宗教

葬儀では、会場正面に祭壇を設けることが一般的です。かつては仏式の白木祭壇というものが一般的でしたが、近年では花祭壇などが普及し実際に選択する方が増えています。先に挙げた祭壇以外にも種類があり、その種類は多く存在している上に故人様の遺志や宗教ごとの特性もある為短期間で選ぶのは難しい場合も考えられます。そこで祭壇の基本的な知識に加え選び方まで解説します。
今回の記事では、祭壇の種類や選び方について詳しくご紹介致します。

祭壇とは

白木

祭壇という言葉は、葬儀を執り行う際などに実際に見聞きしたことがある方も多いかと思いますが、意味や役割まで理解している方はそう多くはないかもしれません。祭壇にはいくつか種類があり、実は葬儀で使用するもの以外にも祭壇と呼ぶものがあります。まずは祭壇に関する基礎知識をお伝えいたします。
祭壇と聞くと葬儀会場に設置しているものをイメージする方が多いかもしれません。ですが、葬儀以外で使用する常設の祭壇もあり、それぞれの違いは以下の通りになります。

祭壇の違い
常設の祭壇:寺院にある御本尊を安置する壇・家庭に置いている仏壇
仮設の祭壇:葬儀から四十九日まで遺骨を安置するもの

今回の記事でご紹介するのは、葬儀で使用する仮設の祭壇です。それでは、祭壇の本来の意味や現代の役割についてもご紹介致します。祭壇は亡くなった方の為のお供え物を置く台です。土葬していた当時は埋葬の際に棺を置いて祀り、儀式で使用する物を並べていたといわれています。現代では物を置くという役割だけでなく、故人様を弔うために使用し、故人様そのものを表すものというまで発展しました。故人様が好むような装飾にしたり、会場の大きさに合わせ見栄えの良いものにしたりするといった個性豊かでオリジナリティあふれる祭壇を使用するケースも少なくありません。

葬儀の祭壇の種類

祭壇

祭壇は葬儀の際に中央の一番目立つ場所に配置します。また、祭壇の種類は仏式・神式・キリスト教で用いられるものといったように宗教ごとの祭壇、花を多く使用した祭壇など様々です。宗教観に影響されるものでもあるため、適切な祭壇を選べるよう知識を深めておきましょう。

白木祭壇(仏式祭壇)
白木祭壇はその名のとおり白木で作られた祭壇で、遺影と白い生花がよく目立つ配置で一番奥の上部の飾りである輿(こし)と段で構成されています。土葬をしていた時代には故人を野辺送りする際には白木の輿で運んでいました。時代と共にその形式が変化し白木祭壇になったともいわれています。仏教の多くの宗派で一般的に使われることが多い祭壇といえ、シンプルな見た目ですが、厳粛な雰囲気を感じられる美しさがあります。また、白木には「汚れがない・新しい」という印象があることも好まれる理由のひとつでしょう。
装飾品:輿・位牌台・遺影台・供物台・灯籠・生花・葬儀用品
費用は祭壇の規模により大幅に変動し、葬儀会社などから借りるケースが多いと認識しておきましょう。相場の目安は概ね20万円から120万円程度です。
日蓮正宗祭壇
日連正宗の祭壇は菩提寺の本尊が安置され、花を飾らず樒が飾られる点が大きな特徴的といえるでしょう。日連正宗では花の美しさは長く続かず生命力に乏しいと考えられています。一方で樒はその特徴的な香りは邪気を払うともいわれており、花と比較すると長い間枯れることがなくそこから永遠の命をみるという思想もあるようです。
費用は小規模であれば概ね30万円前後程度が相場とされています。
友人葬祭壇
創価学会の葬儀は遺族や参列者が故人を送る真心を大切にするという意味を込めて友人葬と名付けられました。創価学会に属する方の葬儀に設けられるのが友人葬祭壇です。祭壇の上段には厨子を置いて本尊を安置します。本尊に供える植物が樒であるため、祭壇にも樒が多く使われますが花で飾っても問題はありません。
費用の相場目安は概ね20万円以上が大まかな相場となります。
神式祭壇
神道でも仏教同様に白木を使った祭壇が大半ですが、その形が異なります。また仏教では生花で飾るのが一般的なのことに対し、神式で飾るのは三種の神器のレプリカや神饌物です。祭壇の上段には鏡が置かれ、左右の両脇には刀と勾玉を五色旗に吊るして配置します。お供え物や遺影といった葬儀を執り行う際に必要なものは仏教と同じように飾ります。
三種の神器:八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)
装飾品:三種の神器・五色旗・三方・ぼんぼり・霊璽(れいじ)・しめ縄と紙垂
費用の相場目安は概ね30万円以上が大まかな相場となります。
キリスト教祭壇
キリスト教徒が故人を送り出す際に葬儀の多くは教会で行います。しかし葬儀会場を使用することも可能です。教会では常設されている祭壇の中央最上部に十字架を飾り、その周りに生花を供え、両脇にろうそくをとものが特徴です。葬儀会場を利用する場合にも十字架を掲げ教会と同様に花やろうそくを飾ります。また、キリスト教にはカトリックとプロテスタントなど宗派があり、宗派による違いもありますので疑問があれば教会や葬儀会社に相談しましょう。
装飾品:十字架・ろうそく・白い花
費用の相場目安は概ね20万円から80万円程度が相場となります。
花祭壇
祭壇を生花や造花で飾るのが花祭壇です。特定の宗教に属さない無宗教の方は白木祭壇の他に花祭壇を選ぶ方が多くいらっしゃいます。植物の種類には明確なルールがなく、故人様の好きな花や好きだった色の花々に加え遺族の方々の意向も反映しやすい点も大きな特徴です。生花でも白木祭壇と同額程度もしくは安価になるケースもあるため予算を抑えたい方にも選ばれています。
費用の相場目安は概ね30万円前後程度が相場となりますが、花の種類や量などに併せて価格も変動することを把握しておきましょう。

上記で挙げた祭壇以外にも、飾りが少なくシンプルで落ち着いた印象の祭壇であるモダン祭壇や故人様の趣味や趣向に合わせたものを飾る祭壇であるオリジナル祭壇、白木祭壇に花祭壇の要素を盛り込んだ飾り付けをした祭壇である折衷祭壇、中にはキャンドルを飾り幻想的な雰囲気を味わえる祭壇であるキャンドル祭壇といったようなものもあるように、祭壇には厳格な決まりはないため自由に選ぶことが可能です。祭壇を設置しないシンプルな葬儀を執り行うことも可能です。

祭壇の選び方

モダン祭壇

会場に設置する祭壇を選ぶ際には参列者数から規模を予測したり予算に収めたりといった計画性が重要です。葬儀の規模や宗派などいくつかの視点から祭壇選びの基準をご紹介致します。

祭壇選びの基準
葬儀の規模に合わせる:広い会場に小さな祭壇だと寂しい印象になってしまいますから、葬儀の規模が大きい場合は遠くからでも見えるように大きな祭壇を選ぶと良いでしょう。一方、家族や限られた友人のみで執り行う小規模な葬儀には大きな祭壇はバランスがよくありません。会場や葬儀の規模に合わせた祭壇を選ぶのがベストです。
宗教に合わせる:宗教の考え方が大きく影響する葬儀において、故人や遺族が信仰する宗教は祭壇選びでも重要な判断基準です。同じ白木素材であっても仏式と神式では形が異なります。迷うことがあれば葬儀会社や菩提寺・教会などに相談するとよいでしょう。
故人様の好みに合わせる:祭壇に関する話し合いを生前にしていた場合は故人の望みを叶えられるものを選ぶと良いでしょう。花祭壇は飾る花の種類などの希望を反映しやすいといえます。生前から葬儀の事前相談で希望や予算を伝えて決めておくこともおすすめです。
予算に合わせる:宗教を問わず、祭壇を設置すると数十万円の費用を要する場合が多いです。規模によっては100万円以上になる場合もある為予算を考慮することも重要です。葬儀にかかる費用は祭壇だけではありませんから、会場や棺などといった他の要素とのバランスを考慮しながら葬儀全体の予算を考えましょう。葬儀後に行う法要など儀式の予算にも目を向けられるとより一層安心です。

実際には宗教ごとによってある程度ルール化されている祭壇に対し、自由度の高い花祭壇の需要が高まってきています。祭壇選びに迷っている方は宗教を選ばず希望も叶えやすい花祭壇の特徴を知っておくと良いでしょう。花祭壇が注目される理由として一番大きな理由は細かいルールが設けられていない点です。イメージ通りの祭壇を具現化しやすく、祭壇の色やデザインにも決まりがない為カラフルに彩って華やかな空間にできるという利点があります。また、近年では特定の宗教に属さない方が増えていることも花祭壇が注目を集めている理由のひとつでしょう。

アクセル社では実際に葬儀施行事例もご紹介しております。花祭壇を使用した事例もございますので是非下記のリンク先の記事をご覧になってくださいね。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。