葬儀

無宗教葬儀というものをお聞きしたことはあるでしょうか。無宗教葬儀は形式にとらわれないため自由度が高く、故人や親族の希望を取り入れやすいのが特徴です。葬儀の執り行われ方や内容を知っておけば喪主を務める際や参列する際に戸惑うこともありません。
今回の記事では、無宗教葬儀について詳しくご紹介致します。

無宗教の葬儀とは

自由

まず始めに無宗教についてお伝え致します。無宗教というのは信仰している特定の宗教や宗旨宗派がないという意味です。神様や仏様といった存在そのものを否定しているわけではないので誤解がないようにしましょう。日本にはキリスト教の洗礼やミサのような、幼いころから宗教を意識する機会がありません。強いて言うならば初詣やお盆などの宗教行事はありますが、宗教を意識するというよりも「イベント意識や供養意識」が強いのではないでしょうか。寺院に関わるのは人が亡くなった時くらいという方も珍しくないため、無宗教あるいは無信仰的な思考を持つ方が多いというのも自然なことと言えます。

それでは無宗教の葬儀についてです。無宗教葬儀とは、特定の宗旨宗派の儀礼や考え方にとらわれない葬儀のことです。仏教でいう読経・キリスト教での讃美歌斉唱・神道による玉串奉奠などといった宗教宗旨の形式にとらわれることのない葬儀スタイルであるため自由葬と呼ばれることもあります。こうした葬儀が増えているのは先にもお伝えした日本人の宗教観が影響しているのかもしれません。設営や演出を含め、好みの内容にアレンジできる為に故人を想起しやすく「その人らしい」葬儀を実現できます。故人が好んで聞いていた音楽をかけたり、故人の動画などを見ながら参列者が思い出を語り合うなどすることも可能です。このような特徴から葬儀の内容について故人の希望がある場合には無宗教葬を選ぶことで希望に沿った葬儀を行いやすくなります。無宗教の葬儀には決まった形式がありませんし伝統的な儀礼や式次第に縛られることなく、自由な内容や構成で葬儀を営むことができます。言い換えると定型が存在しないということでもありますので、葬儀の流れを考えなくてはいけません。近年では無宗教の葬儀が増えてきているため、葬儀社でもある程度のノウハウを持っています。しかし実際に何を行い、どの様なプログラムにするのかを決定するのはご遺族の皆様です。この為、無宗教の葬儀は自由度が高いがゆえに内容にもよっては通常の葬儀よりも準備に時間と手間がかかることが多いともいえます。

無宗教葬儀の流れ

献花

それでは無宗教の葬儀が実際にどのような流れで営まれるのか、一例を見てみましょう。 先にもお伝えした通り無宗教の葬儀は自由葬とも呼ばれるように決まった形式があるわけではありませんので葬儀の内容も流れも様々となります。また、臨終から納棺については無宗教の葬儀の場合であっても、臨終からご遺体の安置までは一般的な葬儀と変わりはありません。納棺の前に行う湯灌については、宗教的な意味合いを若干は含んでいますので、無宗教の葬儀では病院で行われる清拭のみにする場合もあります。しかし、湯灌については儀礼というよりも故人をきれいな姿で送ってあげるために行うという意味合いが強いので遺族の希望に合わせて行う場合も多いです。納棺時の衣服については無宗教の葬儀の場合は自由です。故人が生前に愛用していた衣服などを着用させてあげることも可能となります。
仏式の通夜では僧侶による読経・焼香・会食という式次第がほとんどです。無宗教の葬儀ではこうした基本的な流れを踏襲しながらも、読経・焼香の部分が黙祷・献奏・感謝の言葉・献花などに変えられるのが一般的です。それでは無宗教葬の流れの一例をみてみましょう。

無宗教葬の流れ
参列者入場
故人のお気に入りだった曲を流したり生演奏で参列者を迎えたりする場合もあります。
開会の辞
開式の言葉とあわせて、故人の人生を偲ぶようなメッセージや無宗教の葬儀を選択した理由などを伝えると良いでしょう。
黙祷
お経を読まない代わりに参列者全員で故人に対して黙祷を捧げます。
献奏
献奏では、故人が好きだった曲や思い出の曲をかけます。感謝の言葉として故人とのエピソードや故人への思いを語ることもあります。
お別れの言葉
弔辞にあたる部分で参列者が故人に別れの挨拶をします。
弔電の紹介
弔電が届いている場合は読み上げます。
献花
焼香の代わりとなる献花は、故人の好きだった花が選ばれることもあります。
閉式の辞
喪主から参列者に対しての挨拶が述べられた後、閉式の言葉が告げられ棺が会場から運び出されます。※出棺を行わない場合もあります。※
会食
精進落としと同様に食事を用意して参列者やお手伝いの方に感謝を伝えます。

併せて覚えておきたいマナーとして献花台に花を手向ける一般的な献花の方法を紹介致します。まず、自分の番になったら前に進み遺族に一礼をし、スタッフから花を受け取ったら左手で茎、右手で花に近いほうを持ちます。献花台の前で故人の遺影に一礼し祭壇の方に根元が向くようにして献花台に花を置くようにしたら、故人の遺影に再度一礼して黙祷を捧げます。最後に遺族に一礼して自分の席に戻ります。以上が一般的な献花の方法です。献花は焼香の代わりに行うものですから、通夜式でも行うことになりますから覚えておくと安心です。

無宗教の葬儀の内容例と注意点について

写真

無宗教葬は宗教の概念や思想に捉われず自由な形式で執り行います。一般的な葬儀のように僧侶などの宗教者を主体としない為、葬儀の段取りはある程度自分たちで決めることになります。無宗教で自由な葬儀をしたい場合は葬儀の内容など前もってある程度のビジョンを決めておくと良いでしょう。エンディングノートがあればそこに書かれていることに従いましょう。

それでは実際の葬儀の内容例についてお伝え致します。無宗教葬は自由葬でもありますから全く宗教色を出さずに葬儀を執り行うことは勿論のこと、一部分のみに宗教色を出すことも故人や遺族の意向次第では自由ですし可能です。僧侶と連絡を取り無宗教葬であることを告げた上で受諾して貰うことができれば火葬の際などに読経を依頼することもできます。この様に無宗教葬には何ら縛りがなくどのようなスタイルでも実現させられることが利点です。近年の葬儀のあり方について理解を示す僧侶も少なくありませんから、斬新な演出を元にしながらも従来のお葬式らしさを出すこともできるので年代を問わず選択肢として挙げられます。
また、無宗教の葬儀の中で故人が好きだった音楽と共に葬儀を執り行うというのもよく行われる内容のひとつです。ただ音楽をかけるだけでなく、バンドの生演奏や楽器の合奏などをするのも良いでしょう。ただし参列者の中に楽器を演奏できる方がいれば問題はありませんが、そうでない場合には手配が必要になりますし、合唱の場合は歌詞カードを配る準備をしておく必要がありますから事前の確認や準備は怠らないようにしましょう。
他にも「その人らしさ」をより一層演出できる方法として、思い出の写真や画像をまとめたスライドや動画などを見ながら故人の思い出を語るのも良いでしょう。故人と交流が深かった方は参列者に故人との思い出などを語る機会となりますし、遺族や親族の方々が知らなかった故人の一面を知る大切な時間にもなるでしょう。スライドや動画を作るのが得意な方が身近にいれば良いですが、そうした方がいらっしゃらない場合には業者などに依頼する必要があります。近年では無料のスマホアプリなどで簡単に動画を作成することも可能ですから、ご自身の都合や時間に合わせて方法を選ぶようにすると良いでしょう。また、動画やスライドショーだけではなく、故人が打ち込んでいた趣味があればそれに関係した品々を展示するのも良いでしょう。実際に展示するのが難しい場合には思い出の品にまつわる写真を展示すると参列者同士で故人を偲べます。
様々な葬儀の演出内容をご紹介致しましたが、これらはあくまでも一例にすぎません。故人様をより偲び、その人らしさを最大限に引き出せるのは故人様と深く関わってきた遺族の皆様を始めとする関係者の皆様です。また、遺族や親族の方々の中には故人様が亡くなったばかりで気持ちを整理できていない方がいる場合も考えられます。その場合には上記で挙げたような故人ゆかりの演出を辛く感じる場合もあるかもしれません。予め遺族や親族の方々の許可を得る心遣いも必要となります。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。