刀守り刀とは、故人の遺体の上に置く小刀です。この守り刀の習慣は古くからあり、かつては日本刀や短刀が用いられましたが近年では袋入りの小刀や木製のものもあるようです。
今回の記事では、守り刀について詳しくお伝え致します。

守り刀とは

火葬日本では人が亡くなった際ご遺体を北向きに寝かせその胸元に短刀を置く習慣があります。これを「守り刀」と呼び、この守り刀の風習は全国各地で古くから行われていますがその由来には定まった説はなく、仏教・神道・民間信仰など様々な考えと結びつけて説明されています。まずは仏式における守り刀ですが、一般的に仏教では死後四十九日間は「中陰」と呼び、死者がこの世からあの世へと渡る時期として考えられます。そしてこの時期に死者が極楽浄土に無事渡れるように「追善供養」を営む風習があります。守り刀はその道中のお守りとして考えられています。神道における守り刀ですが、神道では死を穢れとする考え方がある為、穢れを払うために守り刀が用いられたとされる説があります。他にも民間信仰として、死者を魔物から守る魔除けとして使用した説や、猫は魔物の類とされており猫が光るものを嫌う習性を利用した「猫除け」として用いた説、武士が亡くなるとその枕頭に刀を置くという風習があり、その名残で死者の穢れた魂から生者を守るために用いられるようになったという説もあります。このように宗旨宗派、地域の慣習などによってもその意味や用い方は異なりますが、その根底には、大切な故人を守りたいという気持ちや願いが込められているようです。

各宗派について

宗教先に仏式における守り刀について触れましたが、同じ仏教でも宗派により守り刀の扱いは異なってきますので、ここからは各宗派についてお伝えしていきます。例をあげると、浄土真宗では死者は死後直ちに仏の世界に生まれ浄土に住み、仏様の一人として考えられる為に守り刀を使用しません。浄土真宗のご本尊である阿弥陀如来は、地球を含めた全宇宙のすべての仏の師と信じられています。そしてすべての人が救われない限り、自らは仏にならないという誓いがあります。阿弥陀如来はすでに仏であると信じられていますから、浄土真宗ではすべての人が成仏できると考えられているのです。そのため他の宗派のように、追善供養を行ったり、死者が穢れをもつと考えたりすることもありません。そのような意味において、守り刀を用いることもないのです。使うことが真宗の教えに背くということではなく、使うことに意味がないので使わないと捉えてよいでしょう。このように背景にある教えにより、守り刀の用法は変わってきます。浄土真宗以外の宗派でも一律に守り刀を用いるわけではなく、地域によって守り刀の使用・不使用は変わってきます。守り刀を使用するかどうか分からないときは、お住まいの地域のお寺や地元の葬儀社に相談してみるとよいでしょう。

置き方や刀について

剃刀守り刀を使用する場合は、置き方に注意が必要です。刀の刃先が亡くなった方の顔のほうへ向かないよう、刃先は足元に向け掛け布団の上から胸元におきます。納棺後は棺桶の上に置きます。武家の風習にならい、枕頭に置くこともあります。また、鞘から抜いて故人の胸のあたりに置く、鞘から半分くらい刃を出し枕元の盆の上に置く、棺の上に置くなど様々な仕様があります。守り刀の置き方は地方によっても異なるため、お寺や葬儀社に確認して指示を仰ぎましょう。実際の守り刀はどのようなものかですが、守り刀に用いられる刀は必ずしも本物とは限らず、むしろ模造刀を使用するのが一般的です。これは銃刀法で「刃渡り15センチ以上の刀を許可なく所持できない」と法律で定められている為に簡単に本物の守り刀を用いることができない為です。本物の刀や模造刀以外では、剃刀や小刀・はさみ・袋に入った木刀が用いられることもあります。現在の日本では火葬が一般的ですので、棺に納めるものは金属やガラスなどの燃えないものや、溶けて遺骨についてしまうようなものは避けなければなりません。この為、模造刀の守り刀を火葬の際に棺に入れて一緒に燃やすことはありません。木刀の守り刀は一緒に燃やすことが可能ですので木刀の守り刀を希望する場合は葬儀社に相談してみるとよいでしょう。
守り刀そのものは大きなものではありませんが、そこには古くから伝えられてきた人々の思いが込められています。大切な人の葬儀では、宗派や風習に従い心を込めて粛々と送り出してあげたいですね。

コメントは利用できません。