遺影といえばリボンがかかっている印象を抱く方とそうでない方がいらっしゃるかと思います。どちらも間違いではなく、ある期間を過ぎると遺影のリボンは取り外されます。
今回の記事では、遺影のリボンについて詳しくご紹介致します。

遺影のリボンとは

喪章

遺影のリボンの起源は明治時代にまで遡るとされています。戦争も最中であった当時、死を覚悟して出征する軍人が出征前に写真を撮影し、遺影として残していくことが流行しました。実際に戦死してしまった軍人の葬儀ではこうして事前に撮影した遺影を使い弔われていました。その際、葬儀に参列した戦友が自ら付けていた喪章を外し、遺影にかけて故人との別れを悲しんだことが遺影のリボンの起源と言われています。

外す時期や処分方法について

遺影

遺影のリボンの起源は喪章を遺影にかけたことだいわてているとお伝えしましたが、言葉を替えると遺影にリボンをかけること自体に宗教的な意味合いは特にないということがいえます。遺族や友人が、故人への哀悼の意を表すところから生まれた習わしであり謂わば文化ですから、遺影のリボンを外す時期については特別定められたルールはありません。
一般的には葬儀が終わったら外すことが多いですが、遅くとも四十九日の法要が終わったら外した方が良いとされています。四十九日は故人が極楽浄土にいけるかが決まる裁きを受ける期間とされており、四十九日の法要が終わるまで遺族は喪に服します。四十九日の法要は喪に服す期間の終わりであり、日常生活に戻る区切りともなりますのでそういった意味でも、四十九日の法要が終わったら遺影のリボン…つまり遺影にかけた喪章を外した方が良いとされているのです。

それでは、実際に外した後の遺影のリボンの処分方法についてですが、先にもお伝えした通り、遺影のリボンには宗教的な意味合いはありませんので特別な処分方法の決まりもありません。ほとんどの遺影のリボンは燃えるゴミとして処分して問題ありませんが、特殊な材質のリボンを使っている場合はお住まいの自治体のゴミ捨てルールにしたがって処分してください。また、ゴミとして処分することに抵抗がある場合は、お世話になっているお寺にお願いしてお焚き上げしてもらったり、塩をかけてから新聞紙にくるんで個別に捨てるなどすると良いでしょう。

リボンの種類について

哀悼

再三になりますが、遺影のリボンの起源には喪章が深く関係しています。喪章とは、亡くなった人への哀悼の意を示す意味で付けるようになったもので黒色の布やリボンを使います。遺影に喪章としてリボンを付ける文化が広まった頃は、遺影も笑っている写真を使用することが好ましくないとされており厳格なものとして扱われていたため、黒いリボンが付けられていましたが、近年では遺影写真自体がその時代とは変化してきていますので、リボンの種類や色についてもそれほど厳密に黒で統一する必要はないという意見を持つ方が増えてきてきています。実際に故人の人柄を表すような色・好きだった色を使うことも一般化してきており、黒色以外のリボンを用意している葬儀社も増えています。黒色以外のリボンを使いたい場合には、一度葬儀社に相談してみると良いでしょう。

このように遺影のリボンに使用される色が多様化してきていますが、デザイン事態についても変化が生じてきています。遺影写真自体がカラー写真が使われるようになっていることや、故人の人柄を大切にする風潮が広まり笑顔の写真や普段着や仕事服の写真が使われるようになったは背景によって、堅苦しく厳かな遺影から故人らしさが重要な遺影が好まれるようになっていくにしたがって、遺影のリボンも変化してきたのです。
昔ながらの遺影のリボンは、遺影上部の真ん中で結ばれ、左右に向けて垂れたようなデザインが採用されていました。近年では、左上角と右下角にリボンをかけ、左上角に結び目があるような綺麗に見せるデザインも一般的になってきています。その他にも、コサージュをモチーフにした花を左上角に付けるようなデザインも登場しています。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。