toggle
所沢市・西東京市・八王子市で花のあふれる葬儀・家族葬・一日葬が7万円から行えます。
2020-07-03

家族葬について

こんにちは、アクセル社です。
今回は、近年増えてきている家族葬について説明します。

近頃、「葬儀は家族葬で行います」という案内が来て、戸惑ったことはありませんか。

家族だけの葬儀なのかな、と、漠然と理解はできると思いますが、実は家族葬に明確な定義はありません。
現状では家族や親しい友人を中心とした少人数でのお葬式の総称として用いられることが多いようです。
基本的に必要なことや式の流れは一般的な葬儀とほぼ同じですが、少人数のため、一人ひとりの想いが反映しやすいという特長があります。

家族葬とは

家族葬では、お通夜もお葬式も、親族が参列の中心になります。
一般的に、お通夜のときには、会社関係や友人関係など、親族以外の人が訪れることが多く、お葬式には親族など本当に縁の濃い人が集まるものだと理解している人もいることでしょう。
しかし、家族葬の場合、お通夜もお葬式も、顔触れはほぼ変わらず、親族中心となります。
親族以外に、故人と本当に縁の深かった友人などが呼ばれる場合もあります。

家族葬が選ばれる理由

遺族や親族の他に会社や学校の関係者、友人・知人、近所の人たちなども集まる一般的な葬儀では、訪れる参列者への対応に追われることが多くあります。
その点、家族葬は参列者の人数が限られ、親族という比較的気遣いの少ない関係性の参列者ばかりのため、落ち着いて故人を偲ぶことができます。
また、一般的に葬儀は参列者が少なくなるほど、かかる費用が少なくなります。つまり、一般葬に比べて小規模な家族葬は、費用を抑えることができます。
しかし、葬儀自体は安く行えても、赤字の割合はいただける香典の額によっても変わってきます。両方を踏まえた収支のバランスで、最終的な赤字の割合が決まることを念頭におきましょう。

「家族葬」と「密葬」の違い

家族葬と密葬は同じように思われがちですが異なります。
「密葬」は、親族だけでひっそりと行う葬儀のことですが、後に「本葬」があるのが基本です。
「本葬」では、親族のほか、会社関係などたくさんの一般参列者が訪れます。
著名人の訃報のニュースで耳にする「密葬」はこのことを指します。
ただ、「あそこのお葬式は、『密葬』らしい」という言葉を聞いたときには、
もしかしたら、家族葬のことを指しているかもしれません。
そのくらい、混同されることの多い言葉です。

家族葬に参列すべきか

家族葬に自分が参列すべきかどうかは、お知らせでわかります。
お知らせ状に「葬儀は家族葬で行います」と書かれてあり、葬儀日時が伏せられていれば、一般の参列はできません。
家族葬に参列すべきではないパターンには、訃報の連絡において「不要(遠慮する、お断りする)」と書かれていた場合と、「葬儀場や日に関する情報が一切ない」場合があげられます。

このようなパターンで「故人にお世話になったからどうしてもお焼香をあげたい」と考えるのであれば、葬儀・葬式の後で「ご焼香をあげに訪問させていただきたい」旨の連絡を取りましょう。

また、明記されていなくても家族葬と書かれていた場合は、基本的に参列しない方が良いと考えておきましょう。

自分が親族の場合や、また特別に招待される縁の深い友人関係であった場合は、他にお知らせが届くでしょう。
家族葬は一般的に10人から30人程度で行われます。基本的には、故人の配偶者や子供、孫、故人の両親など、ごく近い親族が参列します。
家族葬では、ご遺族の意志で葬儀やお通夜の参列は2、3親等までと決めていることもあります。

しかし家族葬に明確なルールがないため、故人の遺志やご遺族の考え次第で、親族や親しい友人が参列する場合もあります。

親族だと、訃報を聞くと「親族だから参列しなくてはいけない」と考えてしまいますが、親族でも、家族葬の場合は通夜や葬儀に参列してほしいと連絡があった時のみ参列となりますので、注意が必要です。

 

家族葬

家族葬参列のマナー

家族葬のお通夜のマナーは、通常のお通夜のマナーと概ね同じです。
通夜振る舞いの席に誘われたときには、よほどの事情がない限り辞退せずに受けるのがマナーとされています。
また、参列者は身内だけであっても葬儀は葬儀です。一般的な葬儀同様に準礼装(男性であればブラックスーツ)や略礼装(男性であればダークカラーのスーツ)で参列します。
ただし、お知らせ状に「平服でお越しください」と記載されているケースもあります。
家族葬は、気の置けない人たちだけが参列する葬儀なので、喪主の判断で平服となる可能性もあるのです。
お知らせ状に服装の指定がないかどうかをきちんと確かめましょう。

家族葬での香典マナー

服装同様、香典についても、お知らせ状をよく確認して用意しましょう。
喪家から香典辞退の連絡を受けた場合は、香典を用意する必要がありません。
ご遺族の気持ちに配慮して、無理に渡すことのないようにしましょう。

特に何も言われていなければ、一般の葬儀と同じようにのし袋で香典を用意します。
金額の相場は一般の葬儀の金額と同様です。故人との関係や自身の年齢によって金額が変化します。
しかし渡すとき固辞された場合は、無理に渡さずに取り下げましょう。

帰る前に

家族葬に参列した後は、遺族に「良いお式でした」と声をかけるのがマナーです。
家族葬という新しい形にチャレンジした遺族には、不安がいっぱいです。
「どんな風に思われたのだろう?」と、他者からの評価が気になります。
そんなとき、参列者から「ゆったりとした、いいお式でしたね」と一言言われるだけで、安心できるのです。
自分の一言が遺族の気持ちを和らげることを、忘れないようにしましょう。

なでしこ葬祭なでしこ葬祭
アクセル社へお問い合わせPC
アクセル社へお問い合わせSP
アクセル社へお問い合わせSP
関連記事