近年、葬儀形式も様々なものが登場し多様性が生まれています。葬儀を執り行う際に「葬儀をする意味」について疑問を投げかけられることも少なくはありません。
今回の記事では、葬儀を執り行う意味について詳しくお伝え致します。

葬儀とは

お別れ

葬儀を執り行う意味についてお伝えする前に、まずは葬儀について理解を深めていきましょう。
葬儀とは一般的に故人の冥福を祈り、成仏祈願を行い親族や関係者が故人とお別れをする宗教的な儀式(宗教により異なる)で、通夜・葬式・告別式・火葬のことを総称した呼び方としても使用されます(厳密には仏教であれば僧侶による読経や焼香、神道であれば神官による祭詞や祈祷、キリスト教であれば聖書の朗読やお祈りなどが葬儀にあたります。)
葬儀は宗教観が強く反映され、地域の風習によってもその様式はさまざまです。

通夜とは、死者を葬る前に親族や関係者が集まり、遺体のそばで時間を過ごしたり供養したりすることを指します。元来、夜を通して行っていたので通夜という呼ばれ方をしていますが、現在では1時間~3時間で終わるものが主流です(半通夜)。通夜は、一般的に親しい人が故人と別れを惜しみつつ最期の夜を過ごしたりするための場です。葬儀・告別式に先立って行われ、故人と親しかった方々や仕事関係の方などが通夜式のみ参列するというケースも近年では多くなってきています。概ね18時~19時頃から始まり、参列者は焼香を行い故人の遺族が通夜振る舞いをして参列者をもてなすのが一般的です。

告別式とは、故人と最期のお別れをする式典のことです。焼香や玉串奉奠、祈祷、献花などが告別式にあたり、葬儀の直後に続けて行われることが一般的となっており、通夜と葬儀ほど儀式と儀式の間の明確な区切りはないため近年では、葬儀と言う場合にはその中に告別式という意味合いも含めて使われることが多くなっています。葬儀は宗教色が強い儀式になりますが、告別式は宗教儀式にあまりとらわれることなく、一般会葬者を含めて故人とお別れをする式典となります。

多様化する葬儀の種類

参列

時代の流れと共に葬儀の形式や葬儀に対する人々の考え方も多様化してきています。昔からある一般的な葬儀(一般葬)から家族葬・一日葬・直葬などといったいくつかの形式ができてきました。それぞれの葬儀の特徴を簡潔にご紹介致します。

一般葬
通夜・葬式・火葬と続くいわゆる昔からある一般的な葬儀です。
葬式の後に告別式を開き、友人や会社関係者といった縁のあった方々と故人がお別れをする場を作ります。
一般的に通夜の翌日に葬式と告別式を執り行い、火葬をするという流れです。
家族葬
一般葬の規模を小さくし家族や親族といったごく親しい間柄の方のみで執り行う葬儀です。
一般葬と比較するとゆっくりとしたお別れが可能となり、社会的な変化などの影響から近年人気を集めている葬儀形式です。
家族葬といっても一般葬と基本的な流れは同じで、喪主や故人の意向によっては友人や知人も会葬できます。
一日葬
通夜を省略し、一日で葬儀と告別式・火葬まで済ませる葬儀形式です。
流れは一般葬などと変わりませんが、それぞれの時間が短くなり連日で式を行わないため遺族の負担が軽減されます。
直葬(火葬式)
通夜、葬儀、告別式を全て省き、火葬のみ執り行う形式です。
死亡後24時間は火葬してはいけないと法律で定められていますので、葬儀社などの遺体安置施設で1日安置したのち火葬場へ運ばれます。
経済的など理由から選ばれることが多い形式でしたが、近年では社会的な変化や故人の希望で直葬を選ぶケースも増えてきています。

また、葬儀は宗教によって形式や死に対する捉え方も異なってきます。
仏教では人は亡くなると輪廻転生するという考えがありますが、神道では家の守護神になるとされ、キリスト教では神と共に永遠の生命を与えられるという概念を持ちます。こうした宗教による死生観の違いは葬儀のあり方にも表れています。

仏教
故人の冥福を祈りながらあの世へ送り出す儀式の後、故人が極楽浄土へ行けるように供養していきます。
葬儀は看取りに始まり・納棺・通夜と続き、葬式・告別式そして火葬というのが大きな流れです。
仏教といっても宗派がいくつもあり、少しずつ考え方も異なりますので確認しておくとよいでしょう。
※浄土真宗などは「往生即成仏」の考えを持つため、供養は行いません。
神道
神式では仏教でいう通夜式を「通夜祭」、葬儀・告別式を「葬場祭」といい、この一連の流れを「神葬祭」といいます。
神葬祭には人の死という不幸を祓い清め、日常に戻すという意味があります。
神道では死を「穢れ」とするため、神様の集まる神聖な場である神社で神葬祭を行うことはありません。
キリスト教
キリスト教では死は終わりではなく新たな始まりであり、祝福すべきものと捉えられています。
納棺・通夜・葬儀(ミサ)、告別式と仏教と流れは同じですが、死後は神のもとで永遠の命を授けられるという考えの元、お悔やみの言葉は用いません。
ミサは聖書を朗読し聖歌を歌うなど故人への祈りの場であり、告別式は家族や友人がスピーチをするなどお別れをする場です。

葬儀を執り行う意味

葬儀

時代の移り変わりと共に決まった形式の葬儀をしないことも増えてきました。葬儀をする意味について考えていくことで、納得のいく葬儀とは何かが分かるきっかけとなるかもしれません。

まず、葬儀は誰の為のものなのでしょうか。葬儀は故人の供養のために執り行うものというのが大前提ですが、遺族や親しい友人の心を癒す意味でも重要な役割を果たしています。葬儀を執り行うことで故人を悼み、遺された者たちで気持ちを共有しながら整理をつけます。故人の最期に際し何かをしてあげたいという思いを葬儀という儀式を通して実現させるのです。花を手向け、非日常体験といえる宗教儀式を通じ、棺に大切にしていたものを納めるなどして気持ちに区切りをつけていきます。故人の尊厳を尊重することが、遺族の心を慰め、整理し、死そのものを受け入れることにもつながるのです。

近年では「葬儀は意味がない・お金がかかるだけ」といった言葉も耳にする機会が多くなってきました。はたして本当に意味がないのでしょうか?先にお伝えした故人との別れに区切りを付ける過程に葬儀が必要不可欠であるという点の他にも、葬儀は関係者に死を知らせる「社会的な処置」や、子供や若い世代の方に生と死に向き合う機会を作る「教育的観点」からも葬儀は重要な過程と言えるのではないでしょうか。人の死は人生観に大きな変化を起こすこともあります。葬儀を通じて得られるものは悲しみや痛みだけではないといえるでしょう。
最期のお別れの儀式は二度とやり直しが利きません。家族や親族が納得できる形を選ぶことが大切です。高額なお金をかけなくても、葬儀を執り行うことは可能です。後々に親族間で不満が出たり後悔したりしないよう、しっかりとした話し合いを持ち葬儀に向き合えると良いでしょう。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。