お迎え

お盆行事に参列した経験はあるものの、初めてのお盆(新盆)を迎える機会はそう多くありませんから、準備や時期など分からないことが多いものです。新盆の飾りつけは、普段のお盆とは異なりますし、地域や宗派によっても変わってきます。
今回の記事では、新盆の知識について詳しくご紹介致します。

新盆とは

お盆

新盆(にいぼん)とは、故人が亡くなってから「四十九日後に迎える初めてのお盆」のことを指します。新盆は「あらぼん」とも言い、初盆(ういぼん)という呼び方もありますが同じことを指しています。一般的なお盆の時期でもある8月13日~8月16日(地域によっては7月13日~7月16日)に執り行われます。この時期にまだ「四十九日を終わえていない場合には新盆は翌年」に行われることになりますので注意が必要です。
通常のお盆では故人の家に親戚が集まり仏壇に手を合わせ、みんなで菩提寺へお墓参りに行くのが一般的です。一方、新盆は初めてのお盆ですから、通常のお盆よりも盛大に行われるケースが多いです。先祖の墓がある菩提寺や法要会館、自宅に僧侶を招き読経をしてもらったり、参列者にお焼香をしてもらったりなどをし法要後には会食の場を設けて故人の在りし日を偲ぶこともあります。
通常のお盆についての知識は下記の記事にて詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。

新盆特有の飾り

白提灯

新盆では、新盆の時にだけ飾る「白提灯」というものがあります。通常のお盆では絵柄の入った盆提灯を飾りますが、新盆では白提灯を飾ります。
白提灯を飾る行為には「清純無垢な気持ちで故人の霊を迎える」という意味が込められており、故人が初めてこの世に戻ってくるお盆ですので「迷わず無事に家に帰って来ますように」という道しるべの役目もあり、ご近所の方へ新盆を迎えていることを知らせる意味もあります。白提灯は玄関や軒先、仏壇の横に吊るすのが一般的ですが現在では畳や床の上に置く形式もあります。
昔は親族から白提灯が送られる習慣がありましたが、近年では白提灯そのものではなく5,000円~10,000円程度を「御提灯料」として包み、新盆を務める遺族が代表して用意するケースが増えています。提灯にも「真っ白な提灯」「表面に透かし模様のある提灯」「家紋を入れる提灯」といったような種類があります。家紋を入れる提灯を選ぶのであれば家紋を入れる時間が必要になりますので早めに依頼する必要があります。

マンションやアパートなどで一戸建てのようにスペースを確保出来ない場合には、部屋のサイズに合わせて精霊棚を作りましょう。提灯に火をともし迎え火を無理に行おうとすると、火災報知器が作動してしまう可能性も否定できません。賃貸や火災報知器が心配な場合には提灯を部屋の中に置くのは避け、ベランダなどに提灯をさげるなどして対応しましょう。

新盆で準備する事

ほおずき

故人様が亡くなって初めて迎えるお盆である新盆は、翌年以降の通常のお盆よりも念入りに供養が行われるという事をお伝えしましたが、白提灯以外には具体的に何を準備し行うのでしょうか。ここからは新盆で行う事や準備する事についてお伝え致します。

精霊棚(盆棚)や提灯の準備
●精霊棚(盆棚)
精霊棚(盆棚)はご先祖様の霊をお迎えし、そこで安らかになって頂くために用意する棚のことで、故人様の生前好物だったものや好きだったお花・法具・精霊馬などを祀ります。祀る法具については、一般的には「位牌」(普段は仏壇の中にしまっている位牌を取り出して飾る)「線香・香炉」(線香立てと線香を置き、香炉はいつも使っているものを用意)「焼香用の香炉・香木等」(法要時に参列頂いた方用の香炉・香木を用意します)「燭台・ろうそく」「りん・りん棒」です。精霊棚(盆棚)を用意する場合、翌年からの通常のお盆でも飾ることができます。
●提灯
新盆では絵柄のついたものではなく白提灯を用意すると先にもお伝えしましたが、一般的に盆提灯は二つを対で飾りますが、白提灯は基本的に1つで構いません。
●精霊馬・精霊牛
茄子やきゅうりに楊枝をさして動物に見立てたお供え物を精霊馬・精霊牛といいます。これらはご先祖様があの世からこの世の行き来するための乗り物として供えられます。収穫を報告する意味合いも含めており夏野菜である茄子ときゅうりが使われているそうです。きゅうりは馬に見立てられており、故人様が馬に乗って「より早くこの世に戻って来られますように」という願いが込められており、反対に茄子は牛に見立てられおり「あの世にお戻りの際はどうぞゆっくりとお帰りください」という名残り惜しいという気持ちが込められているのです。そして、供えられた様々な供物を牛に持たせてあの世に戻ってくださいという願いも込められています。
●お供え物
お供え物は原則的に精霊棚にお供えします。その際は「五供」と呼ばれる5つを用意します。「五供」とはお線香を指す「香」、ご先祖様や故人様にお供えする「花(供花)」、ロウソクに火を灯すことを指す「灯燭」、綺麗なお水である「浄水」、食べ物を指す「飲食」となります。

ここからは新盆にお供えする食べ物や植物についてお伝え致します。故人の霊をもてなす食べ物や植物として精霊馬や精霊牛の他にも以下のようなものを供えます。

新盆に供える食べ物や植物
〇仏飯
仏様に炊きたてのご飯を供えます。ご飯の盛り方は宗派によって異なります。
〇水の子
器に蓮や里芋の葉を敷き、研いだお米の上にナスビときゅうりを盛って水に浸したものを供えます。
〇果物や野菜
季節のものや丸いものが良いとされています。(桃・メロン・トウモロコシ・スイカ・トマト・レンコンなど)
〇そうめん
あの世とこの世を往来する精霊馬・精霊牛の手綱に見立てたそうめんを供えます。
〇お団子
初盆は白団子が一般です。お団子は毎日取り換えるようにしましょう。
〇ほおずき
提灯代わりに使用します。
〇生花
故人が好んでいたもの。棘のある花は縁起が悪いとされていますので避けた方が無難です。

上記でお伝えした内容はごく一般的なお話ですから、地域や宗派によって飾り方や有り無しが変わる事もありますので習わしに従って決めるようにしてくださいね。

アクセル社はお客様のご満足を
最優先に考えた
各種ご葬儀プランを
ご用意しております。

安心安全な一日葬自社プランページへ

安心安全な家族葬自社プランページへ

火葬式プランページへ

一日葬プランページへ

家族葬プランページへ

一般葬プランページへ

ご葬儀のご依頼お問い合わせPC用
ご葬儀のご依頼お問い合わせスマホ用
火葬式基本プランページへ

火葬式お見送葬プランプランページへ

火葬式NEOプランページへ

コメントは利用できません。