が難しい都市部では、条例によって細かい取り決めがなされています。
火葬の流れはまず火葬前に、火葬炉の前に祭壇が設えてありますので喪主とご遺族が持参した位牌と遺影を祭壇の机に飾り準備が出来次第に僧侶が読経と焼香を行い、喪主・遺族・親族・親しい友人の順に焼香と合掌礼拝をしてご遺族が故人との最後の面会をし、炉の前で納めの式ともいわれる最後のお別れの式を行います。納めの式が終わると、棺は火葬炉の中に納められます。実際に火葬にかかる時間は火葬炉の種類によって変わりますが、約1時間半~2時間程度で終わります。その際に係員が控室に誘導してくれるので同行者は待機し、喪主や遺族は僧侶や火葬場まで参列した方々にお礼として挨拶と茶菓子等でもてなします。(僧侶が火葬場まで同行している際には、喪主が僧侶のもてなしをし僧侶が座る位置は上座に、ご遺族は入り口付近に座ります)火葬後は炉の前で骨上げを行います。箸を使って二人一組で一つずつお骨を骨壺に納めていきます。お骨上げの際の詳しい知識に関しては別記事にてご紹介致します。収骨が済むと火葬場の係員が骨壺を白木の箱に納めて布で包んで渡してくれるのでそちらを受け取る、というのが火葬の一連の流れとなります。

土葬を行っている地域について

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作余談ですが、日本で火葬が主流となっている一方で欧米などでは現在でも土葬するのが一般的のようです。宗教観によるものが土葬をする強い理由とされていて例えばキリスト教では故人が死後に復活することを重要視しており、イスラム教では肉体を故意に失う行為は禁忌とされている為に生きていた時と同じ状態で埋葬することが出来る土葬が選ばれています。先に日本での土葬が現在行われている理由のひとつに衛生面と述べましたが、近年の土葬では土にご遺体を入れる前にエンバーミングといわれる遺体から血を抜いて防腐剤を入れ腐敗させずに長期保存できる処置を行いますので、土葬を行っても遺体の腐敗によって感染症を起こすといった衛生面での心配を軽減できています。その他にも損壊した遺体を修復し、きれいな状態で保存させるというメリットもあります。
宗教的な観点から土葬が重んじられている海外での埋葬方法も近年では少しずつですが、地域によっては火葬が増えてきているようです。火葬が増えたきっかけは、土葬の費用が高いという点だと言われています。また、故人の住居よりはるか遠い土地で死を迎え、帰省するまでに時間を要する場合などに火葬が用いられることもあります。また、火葬によってできた遺灰を、故人が好きだった土地へ撒く散骨という埋葬方法が増えていることも、火葬が増加している理由の一つです。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事