toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-11-09

副葬品についての知識

合掌のマナー故人を棺に眠らせる際に生前に大切にしていた思い出の品や家族や友人との思い出の品などを一緒に納めることがあり、それらを副葬品と言います。副葬品には実は向き不向きな物があるのはご存知でしょうか?
その様な点を踏まえながら今回の記事では、副葬品についての知識について詳しくご紹介致します。

副葬品とは

合掌について副葬品についてお伝えするにあたって、そもそも副葬品とはどういった経緯で出来た概念かという事からお伝えしていきます。日本では古代から副葬品の風習がありました。古墳から出土された品々…例えば道具や装身具などは死者があの世で使う為、武具は死者の復活を信じ、人や馬の形をした土器は権力者の付き人や乗り物として、といった様にそれぞれ意味を持っています。現代では思い出の品を手向けとして副葬品にする事が殆どですが、古代の副葬品は死後の世界で過ごす死者の為に選ばれていました。また、かつて土葬が主流だった時代では副葬品の選定には特に制限が設けられていませんでした。余談ですが、地域によっては友引にお葬式を挙げた場合にこれ以上死者が出ないようにと願いを込めて藁人形を入れたり、未婚で亡くなった方には配偶者の代わりとなる人形を入れたりする習慣もあったようです。
火葬が主流になった近年では燃やせる副葬品を選ぶことが前提となっていますので、故人が死後の世界で過ごすための物という考え方から故人への手向けの物として、故人が生前に好きだった食べ物や愛用品などを入れる事が多くなっています。
昔と今も変わらない点は、副葬品には故人への弔いの気持ちや想いが込められているという点です。また、故人と最後のお別れをする際に茎を切った花を一輪ずつ手向ける事がありますが、これは別れ花と言い副葬品とは別の扱いになります。

副葬品の例

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作先に別れ花と副葬品は別の扱いと述べましたが、別れ花とは別に故人の好きだった花を花束にしたり故人が育てていた花を切り花にして副葬品とする事があります。
副葬品として手紙もよく選ばれます。手紙には二種類あり、ひとつは生前に故人が受け取り大切にしてた手紙、ふたつめは故人への想いやメッセージを綴った故人へ送る手紙です。人数が多い場合には寄せ書きの色紙を使用する事もあります。
故人が気に入っていて大切にしていた衣類や、思い入れのある衣類を副葬品にする事もあります。衣服だけでなくハンカチや帽子などの服飾小物を入れる場合もありますが、いずれの場合でも燃えやすい素材の物(綿・絹・麻などの天然素材)である事や装飾物に避けた方が良い素材が使用されていないか注意が必要です。
葬儀で使う遺影とは別に、故人が趣味だったことをしている場面をおさめた写真など故人らしさが表れている写真を副葬品とする事もあります。
千羽鶴や御朱印帳は、死後の幸福を願う意味合いが強い副葬品です。千羽鶴は回復を願い病床に飾られていた物を入れる場合が多いですが改めて弔いの気持ちを込めて作る場合も少なくはありません。御朱印帳を副葬品とするとあの世で幸せになれるという説があるので極楽に行けるようにと棺に入れられます。

副葬品として避けるべき物

合掌の時の手の位置と姿勢などの所作近年では火葬が主流となっておりますので副葬品も燃焼を妨げる物や、溶解や爆発などで遺骨や係員を傷つける危険性があるものは入れてはいけません。副葬品ではないのですが、故人の体にペースメーカーが入っている場合には突然爆発する危険性がありますので必ず係員への申告を事前に忘れずに行いましょう。
それでは具体的に副葬品として選びがちでありながら避けた方が良いものについてお伝えしていきます。先に副葬品の例として写真を挙げましたが現在生きている人が写っている写真は避けましょう。生きている人の写真を棺に入れ火葬すると、その人もあの世へ引き込まれてしまうという迷信がある為です。既に亡くなっている方や生きていてもペットであれば問題はありません。
いつも身につけていた物を一緒に入れたいと思うのは最もな想いですが、眼鏡や時計・指輪などの装飾品については金属やガラスなどで出来ている為に燃え残ってしまいますし遺骨を傷付ける原因になりますので避けましょう。装飾品は大きい物ではありませんので火葬後に骨壷に入れて副葬品としましょう。同様に靴や手袋も注意が必要で、革やビニールなどの素材は燃えにくく燃え残るだけではなく、溶けて遺骨を汚したり傷つけるおそれがあるでけでなく燃やした際に有害なガスが出る事がある為に火葬場のルールで棺に入れられないように決められている事が殆どです。また、毛皮革製品を一緒に火葬する事は来世で獣に生まれ変わってしまうという迷信がありますので出来るだけ避けましょう。趣味の品としてゴルフクラブや釣竿も金属やカーボンが使われている為に火葬できないアイテムです。中には木製の物もありますがサイズが大きい物のため燃えにくいので不適切です。稀にお金を副葬品にという方もいらっしゃるのですが、紙幣を燃やすことは法律で禁止されていますので法律違反となってしまいます。地域によって六文銭などの硬貨を棺に入れる習慣がありますが、その場合にも骨壷に入れるようにしましょう。
副葬品として入れられないものは上記以外にも、二酸化炭素やダイオキシン・悪臭が発生するなどの公害の原因となるビニール素材・毛皮革素材・発泡スチロール・プラスチック製品・ゴム製品・化学合成繊維製品など、不燃物の金属・陶磁器・ビンなどは基本的に入れてはいけません。燃えたとしても、大きなぬいぐるみ・スイカなど水分の多い果物類・分厚い書籍などの燃えにくく大量の煤や灰が出たり、不完全燃焼を引き起こしたりする可能性がある物も避けた方が良いです。破裂や爆発の危険性がある物として先にペースメーカーを挙げましたが同様にライター・スプレー缶・電池や、炉の故障原因となる物としてカーボン製品は入れられません。
副葬品として棺に入れてはいけない物は、地方の自治体などで決められている場合がありますしご自身で入れても良いかどうかの判断が難しい場合もあると思いますので、その際には葬儀社へ一度相談してみると安心ですね。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事