神道と仏教では儀式の種類や内容は勿論の事、マナーも異なります。とくに法事にあたる「神事」は仏教の法事に比べて参列する機会も少ないため、詳しい内容をご存知ない方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、神式の法要(神事)について詳しくご紹介致します。

神道の法事「神事」とは

神道

まず初めに、法要という言葉は仏教用語であり故人が極楽浄土に行くための儀式または仏の教えを聞くための場を意味する為、神式(神道)では本来使いません。しかし故人を偲ぶ想いというのは共通して言えるものです。この記事では、法要に当たる神式の儀式「神事」とは何かどのような種類があるのかご紹介致します。

神式で法要に当たる儀式は「霊祭(れいさい)」と「式年祭(しきねんさい)」です。いずれも、故人の魂を祭るために執り行われます。神式の儀式は、自宅または墓前・葬祭会場などで行うのが一般的です。この点は、寺院で法要を行う仏式との大きな違いと言えるでしょう。神式では故人が氏神となって子孫を守るという死生観があるため、家主体で儀式を行います。加えて、死を忌むべきものとする考え方もあって、神社で行うことは基本的にありません。なお神式の儀式は、かつては墓前で執り行われていましたが現在は自宅や葬祭会場で行うのも一般的になりました。

霊祭
霊祭(れいさい・たままつり)は、狭義の意味では命日から一年未満に執り行われる儀式の総称です。また、広義の意味では節目ごとの神式の儀式すべてを含みます。
霊祭は、御霊祭(みたままつり)・墓前祭(ぼぜんさい)・祖霊祭(それいさい)とも呼ばれます。墓前祭と呼ばれているのは、神式では火葬後すぐに遺骨を墓地に埋葬するのが一般的であるからです。霊祭には亡くなった次の日に行われる「翌日祭(よくじつさい)」、仏式の初七日法要に当たる十日祭、四十九日法要に当たる五十日祭などがあります。
式年祭
式年祭(しきねんさい)とは、命日から一年以上経過した後に執り行われる儀式の総称です。命日から一年後の一年祭、三年後の三年祭などといった様に年単位の周期で実施されます。
なお、広義の意味で式年祭は霊祭に含まれる儀式のひとつです。また、神社で一定の周期で実施される祭祀(さいし)のことも式年祭と呼ばれています。

神事の種類

神式

神式の儀式も仏教の法要と同じく、命日を起点にして各種の儀式が行われる日程が決まります。親しい親族であれば、これらに参列する機会も多くなるため、事前に内容とスケジュールを把握しておくと良いでしょう。ここでは、霊祭・式年祭の各儀式の特徴と実施される時期を解説します。

霊祭の一覧
翌日祭……葬式を無事に執り行ったことを報告する儀式
十日祭……仏式の初七日に相当・神職を招いて儀式を行う
二十日祭…家族のみで行うか省略することが一般的
三十日祭…家族のみで行うか省略することが一般的
四十日祭…家族のみで行うか省略することが一般的
五十日祭…仏式の四十九日に相当・忌明けになる重要な儀式。神職を招き神棚・祖霊舎の白い紙をはがす「清祓いの儀」を執り行う
合祀祭……故人を祖霊舎に移す儀式。家の神々として祖霊と合祀される意味がある。五十日祭と一緒に執り行われるか、省略されることが多い
百日祭……家族のみで行うか省略することが一般的

命日から1年後に行われる儀式は式年祭と呼ばれます。式年祭の種類と特徴は以下のとおりです。

式年祭の一覧
一年祭……仏式の年忌法要に相当・神官を招いて祭詞を奏上してもらう。親族や友人・知人を招くことが多い
三年祭……神官を招いて祭詞を奏上してもらう。親族や友人・知人を招くことが多い
五年祭……身内だけで行うことが一般的。神官を招いて祭詞を奏上してもらう
十年祭……身内だけで行うことが一般的。以後、10年ごとに百年祭まである
五十年祭…式年祭を続けていた場合は、五十年祭で弔い上げとして終了することが多い。身内だけで行うことが一般的

霊祭や式年祭の実施時期は以下のとおりです。

霊祭や式年祭の数え方
種類………実施時期(命日を1日目とする)
翌日祭……2日目
十日祭……10日目
二十日祭…20日目
三十日祭…30日目
四十日祭…40日目
五十日祭…50日目
合祀祭……50~100日目(五十日祭と一緒に行うことが多い)
百日祭……100日目
一年祭……1年後
三年祭……3年後

注意が必要なのは式年祭です。仏式の法要の場合、一周忌は命日から一年後・三回忌は二年後に執り行われます。神式の三年祭からは時期が一年ずれる為、混同してしまわないように注意しましょう。

神事の注意点について

榊

仏式の法事と変わらない点もありますが、神式独自のマナーなども存在するため十分注意しておく必要があります。まず基本的なマナーとしては、神式の法事にあたる神事や霊祭でも、仏式と同じように料理が準備されます。そのため、案内状には必ず返信するようにして代理出席の場合も事前に連絡をしておきましょう。神式では「他界」「冥福」「成仏」「供養」「往生」などといった言葉は禁句です。また、数珠も不要となり、拝礼の際の基本は「二拝二拍手一拝」となっています。
また、神事や霊祭での服装は別段変わったものは必要ありません。仏式の場合と同じように喪服を着用します。男性は黒のスーツに白シャツ、女性は黒のスーツやワンピースが一般的です。靴下やバック、小物などは喪服と同じように黒で合わせ、派手なアクセサリーや小物は控えましょう。結婚指輪以外のアクセサリーは着用しないのが無難です。案内状に平服参列の旨がある際は、落ち着いた色のスーツやワンピースで大丈夫です。

神事にはいくつか独自の儀式が存在します。代表的な儀式の概要をまとめましたので、以下で確認してください。

神式独自の儀式
神棚封じ……神棚や祖霊舎を閉じて白い紙を貼る儀式
祝詞奏上……神職が神に対する言葉を申し上げること
玉串奉奠……仏式の焼香に当たる行為
榊……………の木の枝に紙を付けた「玉串(たまぐし)」を神に捧げる
清祓いの儀…神棚封じで貼った白い紙を、五十日祭当時または翌日にはがすこと
直来…………儀式の後に、神棚から供え物をおろし、出席者で会食すること
献饌…………故人のためにお供え物をすること

また、先にもお伝えしました拝礼の際の基本の「二拝二拍手一拝」ですが、方法を以下に記載いたしました。

二拝二拍手一拝の方法
深く2回礼
柏手を2回打つ
深く1礼

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。