近年では着物を着る機会が昔と比較すると少なくなってきている背景から、葬儀の場面であっても洋装で参列する方が多い傾向にあります実際に、普段全く和服を着ない方がいきなり葬儀で和装の喪服を着用するには知識があまりなかったり、わからないことも多いのではないでしょうか。
今回の記事では、葬儀で和装を着用する場合のマナーについて詳しくご紹介致します。

喪服の知識

喪服

まず初めに葬儀で着物を着る際に知っておきたい事柄についていくつかお伝え致します。
喪服には洋装・和装を問わず「第一礼装・準礼装・略礼装(正喪服・準喪服・略喪服)」といった格式があります。弔事の種類や立場によってふさわしいとされる格式は異なり、葬儀で着る着物というと一般的に思い浮かぶのは黒喪服かと思いますが、黒喪服以外にも異なった格式の着物があります。

かつては、慶弔を問わずほとんどの方(特に女性)が着物を着用していました。ですが、時代の流れと共に近年では殆どの方が洋装を着用する方が少なくなり和装を着用する方はごく小数となり、葬儀の場面において近年では基本的には故人の親近者が和服を着用するという流れになっています。故人の親近者というのは具体的に言うと、喪主や喪主の妻・故人の配偶者・故人の子供などのいわば葬儀を主催する側の方々を指します。喪主と言えば着物というイメージが強いかもしれませんが、和装・洋装ともに正装・略装がありますから、喪主の立場であっても正装であれば実際は洋装でもかまわないのです。しかし、喪主=着物といったイメージが強い様に、和装のほうが正式で洋装は簡略化されたものというイメージを持たれる方が多いのも事実です。
また、現代では葬儀での着物というと正装である黒喪服を指すのが一般的という点からも、着物の方が格が高いとされやすいのでしょう。一般会葬者は、主催者側である喪主や遺族よりも格式が高い喪服は着用しないのがマナーとされていますから着物のほうが正式だというイメージをお持ちの方からすると、喪主が洋装である場合に参列者が和装だと違和感を覚えるかもしれません。その様な点を踏まえて考えると主催者側の立場であれば黒喪服を着用しておく方が無難でしょう。

葬儀で着物を着る際のマナー

着物

始めにお伝えしたように喪服にも格式がありますので、着物の格について詳しくお伝え致します。

女性の場合、洋装の場合であればワンピースやツーピース、アンサンブル、またスカートの丈などで格式が決まりますが、和装の場合は着物の色と帯の色によって格が決まります。和装での第一礼装は葬儀や告別式での装いとなり、黒喪服に黒喪帯を締めます。次に略礼装は黒喪服に色喪帯を締めます。黒喪服以外にも喪にふさわしい色の色無地・江戸小紋を色喪服として用いる場合もあります。略礼装は親族であれば三回忌以降の法事・一般の参列者であれば通夜の席や法事などでの装いとなります。
喪服の格は着物と帯の組み合わせでも変わり、格の高い方から順に、黒喪服に黒喪帯・黒喪服に色喪帯・色喪服に黒喪帯・色喪服と色喪帯となります。
続いて、各着物や帯の種類を詳しくお伝え致します。まずは黒喪服ですが、染め抜き五つ紋付の黒喪服が最も格の高い正喪服とされています。ひとくちに黒といっても染色方法によって黒染めの風合いは異なり、様々な染色方法がありますがいずれにしても深みのある黒が好まれる傾向にあります。黒喪服を着用する場合には帯揚げ・帯締め・帯も黒を使用し、長襦袢と半襟・足袋は白を使用し、草履は布製の黒を用います。帯は通常であれば袋帯の方が格が高いのですが、喪の帯では名古屋帯が一般的です。袋帯は悲しみの場にはふさわしくないとする地域もあり、袋帯を着用する場合には不幸が重なるとされる二重太鼓をさけ、一重太鼓に結びます。帯の色については着物の格の項でも紹介したように黒喪帯がいちばん格上となり黒共帯とも呼ばれています。黒喪帯は、黒無地または雲取りや流水・紗綾形・法相華・有職紋様などの地紋が用いられています。略礼装で色無地や江戸小紋を喪服として着用する場合も必ず紋が入ったものにします。色無地は紋をつけることで紋のない訪問着や附下げよりも格が上になりますが、紋のない色無地ではおしゃれ着(小紋と同格)になってしまいますので、弔事にはふさわしくありません。
略礼装では、色喪帯が用いられ色共帯ともよばれています。白や鼠・紫などの地色に黒喪帯と同じく地紋が使われます。また色喪帯には、蓮華文・凡字文・般若心経文などの地紋も多いようです。喪の装いにおいては帯の色よりも着物の色を主として考えますから、黒喪服に色喪帯の組み合わせよりも、色喪服に黒喪帯の組み合わせの方が略式になります。
続いて家紋の有無についてですが、着物に入れる家紋の数は五つ紋・三つ紋・一つ紋の三通りがあります。家紋の数は多いほうが格が高くなりますので、第一礼装である黒喪服には必ず染め抜きの日向紋を五つ入れます。

続いて男性の和装での第一礼装は、黒羽二重の染め抜き五つ紋付きの長着と羽織に仙台平の袴をつけます。女性と違い男性の第一礼装は羽織・長着・袴とも慶弔で同様となります。しかし弔事では、羽織の紐は黒かグレー・半襟及び長襦袢は白または黒かグレーにし、帯は地味な色の角帯・足袋は黒か白・草履は畳表付で鼻緒の色は黒または白を用います。慶事には扇子を持ちますが弔事では必要ありません。

喪の装いは地方によっても異なりますから、地域の風習も大切に確認していかれると良いでしょう。

最後に、葬儀の喪服で着物を着る際のマナーについてお伝え致します。まず着物を着た際の髪型ですが基本は小さくまとめることがマナーです。葬儀ではお辞儀をする場面が多いので顔にかからない髪型がよいでしょう。ロングヘアーであれば低い位置でのアップ・セミロングなら耳にかけたり目立たないようにピンで留めるなどをして顔まわりをすっきりさせます。ショートヘアならそのままでかまいませんしアレンジは必要ありません。喪服を着た時の化粧は片化粧といわれる、薄化粧が原則です。派手にならないよう紅はささないのがマナーですが、顔色が悪く見える場合などは薄い色の口紅ならよいとされています。その際にはラメやグロスなど光沢のあるものは避けましょう。

着物のレンタルと白喪服

レンタル

かつては第一礼装の黒喪服と黒留袖は嫁入道具として用意するものでしたが、生活習慣の変わってきている現代ではこれらをお持ちでない方は少なくありません。男性においても同じことが言え、浴衣は持っていても着物は…という方も多いのではないでしょうか。それでは葬儀の着物をレンタルすることは可能なのでしょうか。近年では着物を着る機会そのものが減っています。更に着る機会が少なく、いつ着るかも予想がつかない和装喪服を持つことは合理的ではないとも言えますから葬儀といえども着物をレンタルすること自体には問題ありません。便利に利用できるレンタルショップが実店舗・ネット店舗共にたくさんあるのはそれだけ需要があるということです。中には出張着付けがセットでになっているところもありますし、それぞれの事情に合わせて上手に利用されるとよいでしょう。しかし、本来であれば着物は自身のサイズに合わせ仕立てたり、既製品であってもより自分の体形に合うようなサイズを選ぶものです。レンタルだと場合によっては自分には合わないサイズを着用せざるを得ない場合があるということを踏まえておきましょう。

ここからは余談となりますが、白い喪服についてお伝え致します。江戸から明治時代を描いた映像作品などでは白い喪服を目にすることがあります。近年でも歌舞伎役者の奥様が葬儀で白喪服を着用している様子が放送され話題になりましてね。現代の一般的な葬儀ではなかなか見かけることがない白喪服ですがこちらも正式なも形式なのです。日本における喪服の歴史は古く日本書紀や隋書倭国伝にも白い喪服の記述があるそうです。ところが718年に発令された養老喪葬令で「天皇は直系二親等以上の喪には墨染めの色を着る」と定められたのをきっかけに、平安時代になると貴族の間にも黒い喪服が浸透していきました。その後も様々な歴史をたどり明治維新を機に西洋の文化が取り入れられたことにより喪服は黒という現代の風習に続いています。夫亡き後も再婚しないという意味で嫁入りの際に白喪服を持たせる地域もあったようです。白喪服には亡くなった方の白装束に合わせる意味もありますが、未亡人が着る際には「再婚はしない」という決意の表明でもあるとされています。長い歴史の中で使われてきた白喪服は今でも正式な喪の衣装なのです。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。