故人

大切な方が亡くなった後、避けては通れないことのひとつに遺品整理が挙げられます。遺品整理を行っていると、大切な方が残したものを処分したくない・保存しておきたいと思う方が多いと思いますが、スペースの問題などすべて保管するというのは現実的には難しいことが多いです。
今回の記事では、遺品供養について詳しくご紹介致します。

遺品供養とは

私物

大切な方が大事にしていた私物などを処分する場合、いきなりゴミとして捨ててしまうのは抵抗のある方が多いでしょう。故人様が所有していたものを保存しておきたい・処分したくないと思う方にとっては尚更です。遺品に限らず日本では古来より「物にも魂が宿る」とされてきました。針やくし・鏡など、日常で使用している品々を供養することも珍しくはありません。元来、物品の供養はお寺や神社で行うものでした。お寺や神社などで、神主や僧侶に祝詞やお経を唱えてもらい「遺品に宿っている魂を抜いて処分する」ことが遺品供養の定義とされています。しかし近年では専門の業者が引き受ける例も増えてきています。
遺品の整理は残された方にとって肉体的だけではなく精神的にも大変負担がかかる作業です。遺品供養は供養に関係した手順の中では必須ではありませんが、遺品は故人様との思い出やつながりを感じさせますし、故人様の想いがそこに宿っていると感じると処分することが忍びなく、申し訳ない気持ちにもなってしまうこともあるでしょう。しかし現実的には全てを保管しておくわけにはいきませんから、整理していくしかありません。そんなとき供養という形で遺品を処分することができれば、精神的な負担も軽くなり心の整理がつくかもしれません。

供養方法

供養

遺品整理をしていく上で、人形やぬいぐるみ等であればなおさら供養の必要性を感じてしまうかもしれません。実際に人形やぬいぐるみを供養するに当たって、最も一般的な方法が「お焚き上げ」です。お焚き上げは日本で古来から行われてきた伝統的な風習で不要となった大切なものを処分するときに行います。お焚き上げを行う理由は、魂が宿っているとされる様々な物品が火で燃やされることで浄化され天に戻っていけると信じられているためです。人形やぬいぐるみに限らず、写真や手紙・日記やお札など燃えるものであれば何でもお焚き上げの対象になります。また、それ以外にも遺品の中でも供養がおすすめされているものは故人が愛用していた本やメガネ、寝具・衣類などです。故人の思い入れが強いものや日常的に使用していたものは供養したほうが良いとされています。家具やテレビなどの燃えないものであっても供養してくれる場所もあるように供養対象は様々です。

ここからは実際に供養の方法についてお伝え致します。ひとつめにお寺や神社にお焚き上げや供養を頼むという方法が挙げられます。元来、お寺や神社は不要になった前年のお札や破魔矢をお戻しして処分してもらう場です。その為、遺品整理のお焚き上げを行っているところも多くあり、中には人形供養に特化して受け付けをしているお寺や神社もあります。近所にそうしたお寺や神社があったらそこに頼むのが良いでしょう。実際のお焚き上げの方法は場所によって異なり、無料のところもあれば有料のところもありますし予め日程が決まっている場合もあります。お寺や神社に供養を頼む場合は、どのような方法で行っているかを事前に確認するようにしてください。
ふたつめに専門の業者にお焚き上げを頼むという方法が挙げられます。近所で人形の供養を受け付けているお寺や神社がない場合には、専門の業者に依頼するというようにすると良いでしょう。そうした業者は実際に人形供養を行っているところと提携し受付作業を代行していますので、業者に申し込みをすると人形を郵送するための段ボール箱などが送られてきますのでその中に遺品を入れて送り返すだけの手間で済み、供養後にはその報告書が送られて来るので安心です。
三つめに自分で清めるという方法が挙げられます。遺品の供養を人任せにせず自分で行うことも可能です。遺品のサイズが小さかったり数が少なかったりする場合には自分の気持ちに従って手元で大事に供養してあげるのも良いでしょう。供養を行う際にはまず入浴などで自身の身を清め、遺品を丁寧に拭いて汚れを落とします。そこに塩を振って清め、白い紙に包みます。そして感謝や葬いの言葉をかけながら新しいゴミ袋を取り出しそこに入れて封をします。この際には他のゴミとは混ぜないようにしましょう。
供養以外の方法としては、遺品の状態が良い場合は敢えて供養をしないで活かすという選択肢もあります。例えば寄付したり親族以外でほしいという方がいらっしゃれば、譲ったりしても良いでしょう。

また、遺品整理と形見分けについては下記リンク先の記事にて詳しくお伝えしていますので併せて参考にしてください。

料金相場や遺族が行う作業について

遺品

供養方法を知ると料金相場も気になるかと思います。料金は供養の仕様によっても相場が変化しますので併せてお伝え致します。

料金相場
合同供養
0円から一万円程度
個別供養
二万円から十万円程度
現地訪問供養
二万円から十万円程度
お焚き上げ(段ボール未満)
三千円程度
お焚き上げ(段ボール一箱)
五千円から一万円程度
お焚き上げ(神棚・位牌)
一万円から三万円程度

この様に供養やお焚き上げに掛かる料金は様々です。また遺品整理業者の中には作業費用の中に供養やお焚き上げの費用が含めている業者もありますから、遺品整理業者を利用する場合には実際に問い合わせてみると良いでしょう。遺品供養の際に遺族が行う作業は業者によって作業内容の違いがあります、作業内容の違いによってご遺族の方が遺品を供養する為にするべきことも変わってきます。

遺族が行う作業
合同供養・個別供養の場合
遺品の持ち込み・梱包・発送
現地訪問供養
供養への立ち合い・遺品の処分
遺品整理~遺品供養
遺品整理と共に供養を依頼する

今回は遺品供養についてお伝え致しました。遺品ともなればどう扱って良いのか悩んでしまうことも多いかと思いますが、供養は故人の為だけでなく自分の為でもあり遺品や人形を供養することで心の整理がつくこともあります。供養についてお悩みの方や葬儀社をどこにするか迷われている方はぜひ一度お気軽にお問い合わせくださいね。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。