葬儀死装束は亡くなった人が身に着ける衣装のことを指し「白装束」と混同されがちですが厳密にいうと異なるものです。
今回の記事では、死装束について詳しくお伝え致します。

死装束と白装束について

白い死装束(しにしょうぞく)は、亡くなった方が身に着ける衣装(+その付属品)のことを指します。長い歴史があり、日本だけに見られるものではなく世界各地においても亡くなった方が身に着ける死衣装というものが存在します。一般的には通夜前に行われる納棺式の中で遺族や葬儀社スタッフの手によって死装束を整える他、死亡直後や湯灌・エンバーミングなどのタイミングで行う場合もあります。かつては死装束はご家族が故人に着せるものでしたが、現在では特段の事情がない限りは多くのケースにおいて葬儀会社を利用して葬儀を行っていますから、ご遺族が死装束着せる機会は基本的にはありません。例外的にご遺族が着せることもありますが、それも形骸的なものであることが多く一から死装束を着せるということはあまりありません。また、一般的な死装束は葬儀会社が用意するものです。このため、特別な死装束を希望しない限りは、ご家族・ご親族が自分たちで死装束を用意する必要もありません。
白装束とは、白ずくめの服装(の人)を指す言葉です。この為、厳密に言うと死装束だけでなく結婚式のときに使う白無垢など・神主のまとう服なども「白装束」に分類されます。対して死装束は「亡くなった方に着せる服」という意味しか持ちませんので、白い色が基本となりますがそれ以外の色をしていることも多いため死装束と白装束は厳密には分けて考えられるべきものです。ただし、葬儀の現場において死装束は白で構成されていることが多いことや、葬儀の現場において白装束が死装束以外のものを示す機会は極めて低いことから「死装束=白装束」ということで解説しているケースもあります。ですから多くの場合、死装束と白装束を混同して話しても葬儀の現場ではあまり問題になりません。

死装束の意味について

旅先に死装束には長い歴史があるとお伝えしましたが、はっきりとはしていませんが四国八十八ヶ所巡礼や西国三十三ヶ所巡礼などが行われていた今から約千年以上も前からこの考え方があり、修行僧や巡礼者の姿を意味していると言われています。また、時代が武士のものへと移り変わっていった時代においては、切腹を行う際に武士が着用した装束も死装束といわれていました。
このように長い歴史を持つ死装束ですが、なぜ死装束が選ばれるようになったのかという点について詳しくお伝えしていきます。仏教における死装束は、笠や脚絆などの小道具をつけたものです。これは昔の人が旅立つときに使ったもので、「裁きを受けるための旅に出る」という考え方のもと、故人がつつがなく最後の旅路を辿れるようにと、このような形式がとられたといわれています。また、死装束の色は白が一般的です。この「白」について諸説ありますが、日本人にとって「紅白」は非常になじみ深いものです。この二つの組み合わせは縁起の良いとされており、結婚式のご祝儀袋などにも使われています。紅白の「紅」は「生まれること」を意味するといわれているのに対して、白は「亡くなること」を意味する色だといわれています。白は何にもおかされていない汚れない神聖な色であるということも、死も生まれ変わる機会と捉え、何物にも染まっていない白地の状態は新たな始まりを象徴していると言われています。死装束には長い歴史があるだけでなく、それ相応の意味もあります。死装束に限らず、葬儀についての考え方や常識は年々少しずつ移り変わっていくものです。現在ではこのような「従来の概念と価値観による死装束」に囚われない「故人らしさを尊重した死装束」を選ぶ方も増えています。

死装束の種類について

着物日本には様々な宗教宗派があり死に対する考え方はそれぞれ異なります。その為、用意する死装束も宗教宗派による違いがあります。ここからは宗教別に使用される死装束について一般的なことをお伝えしていきます。

仏教
白帷子(しろかたびら)・編笠・手甲・脚絆・足袋・杖などを身に着ける。
仏教において亡くなった方は、浄土を目指す旅に出ると言われています。
浄土を目指す旅は、仏道に精進し悟りを開くため仏になるために行う修行の旅です。
ですから亡くなられた方の死装束は修行僧の旅姿として整えます。
※浄土真宗など一部の仏教宗派では、死に対する考え方が異なるため修行僧の旅姿はしません。
神道
男性は白丁・烏帽子・笏、女性は白い小袿・扇を身に着ける。
神道において人の死は神様から与えられた命を神様にお返しすることであり
亡くなった方は子孫や家をお守りくださる守護神になるという考え方を持ちます。
その為、神道における死装束は守護神に相応しい姿として
神社にお勤めされる神職の方々の姿に近い装いとなります。
キリスト教
生前に好んで着ていた服やスーツ・ドレスを死装束として用意するケースが多い。
キリスト教では、仏教や神道のように決まった死装束というものがありません。
手元には木製のロザリオ(十字架)を添える場合もあります。
その他無宗教の場合など
決まった死装束はなく、故人や遺族の意向によって生前好んでいた衣服を着せることも多い。
無宗教では、決まった死装束を着せなくても構いません。
既製の死装束以外に故人に着せたい衣装があれば、葬儀社や司祭者に相談してみると良いでしょう。
火葬式や直葬の場合でも宗教に基かず行う際には無宗教と同様です。

地域性や宗教的な違いが色濃く出るのが死装束です。それらの違いや意味も非常に重要なものではありますが、近年では「故人らしい葬儀」を考え故人の好んでいた着物や洋服で送りだすケースも増えています。この方法は宗教によらず選択できることもあり比較的選びやすいのも特徴です。故人の愛用していた衣装でお見送りする葬儀は、非常に意味のあるものです。現在の葬儀は「大きく豪華に」というよりも「その人らしく」という思いやり方に変化してきています。葬儀会社が用意する死装束の場合まず問題にはなりませんが、それ以外の死装束を希望する場合は家族間での話し合いが必要です。しっかりと話し合い、大切な方にぴったりの死装束を選べるといいですね。

コメントは利用できません。