コロナウイルス近年、新型コロナウイルスの感染拡大防止策の一環として不要不急の外出や三密の回避が推奨されています。こうした状況下での葬儀の情報は多いとは言えませんから、どのように行われるの・通常とはどの様に違うのか疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
今回の記事では、コロナ禍における葬儀について詳しくお伝え致します。

コロナ禍での葬儀

事前相談外出を伴う葬儀について、コロナ禍においてはどのように捉えられているのかという問題ですが、緊急事態宣言が発令中の際には多くの施設や店舗が休業・時短要請を受けます。ですが、葬儀場はそうした要請を受けない施設に当てられています。葬儀場が自粛要請対象外であるという事実は、葬儀が必要性・重要性を持った儀式であるとする社会通念や不要不急には当たらないとする政府見解を裏付けていると言えます。しかし、外出したり複数人が一箇所に居合わせたりすることによる感染リスクがあります。ですから、感染拡大防止に配慮した形での葬儀となるよう、葬儀社においても何らかの感染防止策が取られています。
また、元々減少傾向にあった葬儀の規模はコロナ禍の影響でさらに縮小傾向へ向かっています。以前は一般葬が主流の傾向にありましたが、近年では一般葬と肩を並べる程に家族葬が多くなっている傾向にあり火葬式や一日葬についても増加傾向にあります。感染拡大防止の為に三密(密閉・密集・密接)を避けることが求められていますから、一般的な葬儀では多くの参列者が屋内会場に集まり式や会食を行いますが、コロナ禍では感染拡大防止の観点から規模を縮小して行う家族葬や火葬式や一日葬が多くなっているという背景からです。

葬儀の形式

葬儀葬儀の形態も変化してきている現状にはありますが、ただ火葬して終わりでは気持ちの整理が出来なかったり故人の方もうかばれないと思う方も多くいらっしゃるかと思います。沢山の方に参列して頂き執り行う葬儀ではなく、ごく親しい方々10名程度で故人を見送るような形式など葬儀には多くの選択肢があります。政府が提案する新しい生活様式を踏まえ、健康と安全を最優先に考えた葬儀を執り行える様に考慮した方法で葬儀を執り行いましょう。
仕事関係の方や近所の方など一般の弔問客を招いて執り行う一般葬も、参列者を家族や親族・故人とごく親しい方々だけに限定して小規模で執り行う家族葬も、一日目にお通夜、二日目に葬儀・告別式・火葬を行う流れは変わりません。家族葬では、葬儀に家族の考えや故人の遺志を反映しやすい傾向にありますし、参列者も故人の身近な方々だけの限られた小規模な葬儀の形式となりますので、三密を避け、尚且つゆっくりと最後の時間を過すことが可能です。
また、お通夜を行わずに葬儀・告別式・火葬を一日で行う葬儀を一日葬と呼びます。家族葬のように参列者の制限などはないため、告別式には一般の弔問客も参列することができます。お通夜料理がなく遠方からの参列者の方は日帰りすることも可能になるので、特に参列者に高齢の方が多い場合や遠方から来る親族が多い場合、仕事が忙しい方などに選ばれている傾向にあり、食事を伴う三密を避けることが可能になります。
アクセル社ではこれまでのプランの中でご希望に沿ったお別れが出来るように、ご相談に応じております。コロナの影響でお別れの場所を設けることが出来ないと、遺族の方の中には、やり残したことが沢山ある…故人が可哀そう…と思い悩んでしまう方もいらっしゃいます。ただ火葬して終わりでは悲しすぎますから、アクセル社では大勢の方が集まる市営斎場ではなく少人数でこじんまりと執り行える式場・ホールでしっかりとお別れが出来るプランをご提案することも可能です。費用もお安くと考えておりますので一度ご相談頂ければと思います。

コロナ禍での葬儀の注意点

注意点コロナ禍での葬儀の注意点にはどういったものが挙げられるでしょうか。近年における新しい生活様式に通じる部分が多いかとは思いますが、ここからはコロナ禍での葬儀の注意点についてお伝えしていきます。
まず一つ目に、参列者並びに葬儀社スタッフはマスクを着用の徹底という点が挙げられます。たとえ家族葬のように遺族やごく親しい方々のみで行う葬儀であったとしても、葬儀社のスタッフや火葬場の係員など複数の人との接触は避けられません。葬儀を執り行い参列する際にはマスクの着用を徹底するようにします。中にはご焼香の時だけでも…等とマスクを外そうと思う方もいらっしゃるかと思いますが、マスクを着用しての参列・焼香もマナー違反にはなりませんから、ご自身や周りの方の安全の確保の為にも葬儀中はマスクの着用を徹底しましょう。また、マスク以外にも手洗いうがいに加え、式場に入る際やトイレから出た後にはアルコール消毒も必ず行うようにしましょう。ウイルスは人の手を介して広がっていく場合もありますから、手洗いだけでは落としきれなかったウイルスや細菌を除去することが大切です。また、コロナ禍の現状を鑑み会場の他にもご遺体を運ぶ搬送車についても消毒を行っている葬儀社は多いです。そういった対策を取っていても車内は狭い空間である為、感染リスクが高いですからご遺体を搬送する車への遺族の同乗が認められない場合や通常よりも制限される場合もあります。火葬場には一般的に複数の火葬炉がありそれぞれの炉の前に各遺族・親族やお勤めを行う僧侶が集まりますがその様な状況において、多人数が密集することを避ける必要性から、炉前に立ち会う人数を制限したりロビーや待合室での待機を禁止したりするなど制限している火葬場もあるようです。
いずれにしても、全てにおいて通常通りといかないのが昨今の現状です。しかしながら、これらは皆様の健康と安全を確保するためには大切なことです。コロナ禍の葬儀であっても、心ゆくまで故人様との大切なお別れの時間をとれるよう、私たちアクセル社もお客様に寄り添って参りたいと思います。ぜひ一度、ご相談くださいね。

コメントは利用できません。