終活

終活という言葉は今から10年以上前に出来たそうです。終活とは万が一の場合に備え、身の回りの方が困らないように、またご自身の希望通りの介護や医療・葬儀・相続などが叶えられるように準備や整理をしておくことを指します。
今回の記事では、終活の知識について詳しくご紹介致します。

終活とは

エンディング

終活という言葉は週刊朝日で葬儀相談員の方が連載していたコラム「現代終活事情」から生まれたと言われています。そこで終活という物について「エンディングを考えることを通して、これからの人生を生き生きとしたものにする」というように述べていました。終活という言葉は2012年には新語・流行語大賞トップ10に選ばれ、次第に誰もが知っている言葉へと変化していきましたが、以前は「生きている最中に死後の準備をすることは縁起が悪い」という風潮がありました。しかし少子高齢社会に突入し、メディアなどで葬儀や介護・医療のリアルな問題が大きく取り上げられるようになってから、「いざという時に困らないように元気に生きている間に準備をしておこう」という考え方が広まってきたのです。

終活の大きな要素として三つの事柄が挙げられます。三つの事柄というのは「人生について」「遺すもの」「エンディング」です。「人生について」は過去を振り返り、今を見つめこの先の人生を自分らしい生き生きとした人生に創っていくという事です。「遺すもの」は財産や相続は勿論ですが、財産とは呼べない遺品やペット等はそれらの行先をどうするか、これらをしっかりと棚卸して考えてる事です。「エンディング」は葬儀やお墓そして供養についてどういう風にしてほしいのか、どうすれば自分らしいエンディングになるのかを考える事です。

この様に終活とは、葬儀やお墓のことなど自分が他界した後のことをあらかじめ考え、決めておくことで残りの人生を充実させるという活動です。亡くなった後だけでなく例えば介護など生前のことから、相続や遺品整理といった死後に遺された家族にかかわることまで一連の流れで考えます。

終活で行う事と利点について

サポート

終活で考え行うべき事はいくつかあります。今回の記事では、生前・亡くなった際・亡くなった後の三つの段階でご紹介していきます。
まず、生きている間をどう過ごすかということを決め、それに向けた準備活動をすることも終活に含まれます。

生前のこと
終末期医療
介護について
独り暮らしの場合の対応

終末期医療については、延命治療を希望について予め決めておけば例え自分に意識がなくなっても自分の希望に沿った処置をして貰えます。また、介護が必要となった場合に全般的な相談を受け付けてくれるのが「地域包括支援センター」です。どのようなサポートが行われているのかを事前に確認しておきましょう。同時に介護施設に入所することを想定し、介護保険制度についても知っておく必要があります。高齢者となった際に地域の市役所の窓口に相談にいくことも可能ですが民生委員に相談するという方法もあります。介護や食事の配送サービスなどをしている場所の情報などを提供してくれるので視野に入れておくと良いでしょう。認知症などで自分の意思を表示できない場合に備えて老人ホームなどの介護施設に入居するのかどうか決めておくのも終活の一部ですし成年後見制度の活用を決めておくのも終活です。また、独り暮らしの人の場合、自分が死んでから長期間発見されない可能性もあります。腐乱した状態で発見されると遺族のショックは大きいですし、後始末の負担も大きくなります。こういった事態を防ぐために「見回りサービス」などといわれる定期巡回サービスや安否確認サービスを利用しておくのも広い意味では終活に含まれます。

亡くなった後のこと
葬儀やお墓の手配
亡くなった後のこと

亡くなった後には葬儀やお墓の手配も問題となります。葬儀ための費用はあるのかどのような形式でお葬式を行うべきなのか・納骨できるお墓はあるのか・お墓がない場合はどうするのかといったような点が主な問題です。特に葬儀については他の記事でもお伝えしている通り、短い時間で様々な事を遺族の方は決めなければなりません。人が亡くなった際の遺族の負担は想像を絶する程、大きなものです。本人の意思で事前にこういった点を決めておけば遺族の負担を軽減できますし、ご自身の望む最期の時を迎えることができます。また、お墓についても近年では一般的なお墓から納骨堂や樹木葬・永代供養墓・散骨など安置方法も様々です。家族や周りの方々に迷惑をかけたくないとあらかじめ準備をしているケースも多々あります。ペットを飼っている人はそのペットの譲り先などきちんと考えておく必要があります。

亡くなった後には相続や遺品整理の問題が出てきます。遺される家族のためにも終活でそれらの整理も行っておくとスムーズです。終活で整理を行っていないと、遺族はどこにどのような遺産があるのか・誰が何をどのくらい相続するのかなど決めなければなりません。円滑に相続ができればよいのですが争族という言葉もあるように、遺産相続はトラブルが発生するケースが多いです。また、負の遺産と呼ばれる借金があったという事実が故人の死後、明らかになりトラブルになる場合もあります。遺品整理も問題になりやすい要因です。死後、遺族の誰かしらが遺品を整理することになりますが、保管場所の都合や処分費用の用意を遺族がしなければなりません。持ち物や財産の整理は本人だからこそ出来ることも多くあります。

終活を行う利点については、具体的には以下の三つが挙げられます。

自分の遺志を遂行できる
葬儀に焦点を当てて言えば「生前お世話になった方々を呼び式を執り行いたい」「親族などの限られた方々だけで式を執り行いたい」など、人によって希望は様々です。エンディングノートや遺書などによって希望を残しておけば死後も自分の遺志を全うできます。
残された方々が安心する事ができる
葬儀の形式を決めておく、お墓を買っておく、財産を整理しておくなどすれば、死後に家族への負担を軽減できます。また、葬儀の形式を決めておくというのは生前に希望するプランで葬儀社と契約を結んでおけば本人の希望通りに送ってあげられると残された方々の安心にも繋がるのです。
今後の自分の生き方を考えるきっかけになる
終活の一環として生前整理があります。ものごとの要・不要を決め、生活自体を最小限にする生前整理は自分のこれまでの人生を振り返る作業とも言えます。自分の生き方に思いを巡らせていると自然と今後のことも考えることになります。より一層味わい深い人生を送っていくためにも役に立つ時間といえるでしょう。

終活に役立ちそうな記事をいくつかピックアップ致しましたので併せて参考にしてくださいね。上記以外にも葬儀前後の知識を

にて随時更新していますので、是非ご覧になってくださいね。

葬儀事前相談について

相談

ここからは葬儀の事前準備・事前相談のメリットについて再度お伝えいたします。

金銭面のメリット
ご存知の通り葬儀にはある程度の費用がかかります。ですが実際に「どの様な葬儀でいくらかかる」という点までは知っている方はそう多くはありません。
大切な方を失ったショックの最中では、冷静な判断や審議ができないまま葬儀の形式を選んでしまうことも起こり得ます。後日、請求書を見て「こんなにかかるとは」「こうしていれば良かった」と後悔する方も実際にいらっしゃるようです。事前に葬儀の準備をしておけば、冷静な状態で各社の各プランを比較検討し、葬儀費用の相場感や「どの様な葬儀でいくらかかる」のかをある程度見極められるようになります。
葬儀や人の死にまつわるお金のことを把握しておけば、あらかじめ必要なお金を確保しておくことも可能です。反対に、予算に合わせて葬儀の内容を決めていくことも可能です。
お金に関する不安がなくなれば、精神的なゆとりも生まれます。ゆとりが生まれた分だけ、心を込めてしっかりと故人を見送ることができるでしょう。
希望にあった葬儀
葬儀に際して「なんとなく・おすすめしてくれたから」と流されるように葬儀の内容を選ぶ方がいらっしゃいます。しかし、それぞれの希望や思いを反映させた方がより高い満足感を得られる葬儀になるはずです。
流れに任せて葬儀の内容を決めてしまった場合、後悔が残る可能性が高くなります。現実的に誰かが亡くなった後は精神的にも動揺していることが通常ですし、故人も意見をいうことが出来ません。故人や遺族の思いを最大限に反映させた内容を考えるのは難しいことです。ですから、亡くなる前に葬儀の事前準備をしておけば、満足できるように葬儀の内容を決めることができます。遺族は故人の希望を叶えるために具体的な行動をとることもできます。
相談相手の確保
葬儀社のスタッフは勿論のこと、僧侶や神職などの宗教家、経験が豊富な親族、土地の世話役など、様々な方と話をする機会が出来るはずです。多くの方と話していく中で、信用できる方・安心して相談できる方の基準ができます。事前準備の段階であればより相性が合う方を探すことも可能ですからストレスの緩和につながります。
これは相手方にも同じことが言え、突然来た方に相談をされるよりも、関係性を築いた方と接する方がより親身になることができます。葬儀の事前準備は、葬儀に関わる人との人間関係を構築するという意味でも有用です。

大切な方が亡くなってから葬儀のことを決めるよりも、事前準備で様々なことを具体的に決めておくことで残された家族の方の負担が大幅に少なくまります。また、それだけでなくご本人様やご家族の希望に沿った「その人らしい葬儀」を執り行う事も可能になります。
アクセル社では24時間深夜早朝を問わず経験豊富なベテラン担当者が、右側や記事内最下部に出ている電話番号にて電話対応致しております。アクセル社ではお客様に寄り添い安心してご満足を頂ける内容の葬儀を執り行います。お客様の満足を最優先にした各種プラン料金を考え、チラシやホームページに書かれた見た目だけの安さではなく、本質的に安価で質の高い葬儀プランをご提供する事に努力しております。事前相談はもちろん、葬儀の相談・資料請求やお見積りも致しておりますので、ぜひお気軽にご連絡くださいね。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。