お布施を渡す際、どれ程度の金額を包むのが正解なのか悩む方が実際に多いようです。実際にお布施をいくら用意すれば良いのかお伺いしても「お気持ちで」と言われることも少なくありません。
今回の記事では、お布施の相場やマナーについて詳しくご紹介致します。

お布施とは

金額

近年ではお布施は読経や戒名を授与していただいた際にお渡しする謝礼としての一面が強くなっています。そのため、葬儀や法要の際に寺院に納めるものといった認識をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思います。
仏教の教えでは修行によって悟りの世界へと導かれるとされています。その修行には六分野あるといわれ、六分野の中のひとつが「布施」なのです。布施という修業は他人に対し見返りを求めることなく何かしらの施しをするという修行で、施しには金銭の援助だけでなく知恵を授けることであったり、何かしらの行為で援助する行為を指したりもします。近年ではお坊さんに供養の手助けをしていただいたことへの感謝の気持ちとして包む金銭を「お布施」と認識するのが一般的ですが、葬儀や法要で寺院に納めるお布施はこの修行の考えに基づいたもので、本来は読経や戒名への対価として支払う金銭ではありません。

葬儀後であっても四十九日をはじめ、一周忌・三回忌といった法要を営むケースが一般的ですので、故人が亡くなったその時だけの関わりではなく寺院とは何十年とお付き合いが続きます。寺院に墓がある場合には法要のない期間も墓を守り定期的に読経をあげ手厚い供養を続けてくれているものです。こうした勤めに対し感謝を金銭というかたちで表す一方で、遺族(檀家)は寺院へのお布施を通して修行を積めるとされているのです。お布施は寺院と遺族をつなぎ、共に故人を供養していく上でも大切なものだといえるでしょう。

お話した通り、葬儀の際とその後の年忌法要などでもお寺と関わっていくことになりますが、その都度お布施の金額は異なります。妥当な金額を知りたい場合であっても、僧侶によっては「お気持ちで」との答えしかいただけない場合もあるかもしれません。ここから先はお布施の金額を決める場合にはどうしたらよいのかをご紹介致します。

お布施の決め方について

お坊さん

お布施の金額について寺院に問い合わせてみると、実際に「お気持ちで」といわれることも少なくありません。施主としてお布施を用意する立場になった際に、葬儀や法要について詳しくなかったり、経験がなかったりすると困ってしまうことが想定されます。お気持ちといっても実際にはある程度の目安が存在します。想像する金額は人それぞれ価値観が異なるため、分からない場合には、ご自分だけで判断するということはせずに親族や同じ檀家の方にアドバイスをもらうなどして調べてみましょう。宗派や地域によってもお布施の目安は異なるものですので身近な方々に聞くと安心です。
そういった方法をとっても、どうしても分からない場合にはお坊さんに直接尋ねてみるのもひとつの手です。単刀直入に聞くのは、はばかられるかも知れませんがはっきりとした金額の目安を答えてくださるお坊さんもいます。「お気持ちで」と言われた後であっても「皆さんはどれくらい包まれているでしょうか」などと伺い「いくら用意する」といった直接的な表現は避けましょう。

かなり稀なケースと言えますが、お布施が目安より極端に少なかった場合には寺院から「お布施が少ない」と言われてしまうもあるかもしれません。一般的には地域差や世代の差で起こりやすいと言われているトラブルですが、実際に寺院からお布施が少ないと言われてしまった場合にどうしたらよいのかについてご紹介致します。
お布施が寺院の考えているより少なかったとしても、直接施主や喪主に「お布施が好きない!」と言うことはほとんど無いといっても良いでしょう。お布施の金額は寺院が決めるのではなく、あくまでも納める側が決めることだからです。入れ忘れたなど明らかなミスである場合には確認が入ります。位の高い戒名を授かっていたり、常識からあまりにもかけ離れていたりするとお坊さんからたしなめられることもあるでしょう。特に、戒名は夫婦で位を合わせるため妻が高い位の戒名を授けていただいたら夫のときも同じ位とするのが一般的で、お布施の目安もそれに見合った額を包みます。
お布施を納めた後に、目安から大幅に少なかったことが分かった場合には改めて包んでお渡しするのがよいでしょう。例えばその地域の目安が20万円だとして3万円しか包んでいなかった場合などは、改めてお布施を包みます。お布施は本来であれば修行として金品などを施す行為とお伝えした通り、葬儀や法要の際だけものではないのでいつでも納められると覚えておきましょう。お寺とは数十年間続くお付き合いになるため、遺族が後ろめたさや失礼に当たると感じることは避け真摯な対応を心がけましょう。

あまりにも高額なお布施を要求された、経済的な負担が大きすぎるなど遺族と寺院の認識が大きくかけ離れている場合は、寺院を変えることも選択肢としてあります。ただし檀那寺の変更を検討する前に、寺院が目安とする金額に妥当性があるかを見極めなければなりません。
お布施は納める額が決まっていない分、お布施が高いというだけで寺院を変えるという選択を安易に選ぶのは危険な行為とも言えます。お布施の金額に困ったら、周囲の方々や葬儀社といったお布施事情に詳しい人に相談してみましょう。

お布施の相場について

葬儀

一言にお布施といっても、包むタイミングによって金額の目安は異なります。一般的には葬儀では通夜から告別式までを一括でお布施とするため多く包む傾向です。一方法要では一周忌・三回忌と法要を重ねるごとにお布施の目安金額が変わることもあります。

一般葬や家族葬において僧侶を呼ぶ場合、お通夜から火葬までに読経が複数回あり、戒名もつけていただくという流れが一般的です。これに対する感謝のしるしとして用意するお布施の目安は地域差が非常に大きく、また戒名の位によっても相場が変わります。約30万円から70万円程度で納めるのが一般的と考えておきましょう。
また、初七日を葬儀の日に繰り上げて執り行うことも多く、その分も上乗せして一緒にお渡しする場合もあります。

法要の一般的なお布施の目安としては四十九日・一周忌法要では3万円から10万円のお布施を包み、三回忌以降の法要では1万円から5万円を包んでお渡しするのが一般的です。納骨の有無によって用意したいお布施の目安も変わり、月命日や彼岸に読経をお願いするなら5,000円から1万円程度を納めるとよいとされています。ここまでにお伝えした相場や目安は地域や宗派・個人の考え方で大きく異なりますので、あくまでも「目安として」捉えてください。

また、お布施のほかに、喪主や親族が送迎する場合は不要ですがお坊さんに足を運んでいただく場合には「お車代」が別途必要になります。法要後に会食を設ける際、お坊さんが参加しないときには「御膳料」を別途用意する必要があります。どちらもお布施とは別の白い封筒にそれぞれ「お車代」または「御膳料」と記しお渡しします。事前に必要であると分かっていればお布施と一緒にお渡ししてもよいでしょう。その際も封筒は別に準備をします。

ここまでお布施などについてあくまで金銭的に目安や相場をお伝えしてきましたが。お布施は金銭でなければならないのでしょうか?先にも本来であればお布施は「金銭の援助だけでなく知恵を授けることであったり、何かしらの行為で援助する行為を指す」とお伝えしましたので、そのような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
実際に、昔は持っている米や反物・骨とう品などといったその当時貴重だった品々もお布施として納められていました。近年では財施として金銭を納めるようになりましたが、これらは僧侶のものになるわけではなく寺院の修繕費や運営費に充てられるお金であり、「現金以外のものを納めるのは現在において一般的ではありません。」
どうしても何か品物を納めたいという場合には、お布施とは別に菓子折りなどを添えて感謝の気持ちを表すとよいでしょう。本堂で使う家具や仏具をお布施として納めることもあるようです。

近年では直葬を選ぶ方も増えてきました。直葬は火葬式とも言われ、葬儀を執り行わずに火葬のみを執り行う送り方です。お坊さんに依頼して炉前法要をする場合と何もしないで火葬のみを済ませる場合とあります。火葬場でお坊さんに読経をしていただく炉前法要をする場合はお布施が必要です。通常の葬儀とは違い火葬場での読経のみになるので、金額の目安は一般葬や家族葬に比べると少なくなる傾向にありますが、戒名を授与していただく場合はその分をプラスして包むことも覚えておきましょう。

葬儀におけるお布施に大きく影響を及ぼすのが戒名でしょう。戒名とは故人がお坊さんにつけていただく死後の名前のことで、戒名は読経の都度呼んでいただき、位牌やお墓の卒塔婆にも刻まれます。戒名には位があり、その位の高さによってお布施の目安も変わります。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。