お通夜に参列する際には服装や香典など参列マナーが様々あり、気にしなければならない事が沢山あります。また、通夜は急な連絡を受ける場合が殆どですから、仕事の都合などで開始時間に間に合わうのか等といった不安を感じる方も多いのではないでしょうか。
今回の記事では、お通夜の参列マナーについて詳しくご紹介致します。

通夜の流れについて

焼香

通夜とは、地域にもよりますが一般的に葬儀の1日目に執り行わなれ、家族・親族・友人など生前故人と親しかった方々が故人様を見守りながら別れをしのび、最期の夜を過ごす儀式です。従来は遺族などが夜通し線香と蝋燭の火を絶やさないように故人様を見守り続けるのが一般的で、これが「通夜」という言葉の由来だといわれています。近年は防災上の観点により実際に夜通し通夜を執り行う機会が減り、夜のうちに終了する「半通夜」を執り行うことが増えてきている傾向にあります。
通夜への参列に備え通夜の流れを把握しておくことも大切です。

通夜の流れ
参列者の受付
僧侶の入場
僧侶による読経
遺族・参列者による焼香
僧侶の退場
喪主による挨拶
通夜ぶるまい

通夜ぶるまいの後は、喪主が時間を見計らって締めの挨拶をして参列者が退出します。遺族だけになった部屋ではロウソクと線香の火を絶やさないように亡くなった人を見守りながら最後の夜を共にする時間が訪れます。先に述べた通り、近年では防災上の観点から火を灯し夜通し見守るといった本来の通夜を執り行わないというケースが増えてきています。万が一夜通し見守る場合には、翌日に葬儀も控えているので交代制で見守ったり、体力が残っている遺族が率先して行うようにすると良いでしょう。

通夜の開始時間については18時~19時に開催されるのが一般的ですが、様々な要因によって時間が前後する場合もありますので一概にこの時間と言い切ることは出来ません。通夜の集合時間は、参列者の場合は30分前ほど前、喪主や遺族の場合は1時間~1時間半ほど前が目安になります。
また時代の流れと共に生活形式が変化してきているため、通夜の開始時間を参列者の都合にあわせるケースも増えています。故人の会社関係の人は仕事の都合で葬儀に参列できないことがあり、葬儀の代わりに通夜に参列する場合もあるため最近では葬儀よりも通夜の参列者が多い傾向にあるともいわれています。

通夜に遅刻した場合について

遅刻

通夜の開始時間に仕事の都合などで間に合わないなどの状況になってしまった場合など、その状況のまま参列しても失礼にあたらないのかと不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。通夜は、亡くなった人を見守りながら最後の夜を共に過ごす大切な時間ですから、可能な限りは遅刻しないように心がけることが大切と言えますが、万が一という場合に備えここからは通夜に遅刻した際の対応についてご紹介致します。

通常、通夜は遺族や親族を中心に執り行われることが多いため、20分~30分ほどの遅刻であれば受付にも担当者がいるため可能な限り急いで駆けつければ許容範囲でしょう。この様に1時間以内の遅刻の場合は通夜が進行されている場合が多いので担当者の案内に従い焼香を行うこともできますが、2時間以上の大幅な遅刻が想定される場合は通夜が終了している可能性が考えられるため、あらかじめ連絡し遺族の都合を確認することが大切です。通夜が終了した後は遺族といった故人と近しい人しか残っておらず、翌日の葬儀に備えた準備を執り行っている場合も想定されます。そのため、故人とよほど親交が深くない限りは遅い時間に訪れるのは避けた方がよいでしょう。

通夜に限らず、最低限のマナーとして定められた時間までに到着するのが当然だといえますが、仕事の都合や遠方から駆けつけるといったような理由でどうしても間に合わないケースも出てきてしまう事もあることでしょう。通夜に遅れた場合には喪主や遺族にお詫びと弔意を伝え、香典を直接喪主に渡すようにしましょう。お詫びと弔意は長々と伝えるのではなく、遅刻した理由は排除し簡潔に伝えることが大切です。香典を渡すタイミングを逃した場合は翌日の葬儀、または後日改めて喪主の自宅を訪れて渡します。なお、第三者に香典を預けるとトラブルに発展する可能性があるため避けるようにしましょう。

参列時のマナー

喪服

通夜に参列する際は「取り急ぎ駆けつける」という意味から、地味な色合いの服装であれば良いともいわれていますが通常は喪服を着用した方が無難と言えます。

男性であれば略礼服であるブラックスーツやブラックフォーマルが好ましいでしょう。生地は黒で光沢素材でないものを選び上着はシングル・ダブルどちらでも構いませんが、パンツは裾がシングルのものを着用し、ベルトも黒無地でシンプルなデザインを着用します。大きく目立つバックルやクロコなどのデザインはマナー違反です。ワイシャツについては白無地のレギュラーカラーが一般的です。色柄物やボタンダウンのシャツは避け、ネクタイは黒無地で光沢素材でないものを選び、結ぶ際はくぼみを作らないよう注意してください。髪型や髭についてはビジネスで通用する形式であれば基本的に問題ありません。靴については原則紐で結ぶタイプの黒の革靴でエナメルやスエード素材は避け、金具なしのシンプルなものが良いとされています。また、靴下については黒の無地で白や柄物は避けましょう。
続いて女性の場合についてですが、略礼服であるブラックスーツやブラックフォーマルが好ましいでしょう。パンツやワンピース・アンサンブルのスタイルが基本で、夏場であってもトップスの袖丈は長袖から5分袖・スカート丈は膝からふくらはぎ丈が上品に見えます。露出の高いデザインは避け、殺生をイメージさせるものはコートや小物類であってもマナー違反です。アクセサリー類については真珠のものか結婚指輪のみ着用が可能で、ネックレスやイヤリングは真珠が定番で連が重なるものや大きいものは控えましょう。お悔やみにふさわしい清潔感があり、華美にならない髪型にするのがマナーです。髪の毛をたらす様なハーフアップはお洒落な印象を与えるので長さがある場合は耳よりも下の位置で1つにまとめます。髪をまとめるゴムやピなどは黒で統一しましょう。ストッキングについては黒の薄手のストッキング(30デニール以下)が基本です。靴はシンプルな黒のパンプスで、布または革素材が好ましいです。高いヒールのものやエナメル素材、素足の見えるミュールやサンダルはマナー違反となります。
子供の場合は学生であれば男女ともに学校の制服を喪服代わりに着用します。制服がない場合は、黒や紺・グレーといった服装を着用します。良識の範囲内のデザインを親が判断してあげると良いでしょう。

続いて香典のマナーについてですが、故人との関係性や年齢によって相場は変化します。ここからは簡潔に一般的な相場の目安をお伝え致しますので参考にして下さい。
まずは故人が友人や知人の場合の香典の相場ですが、約5,000円から10,000円程度が相場となります。一般的には故人との付き合いの度合いに合わせて香典に包む金額を決めことが多いようです。故人を偲ぶ気持ちが強いあまり高額な金額を包む方もいますが、かえって遺族に気を遣わせる結果になるため注意が必要です。
会社関係の人の香典の相場についても一般的には約5,000円から10,000円程度が相場といわれています。ただし、上司や部下などの故人との関係性や会社での役職に応じて金額が変化するので気を付けましょう。会社関係のお通夜の際は有志を募って連名で香典を出す場合もあるため、周囲からの情報を事前に確認しておきましょう。
親族・親戚の場合は血縁関係が深くなるほど、相場も高くなる傾向があります。兄弟・姉妹であれば約30,000円から50,000円程度、祖父母であれば約10,000円から50,000円程度、叔父・叔母であれば約10,000円から30,000円程度、従兄弟であれば約3,000円から10,000円程度、そのほかの親戚の場合は約3,000円から30,000円程度が相場とされています。血縁関係の濃さではなく親戚付き合いが深いほど高額になると覚えておきましょう。親族や親戚関係への香典は今後の親戚付き合いにも大きく影響が出てくる可能性がありますんどえ、特に故人と付き合いが深かった場合は故人を偲ぶ気持ちを金額に反映させることもマナーといえるでしょう。

親しい間柄の方が亡くなった場合、お通夜の出席だけでなく葬儀や告別式に出席する機会もあるでしょう。その際に悩むのがその都度香典を出すのか、費用が変わるのかということです。結論から申し上げますと、香典を持参するのはどちらか1回だけで大丈夫です。香典を2回渡すことは「不幸が重なる」とされている為マナー違反とされています。ただし香典を渡さないからといって受付をしなくても良いというわけではなく、受付にて香典を渡す・渡した旨を伝えれば問題はありません。複数回出席する場合でも受付で芳名を行うことを忘れないようにしましょう。
お通夜と葬儀の両方参列する場合の香典を渡すタイミングについてですが、基本的に香典はお通夜・葬儀のどちらで渡しても問題ありませんがお通夜で渡す方が多いといわれています。ただし、西日本では葬儀に参列する際に香典を持参する方が多く、地域ごとに習慣が異なりますので迷う場合は周囲の方や葬儀社に相談しましょう。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。